医学部の「地域枠」全国に拡大 進むか医師の地方定着 専門性の確保、課題に

医学部の「地域枠」全国に拡大 進むか医師の地方定着 専門性の確保、課題に
 都道府県とそれぞれにある大学が協力して医学部に「地域枠」を設け、卒業生に一定期間、地元勤務を義務付ける取り組みが本格化して10年。深刻な医師不足を解消する切り札として、導入した医学部は全体の約9割に
外部PICK
イシコメ運営事務局
続きを読む

医師のコメント

  • 大久保 義則
    医師偏在解消の一手.他の施策と歩調を合わせ,効果が出ることを期待します.#YO生
    投稿日時:
  • 石見 陽
    >17年度には診療科ごとに学会が行う専門医の認定を、第三者機関が担うことになり、より資格の取得が進むとみられる。その中でへき地では指導医がいなかったり、特定の臓器について症例の経験が不足したりする懸念がある。 上記の専門医制度の変更により、再び大学病院に残る医師が増えると言われています。その中でどうへき地へ人材を配分していくのか?注目です。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事