III度高血圧で自覚症状がない場合がある?医師500人に聞いてみました

疑問を持つ男性
III度高血圧(収縮期血圧≧180かつ/または拡張期血圧 ≧110)にもかかわらず、自覚症状が現れないケースは、どの程度あるか聞いたところ、「多少ある」との回答が一番多く、次に「大いにある」、「あまりない」が続きました。「多少ある」と「大いにある」を合計すると、実に8割以上の医師がIII度高血圧でも自覚症状がない場合が「ある」と考えているのが分かります。慢性的に高血圧の場合だと、体も慣れてしまっていて症状が出ない場合が多いみたいです。実際に症状が出るのは、脳卒中や心不全が生じてからというコメントもあり、そうならないためにも気になる方はまず日頃の血圧を測定することからはじめてみましょう。
高血圧
イシコメ運営事務局

慢性的な高血圧に悩まされている方は多くいると思います。血圧が高くなると、人によっては体に何かしらの症状が現れますよね。
一方で、これといった自覚症状もなく、病院で高血圧を指摘されて驚いたという方もいるのではないでしょうか。
では、実際高血圧にもかかわらず、自覚症状が現れないケースは、どの程度あるのでしょうか。

そこで今回は、一般内科、総合診療、循環器内科医500人に、III度高血圧(収縮期血圧≧180かつ/または拡張期血圧 ≧110)で自覚症状がないことはあるのか聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年10月3日~2018年10月4日にかけて行われ、一般内科、総合診療、循環器内科医500人から回答を頂きました。

III度高血圧で自覚症状がないことってあるの?

「III度高血圧(収縮期血圧≧180かつ/または拡張期血圧 ≧110)にもかかわらず、自覚症状が現れないケースは、どの程度ありますか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 大いにある
  • 多少ある
  • あまりない
  • ほとんどない

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「多少ある」との回答が45%と一番多く、次に「大いにある」、「あまりない」が続きました。
「多少ある」と「大いにある」の回答数を合計すると8割以上の医師がIII度高血圧でも自覚症状がない場合が「ある」と考えているのが分かります。

まずはいくつかの言葉おさえてから、医師のコメントを見ていきましょう。

血圧値の分類とは

一般に高血圧は表1に示すように診察室での血圧が140/90mmHg以上である場合診断されます。さらに血圧値の程度によりI-III度に重症度が分類されます。しかしその前の段階から合併症が進行することやその前の段階の方は高血圧へ移行することが多いことを考え、140/90mmHg未満の段階から至適血圧、正常血圧、正常高値血圧に分類し注意を喚起しています。なおこれらの値は診察室での血圧を指しており、家庭血圧、24時間自由行動下血圧測定の値に対してはさらに低い基準がもうけられております。

 

表1 血圧値の分類

血圧ステージ

収縮期血圧    拡張期血圧

至適血圧

<120mmHg かつ <80mmHg

正常血圧

120-129mmHg かつ/または 80-84mmHg

正常高値

130-139mmHg かつ/または 85-89mmHg

I 度 高血圧

140-159mmHg かつ/または 90-99mmHg

II 度 高血圧

160-179mmHg かつ/または 100-109mmHg

III 度 高血圧

≧180mmHg かつ/または ≧110mmHg

 

