薬物療法以外に中性脂肪の値を下げる方法とは?医師527名に聞いてみました

ガッツポーズする女性
本調査の結果、「薬物療法以外に中性脂肪の値を下げる方法として効果的なものは何ですか」という質問に対し、「食生活の見直し」、「適度な運動」、「禁酒」の順で回答されました。食生活の見直しと回答した医師からは、「摂取カロリーを抑えることが重要」、「口から入るものを減らすのが原則」といった意見が得られました。続いて、適度な運動と答えた医師からは、「エネルギーを消費すること」、「有酸素運動による脂質の消費が大切」との声があり、禁酒と回答した医師からは、「飲酒は48時間後が中性脂肪合成ピークになるので、禁酒は効果的」とのコメントがみられました。中性脂肪の値を効率よく下げたい方は、以上で挙げられた方法を組み合わせて実践してみてはいかがでしょうか。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

健康診断で中性脂肪の値が高い、という結果が出た方はいらっしゃいますか?
インターネット上で調べてみると、薬物療法が効果的との情報が見受けられますが、それ以外に中性脂肪の値を下げる方法はないのでしょうか。もしあれば試してみたいところだと思います。

そこで今回は、薬物療法以外に中性脂肪の値を下げる方法は何か、一般内科医、総合診療科医、循環器内科医、代謝・内分泌科医、計527名の医師に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https:/ /medpeer.jp/)にて、2018年10月5日〜10月6日にかけて行われ、一般内科医、総合診療科医、循環器内科医、代謝・内分泌科医の527名から回答を頂きました。

薬物療法以外に中性脂肪の値を下げる方法は?

「薬物療法以外に中性脂肪の値を下げる方法として効果的なものは何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらいコメントを頂きました。

  • 食生活の見直し
  • 適度な運動
  • 禁酒
  • 禁煙
  • 質の良い睡眠をとる
  • サプリメント
  • 効果的な方法はない
  • その他

以下が結果となります。

 

集計の結果、薬物療法以外に中性脂肪の値を下げる方法として効果的なものは、「食生活の見直し」との回答が最も多く、次に「適度な運動」、「禁酒」が続きました。

それぞれの医師のコメントを見ていきましょう。

腹八分目がポイント?「食生活の見直し」

  • 50代男性 代謝・内分泌科 「食生活の見直し」
    中性脂肪は基本、食事と運動、アルコールのコントロールです。
  • 50代男性 総合診療科 「食生活の見直し」
    糖分摂取を控えることをお勧めしています。
  • 70代男性 一般内科 「食生活の見直し」
    中性脂肪の値を下げる方法は、食べすぎ、飲みすぎ、運動不足を避けることです。
  • 40代男性 一般内科 「食生活の見直し」
    炭水化物摂取量依存なので、節制は効果があります。
  • 40代男性 一般内科 「食生活の見直し」
    体質でなければ、食事でうんと変わります。
  • 50代男性 循環器内科 「食生活の見直し」
    摂取カロリーを抑えることが重要です。合わせて運動療法も重要です。
  • 30代男性 循環器内科 「食生活の見直し」
    ストレスのない健康的な生活を送ることと、カロリー摂取や、運動習慣が良いと思います。
  • 70代男性 一般内科 「食生活の見直し」
    腹八分目で酒は節制することです。
  • 50代男性 一般内科 「食生活の見直し」
    食事を和食主体に戻すべきです。
  • 50代男性 代謝・内分泌科 「食生活の見直し」
    油物と甘いものを控えましょう。
  • 50代男性 代謝・内分泌科 「食生活の見直し」
    口から入るものを減らすのが原則です。

食生活の見直しと回答した医師からは、「炭水化物摂取量依存なので節制は効果がある」、「摂取カロリーを抑えることが重要」、「口から入るものを減らすのが原則」との意見をいただきました。

まずは、食べるものや摂取カロリーを減らすことが大切なようです。
その具体的な方法として、腹八分目にすることや食事を和食主体に変えること、また油物や甘いものを控えるといったことが挙げられました。
体質でなければ食事で大きく変わると考えている医師もおられたことから、効果は期待できそうです。

