下腹部が痛む腹痛、考えられる疾患とは?医師523名に聞いてみました

お腹を押さえる女性
本調査の結果、「下腹部に痛みが出る疾患で多いものは何ですか」という質問に対し、「便秘症」との回答が最も多く、次に「急性腸炎」、「大腸憩室炎」が続きました。便秘症と回答した医師からは、「高齢者では訴えが弱くても重症なことがあります」との意見も寄せられており、高齢者の場合はより重症であることに気付けない可能性が指摘されました。急性腸炎と回答した医師からは、回答の通り「圧倒的に頻度が高いのは急性腸炎」とのコメントが寄せられていますが、なかには「虚血性腸炎も意外と多い」、「感染性胃腸炎が代表」との声もあり、腸の炎症が多いことがうかがえます。大腸憩室炎との回答からは、「高齢者の憩室炎穿孔が怖い」との意見も挙げられていました。しかしながら年齢・性別、病歴、経過、症状の強さ、随伴症状によって考えられる疾患は異なるため、痛みの部位だけでは判断できないとの見解も複数見られました。理由として、「下腹部は臓器が多く、特定は難しい」ことが挙げられています。調査では便秘症が最も多い結果となりましたが、疾患をきちんと確かめるためには、医療機関を受診しましょう。
胃痛・腹痛
イシコメ運営事務局

止まらない下腹部の痛み…。
このような腹痛を体験したことがある方もいるのではないでしょうか。
まさか重篤な疾患が隠れているのでは…?と心配になってしまう方もいるかと思います。
下腹部に痛みが集中する場合はどのような疾患が考えられるのか、あらかじめ知っておくだけでも不安は軽減されますよね。

そこで今回は、下腹部が痛む腹痛で多い疾患は何か、一般内科医、消化器内科医、消化器外科医、総合診療科医、計523名の医師に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https:/ /medpeer.jp/)にて、2018年9月4日に行われ、一般内科医、消化器内科医、消化器外科医、総合診療科医の計523名から回答を頂きました。

下腹部が痛む腹痛で考えられる疾患とは?

「下腹部に痛みが出る疾患で多いものは何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらいコメントを頂きました。

  • 便秘症
  • 急性腸炎
  • 急性虫垂炎
  • 大腸憩室炎
  • 炎症性腸疾患
  • 過敏性腸症候群
  • 腸閉塞
  • 腸ねん転
  • 急性膵炎
  • 腎盂腎炎
  • 尿路感染(尿道炎、膀胱炎など)
  • 膀胱腫瘍
  • 尿路結石
  • 尿閉
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 卵巣出血など卵巣・卵管の病気
  • 大動脈瘤・大動脈解離など血管の病気
  • その他

以下が結果となります。

本調査の結果、下腹部に痛みが出る疾患で多いものは「便秘症」との回答が最多となりました。次に「急性腸炎」、「大腸憩室炎」が回答されています。

まずは、上位3つの疾患について抑えておきましょう。

便秘症

“便秘は、排便しにくい、排便回数が少ない、便が硬い、または排便後に直腸が完全に空になっていない感覚(残便感)がある状態です。”

(引用:便秘 - 03. 消化器の病気 - MSDマニュアル家庭版

急性腸炎

“ 腸の中には,食べ物(人にとっては異物)や細菌などが存在し,それに対して人の体はいろいろな細胞(リンパ球や白血球など)や抗体をつくり,異物や細菌か ら体を守ろうとする働きを持っています.このような働きのバランスがくずれて,腸の一部または全体に炎症,出血,壊死(細胞が部分的に死ぬこと)などがお こることを腸炎といいます.”

(引用:腸炎 — 日本小児外科学会

大腸憩室炎

“憩室炎(けいしつえん)は、1つ以上の風船状の袋(憩室)に炎症または感染症が起きた状態です。
・通常、憩室炎は結腸に起こります。
・左下腹部の痛み、圧痛、発熱は、典型的な憩室炎の症状です。”

(引用:憩室炎 - 03. 消化器の病気 - MSDマニュアル家庭版

それでは、それぞれ医師のコメントを見ていきましょう。

便秘症と回答した医師

  • 40代男性 一般内科 「便秘症」
    高齢者では訴えが弱くても重症なことがあります。
  • 40代男性 消化器外科 「便秘症」
    便秘が最も多いと思いますが、中には重篤なものもあります。
  • 60代男性 一般内科 「便秘症」
    便秘だけでも下腹部痛がひどいことが多いように思います。
  • 30代男性 消化器外科 「便秘症」
    (下腹部の痛みは)便秘が多く、その他の疾患では腹痛以外の症状も伴います。

便秘症と回答した医師からは、「便秘だけでも下腹部痛がひどいことが多い」、「便秘が最も多いと思いますが、中には重篤なものもあります」との声が見られました。
便秘というとそれほど重篤ではないように思う方もいるかもしれませんが、痛みがひどくなることもあるようですね。

また、「高齢者では訴えが弱くても重症なことがあります」との意見も寄せられました。
どうやら高齢者の場合は重症であることに気付けない可能性が考えられるため、より注意が必要そうです。
さらに、「便秘以外の疾患である場合は、下腹部痛以外の症状も出る」との意見もありました。下腹部痛の原因が便秘か否かを見極めるには、腹痛以外の随伴症状の有無にも注意することが大事そうですね。

