アルコールは肝機能を弱める?休肝日を設ければ肝機能は回復できるの?医師525名に聞いてみました

ビールを持つ男性
アルコールは肝機能を弱めることがあるか質問したところ、95%の医師が「ある」(「大いにある」と「多少はある」の合計)と答えました。コメントでは、過度な飲酒量によって肝機能を弱めることがある一方、少量であればそれほど問題がないという意見が目立ちました。また、休肝日は肝機能を回復させる効果があるのかについても、約9割の医師が「ある」(「多少はある」と「大いにある」の合計)と回答。ただし、休肝日を設けてもそれ以外の日に過度な飲酒をしていたり、休肝日の間隔をしっかり設けていなかったりすると、効果は発揮できないとの指摘も多くありました。アルコールによって肝臓が悪くなるのではないかと不安をお持ちの方は、本記事を参考にしてみてください。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

アルコールの飲みすぎにより、頭痛や吐き気など辛い症状が現れることがありますよね。さらにそれだけにとどまらず、過度の飲酒は肝機能を弱めるケースもあるみたいなのです。
場合によっては治療が必要なこともあるとインターネット上などで目にすることもあります。
しかし、本当にアルコールによって肝機能が弱まることはあるのでしょうか。また、巷に聞く休肝日を設けることで肝機能が回復するという話についても本当なのか気になるところです。

そこで今回は、医師525名に、「アルコールは肝機能を弱めると思うか」、「休肝日は肝機能を回復させるのに効果があると思うか」について聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年10月8日~2018年10月11日にかけて行われ、一般内科医、総合診療医の計525名から回答を頂きました。

95%の医師がアルコールは肝機能を弱めると回答

まずは、「アルコールは肝機能を弱めると思いますか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントをいただきました。

  • 大いにある
  • 多少はある
  • あまりない
  • ほとんどない

以下が結果となります。

  • 40代男性 総合診療科 「大いにある」
    飲酒量によると思いますが、間違いなくあると思います。
  • 60代男性 一般内科 「大いにある」
    アルコール飲料の過多にもよりますが、当然影響はすると思います。
  • 60代男性 一般内科 「大いにある」
    (アルコールで肝機能を弱めることはありますが)少量であれば問題ないと思います。
  • 70代男性 総合診療科 「大いにある」
    二日酔いになるほど飲んだ翌日は肝機能が悪くなっています。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    アルコールでの肝障害はありますが、肝機能の低下は軽いと思います。
  • 30代男性 一般内科 「多少ある」
    体質によるとは思いますが、負担はかかると思います。
  • 30代男性 一般内科 「多少ある」
    個人差が大きい分野だと思いますが、良い作用はないと思います。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    通常飲酒量(たしなむ程度)では、あまり肝機能には影響ないかもしれませんが、アルコールの分解酵素は個人差があると思うので、肝機能障害も個人差があると思います。
  • 40代男性 一般内科 「あまりない」
    アルコール多飲は関係あると思いますが、少量であれば薬を飲むのと変わらないと思います。
  • 40代男性 一般内科 「あまりない」
    長期的かつ大量の飲酒を続けていると弱めると思いますが、ごく少量であれば影響はないと考えます。
  • 70代男性 一般内科 「ほとんどない」
    肝機能を弱める程、アルコールを摂取したことがないです。

集計したところ、全体の95%の医師が「ある」(「大いにある」と「多少はある」の合計)とアルコールが肝機能を弱めることに対し肯定的な意見を持っており、逆に「あまりない」、「ほとんどない」と否定的な回答をした方は、わずか5%という結果となりました。

アルコールを多量に摂取した場合、肝機能を弱めることがあるものの、少量であればさほど問題がないと考えるコメントが散見されました。
また、飲みすぎてしまうと、やはり肝機能を悪化させてしまうようです。

他にも「体質によるとは思いますが負担はかかる」、「個人差が大きい分野」といったコメントもあり、量だけで判断は難しいことがうかがえます。
飲酒する際は飲みすぎないよう量に注意することも大事ですが、自分の体質を知ることもポイントとなるようですね。

休肝日は肝機能を回復させる可能性がある

続いて、「休肝日は肝機能を回復させる効果があると思いますか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントをいただきました。