ほかにも、「ストレスのない健康的な生活を送ること」を勧めるコメントも頂いています。
食生活だけでなくストレスもポイントとなるようですので、ご自身のストレス環境を見直してみることも大事かもしれません。

有酸素運動がおすすめ?「適度な運動」

  • 30代男性 循環器内科 「適度な運動」
    薬を使わなければ運動が最も中性脂肪値が低下します。
  • 60代男性 一般内科 「適度な運動」
    エネルギーを消費することです。
  • 50代男性 循環器内科 「適度な運動」
    水泳とランニングが良いです。
  • 60代男性 一般内科 「適度な運動」
    テニスがおすすめです。ほか、バドミントンなど有酸素運動がよろしいと思います。
  • 50代男性 循環器内科 「適度な運動」
    特に有酸素運動による脂質の消費が大切です。
  • 50代男性 代謝・内分泌科 「適度な運動」
    患者さんにはウォーキングを勧めております。

続いて、適度な運動と回答した医師からは、「エネルギーを消費すること」、「特に有酸素運動による脂質の消費が大切」との見解が得られました。

具体的な運動として、水泳とランニング、テニス、バドミントン、ウォーキングなどが挙げられていました。
水泳やテニスは趣味としても始められるため、楽しく継続させることができるかもしれませんね。
途中でやめてしまっては元も子もないので、無理はせず自分のできる範囲で行いましょう。

健康的な生活に!「禁酒」のススメ

  • 40代男性 一般内科 「禁酒」
    禁酒・ダイエット(運動)・過食の防止が基本と思います。
  • 70代男性 総合診療科 「禁酒」
    薬物も効果は高いですが、それ以外にはまず禁酒、そして運動と糖質制限です。これらを組み合わせる方法が最も効果が高いです。
  • 50代女性 代謝・内分泌科 「禁酒」
    健康的な生活をするのが良いかと思います。
  • 40代男性 一般内科 「禁酒」
    飲酒は48時間後が中性脂肪合成ピークになるので、禁酒は効果的です。

最後に禁酒と回答した医師からは、「飲酒は48時間後が中性脂肪合成ピークになるので、禁酒は効果的」との理由が見受けられました。

なかには、「まず禁酒、そして運動と糖質制限です。これらを組み合わせる方法が最も効果が高いです。」とのアドバイスもいただきました。
中性脂肪値を効率よく下げたい方は、どれか一つを実践するのではなく、組み合わせて実践することをおすすめします。

薬物療法以外に中性脂肪の値を下げる方法は、食生活の見直し、適度な運動、禁酒

本調査では、薬物療法以外に中性脂肪の値を下げる方法として効果的なものについて聞いたところ、「食生活の見直し」、「適度な運動」、「禁酒」の順に回答を集めました。
食生活の見直しとする理由は、「体質でなければ、食事でうんと変わる」からとのこと。「摂取カロリーを抑える事が重要」との意見からも分かる通り、まずは食べるものや摂取カロリーを減らすことが大切なようです。
具体的な方法としては、腹八分目、食事を和食主体にする、油物や甘いものを控えるといったことが挙げられていました。
続いて、適度な運動との回答では、特に有酸素運動を推奨するコメントが散見されました。具体的には、水泳とランニング、テニス、バドミントン、ウォーキングが良いそうです。
最後に禁酒と答えた医師からは、理由として「飲酒は48時間後が中性脂肪合成ピークになるので、禁酒は効果的」といったコメントを頂きました。
なかには、「まず禁酒、そして運動と糖質制限です。これらを組み合わせる方法が最も効果が高いです。」とのアドバイスもあります。
中性脂肪の値を効率よく下げたい方は、以上で挙げられた方法を組み合わせて実践してみてはいかがでしょうか。

ツイート
この記事の著者

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  2. 風邪で声が出ない場合の対処法って何?医師504人に聞いてみました

  3. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  4. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  5. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  6. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  7. なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました

  8. 発熱で寝られない時の適した対処法って何?一体どんな原因が考えられるの?医師524人に聞いてみました

  9. 飲酒によってしゃっくりが出る原因は何?飲酒で生じたしゃっくりを止める方法として適したものは?医師525人に聞いてみました

  10. 出産直前の兆候にはどんなものがあるの?産婦人科医150人に聞いてみました!