急性腸炎と回答した医師

  • 40代男性 総合診療科 「急性腸炎」
    圧倒的に頻度が高いのは急性腸炎でした。
  • 50代男性 消化器内科 「急性腸炎」
    数でいうと急性腸炎が多いです。
  • 50代男性 一般内科 「急性腸炎」
    感染性胃腸炎が代表です。
  • 40代男性 一般内科 「急性腸炎」
    虚血性腸炎も意外と多いです。

急性腸炎と回答した医師からは回答の通り、「圧倒的に頻度が高いのは急性腸炎」、「数でいうと急性腸炎が多い」とのコメントが寄せられました。なかには、「虚血性腸炎も意外と多い」、「感染性胃腸炎が代表」との意見が見られました。

ここから、急性腸炎やその他の胃腸の炎症の頻度が高いと考える医師が多いことがうかがえます。

大腸憩室炎と回答した医師

  • 60代男性 一般内科 「大腸憩室炎」
    下血を伴う憩室炎を何例か経験しました。
  • 50代男性 消化器外科 「大腸憩室炎」
    高齢者の憩室炎穿孔が怖いです。
  • 60代男性 一般内科 「大腸憩室炎」
    意外と大腸憩室炎は多いものです。
  • 40代男性 消化器外科 「大腸憩室炎」
    腸管の疾患が多いと思います。

大腸憩室炎と回答した医師からは、「下血を伴う憩室炎を何例か経験しました」と自身の診断経験を述べた医師がいらっしゃいました。下血を伴う方は、すぐに医師の診察を受けることをおすすめします。
また、「高齢者の憩室炎穿孔が怖い」といった意見も挙げられたことから、高齢者ではより危険性が高そうでした。

このように3つの疾患に回答が集まりましたが、場所だけでは判断できないというコメントも複数寄せられています。そちらのコメントも見ていきましょう。

痛みの部位だけでは判断できないとの声も

  • 70代男性 消化器外科 「その他」
    年齢・性別で異なります。
  • 50代男性 消化器外科 「その他」
    部位で決められないので、総合的な判断が必要です。
  • 30代男性 一般内科 「その他」
    やはり病歴によって変わります。年齢や経過によっても変わります。
  • 50代女性 一般内科 「その他」
    部位のみでは傾向は言えても、症状の程度により違うと思います。
  • 40代男性 一般内科 「その他」
    女性では妊娠や婦人科系疾患も経験します。
  • 50代男性 総合診療科 「その他」
    痛みの強さや随伴症状を十分に観察する必要があります。
  • 50代男性 消化器外科 「大腸憩室炎」
    下腹部は臓器が多く、特定は難しいので画像診断がものを言うと思います。

年齢・性別、病歴、経過、症状の強さ、随伴症状によって考えられる疾患は異なるため、痛みの部位だけでは判断できないとした声が複数寄せられました。
理由としては、「下腹部は臓器が多く、特定が難しい」ことが挙げられました。

調査の結果では便秘症が最も多い結果となりましたが、上記のことを考えると、あくまでその傾向があると捉えるまでに留めておいた方が良さそうです。
耐えられない痛みのある場合や、痛みが持続する場合などは、疾患をきちんと確かめるためにも医療機関にて診断を受けるようにしましょう。

下腹部の腹痛で多いのは、便秘症、急性腸炎、大腸憩室炎。しかし、年齢・症状・病歴等で異なる。

本調査の結果、「下腹部に痛みが出る疾患で多いものは何ですか」という質問に対し、「便秘症」との回答が最も多く、次に「急性腸炎」、「大腸憩室炎」が続きました。
便秘症との回答からは、便秘だけでも下腹部痛がひどいことが多く、中には重篤なものもあるとのことでした。
また、「高齢者では訴えが弱くても重症なことがあります」との意見も寄せられたことから、高齢者の場合はより注意が必要そうでした。
急性腸炎と回答した医師からは、虚血性腸炎、感染性胃腸炎も多いとの意見が見られました。どのような疾患であるにしろ、いずれも腸炎が多いようです。
大腸憩室炎との回答では、実際に下血を伴う憩室炎を何例か経験したという医師が見受けられました。
また、「高齢者の憩室炎穿孔が怖いです」との意見も挙げられたことから、高齢者は大腸憩室炎においても危険性が高そうです。
調査の結果多いのはこれら3つの疾患であるものの、年齢・性別、病歴、経過、症状の強さ、随伴症状によって考えられる疾患は異なるため、痛みの部位だけでは判断できないとした声もありました。
そのため、あくまでその傾向があると捉えるまでに留めておいた方が良さそうです。疾患をきちんと確かめたい場合は、医療機関にて診断を受けるようにしましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました

  2. 花粉症で吐き気は引き起こされる?医師532名に聞いてみました

  3. 花粉症の時期に眠気がでるのはなぜ?医師544名に聞いてみました!

  4. 胃痛を緩和させる飲み物はあるの?医師535名に聞いてみました

  5. 妊娠したら、いつ頃赤ちゃんの性別がわかるの?産婦人科医160人に聞きました

  6. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  7. めまいに効く食べ物ってあるの?医師553人に聞いてみました

  8. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  9. 花粉症で発熱する?その対処法とは?医師546名に聞いてみました

  10. 飲酒によってしゃっくりが出る原因は何?飲酒で生じたしゃっくりを止める方法として適したものは?医師525人に聞いてみました