  • 大いにある
  • 多少はある
  • あまりない
  • ほとんどない

以下が結果となります。

  • 50代女性 一般内科 「多少ある」
    休肝日以外の日にどれくらい飲んでいるかにもよります。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    完全禁酒に勝るものはありません。
  • 40代女性 一般内科 「多少ある」
    休肝日よりも飲酒量の方が問題です。休肝日でない日にたくさん飲んでは意味がありません。
  • 60代男性 一般内科 「多少ある」
    週休3日のペースで休肝日は作るべきです。
  • 50代男性 総合診療科 「多少ある」
    アルコールを飲まなければ肝臓の機能の改善も期待できます。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    アルコールを摂取しなければ少しは良くなると思います。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    1日も飲まないのが最も好ましいかと思います。
  • 40代男性 一般内科 「大いにある」
    週7日での禁酒が最も有効だと思います。
  • 50代男性 一般内科 「大いにある」
    一番良いのは1日おきにすることでしょう。アルコール性精神障害の予防にもつながります。
  • 50代女性 一般内科 「大いにある」
    最低週2日は必要だと思います。
  • 50代男性 一般内科 「大いにある」
    肝臓は再生能力の高い臓器ですから、休ませることが有効であることは間違いありません。
  • 50代男性 一般内科 「大いにある」
    1ヶ月禁酒すればかなりの確率で完全に回復します。
  • 50代男性 総合診療科 「大いにある」
    適量摂取の困難さは、多くの患者で実体験しています。とにかくアルコールの量を減らすこと。休肝日を設けることも大切です。
  • 40代男性 一般内科 「あまりない」
    週に2日と指導していますが、その分、酒量が他の日に回るだけであまり効果がないと思っています。
  • 60代男性 一般内科 「あまりない」
    毎日飲んでも適量であれば大丈夫です。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    たまにアルコールを飲むくらいの休肝日なら意味があると思います。
  • 60代男性 総合診療 「あまりない」
    肝機能異常が出現したら、休肝日を設けただけでは効果はないと思います。
  • 40代男性 一般内科 「ほとんどない」
    禁酒以外に、肝機能を休ませる手だてはありません。
  • 50代男性 一般内科 「ほとんどない」
    断酒しなければ全く無意味です。

集計の結果、全体のおよそ9割の医師が、休肝日には肝機能を回復させる効果が期待できると考えていることがわかりました。

具体的にどれくらいのペースの休肝日が必要かということに関しては、平均週2〜3日という回答が見られました。
また、休肝日を設けることはもちろん大切ですが、休肝日以外の日にどれくらいの量のアルコールを飲んでいるかにもよるといった指摘もありました。
いくら休肝日があっても、それ以外の日に多量なお酒を摂取しているようであれば、肝機能の回復にはつながらないようです。
そのため、休肝日を設けることに加え、お酒を飲む日でも適量飲酒を心がけることが重要であるといいます。

しかし休肝日を設けるのではなく、いっそのこと完全禁酒にしてしまうことが、何よりも肝機能を回復させる効果が発揮できるのではという意見もいくつか寄せられました。
これは日常的に飲酒する方にとってはなかなか難しいことだと思いますが、まずは徐々に休肝日を作っていくことから始めると良いかもしれませんね。

お酒の飲み方次第で肝臓の悪化は防げる

今回の調査では、アルコールは肝機能を弱めることがあるか聞いたところ、95%の医師が肯定的な見解を示しました。
過度な飲酒量によって肝機能を弱めることがある一方、少量であればそれほど問題がないと考える医師が多くいました。
また、休肝日は肝機能を回復させる効果があるかについても、約9割の医師が「ある」(「多少はある」と「大いにある」の合計)と回答しています。
ただし、休肝日を設けてもそれ以外の日に過度な飲酒をしてしまうと効果は発揮できないとの指摘も多くありました。
お酒は日頃のストレス発散や一日の疲労をリセットしてくれる嗜好品として多くの人に愛されています。
しかし、飲みすぎてしまうと体に悪影響を及ぼすリスクが高まり、お酒が原因で私生活に支障をきたすこともあります。
そのため、過度な飲酒は避け、”自分に適した”量を飲むことが大事です。休肝日もきちんと設け、体に負担がないよう意識しましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事