引用:血圧値の分類|慶應義塾大学病院

III度高血圧でも症状が無いことが多い

  • 60代男性 一般内科 「多少ある」
    180台で症状が無い例は多いです。
  • 40代男性 一般内科 「多少ある」
    高血圧の自覚症状はそこまで多くない印象です。
  • 40代男性 一般内科 「多少ある」
    拡張期血圧の高い人は症状を訴えますが、収縮期血圧の高い場合は症状がない場合も多いです。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    慢性的に高血圧の方は、症状が出ない場合が多いです。
  • 40代女性 一般内科 「多少ある」
    実際に症状が出るのは30%ぐらいの割合だと思います。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    健診で指摘されるまで、自覚症状がない方が多いです。
  • 70代男性 一般内科 「多少ある」
    突然の血圧上昇でないかぎり症状はないと思います。
  • 60代男性 一般内科 「多少ある」
    特に高齢者は変動が激しく、症状はありません。
  • 30代男性 一般内科 「多少ある」
    高血圧が原因と考えられる多発性ラクナ梗塞があっても無症状の方はたくさんいます。
  • 60代男性 一般内科 「多少ある」
    収縮期血圧200以上で全く自覚症ない人を経験しています。
  • 40代男性 一般内科 「多少ある」
    健診でよく症状のないⅢ度高血圧者をみる事が多いです。症状がないので血圧の異常と逆に症状のない危険性を説明して理解してもらうのが大変だった経験があります。
  • 60代男性 一般内科 「大いにある」
    多くの方は相当高度になっても自覚症状が無い事が多いです。
  • 50代男性 一般内科 「大いにある」
    動脈硬化が進行している高齢者では徐々に高血圧になっているので症状は出ないと思います。
  • 60代男性 一般内科 「大いにある」
    高い血圧に体が慣れてしまうと、無症状になることが多いです。
  • 50代男性 一般内科 「大いにある」
    むしろ、慢性的な高血圧症なら症状がないのが普通です。現れるとしたら、長年に渡る高血圧症の結果として生じた脳卒中や心不全による症状ではないでしょうか。
  • 30代男性 一般内科 「大いにある」
    血圧を測らなければ高血圧である事が分からない人はたくさんいます。
  • 60代男性 一般内科 「大いにある」
    自覚症状がないがゆえに高血圧を放置する人が多いです。
  • 60代男性 一般内科 「大いにある」
    病院に来ないから分からないだけで、健康を装っている、若年性高血圧患者は山ほどいるはずです。
  • 60代男性 一般内科 「大いにある」
    自覚症状が出ない事が多いと思います。症状が現れた時には怖いサイレント・キラーが高血圧です。

医師の回答を見ると「多少ある」・「大いにある」との声が多数挙がっていました。

III度高血圧でも何も症状がない場合が実際に多いようです。
特に、慢性的に高血圧の方は体も慣れてしまって無症状な場合が多いみたいですね。中には収縮期血圧200以上でも全く自覚症ないケースもあったと医師のコメントにありました。
さらに多発性ラクナ梗塞を発症していても無症状の方はいるようです。
高血圧がサイレント・キラーと呼ばれるのも納得ですね。ラクナ梗塞についてもおさえておきましょう。

ラクナ梗塞とは

ラクナ梗塞とは脳梗塞の病型のひとつです。脳梗塞には2つのタイプがあり、1つは脳の血管が動脈硬化によって狭くなることで起きる「脳血栓」で、もう1つは心臓にできた血栓が脳の血管に流れて詰まる「脳塞栓」です。このうち、脳血栓の中でも脳の深い部分を流れている細い血管が詰まってしまうことで起きる脳梗塞を「ラクナ梗塞」といいます。

引用:ラクナ梗塞|社会福祉法人 恩賜財団 済生会

また、実際に高血圧で症状が出るのは全体の3割ほどではないかと、具体的な割合を提示してくださった医師の方もいました。
一方、高血圧で自覚症状が出やすいケースは主に以下の場合のようです。

  • 拡張期血圧の高い方
  • 突然に血圧が上昇した場合
  • 脳卒中や心不全が生じた場合

脳卒中や心不全になってからでないと症状が出ないというのは恐ろしいですよね。
病院に来ないから分からないだけで、健康そうに見えても若年性高血圧患者の方は大勢いるそうです。
血圧に不安がある方は、病院で検診などしてみましょう。

症状は出ているが自覚できていない場合も

  • 60代男性 一般内科 「あまりない」
    大体は何かしらの異常が出ます。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    Ⅲ度では少なからず何らかの症状は出ているはずです。自覚がないだけです。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    ほとんどが頭痛、肩こりなどを訴えます。
  • 40代女性 一般内科 「あまりない」
    肩こりや頭痛など、高血圧の症状と自覚していないのはあると思います。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    ほとんどは身体症状伴いますが、まれに全く無症状がいますので、定期的に血圧測る習慣をつけないといけません。
  • 50代男性 一般内科 「ほとんどない」
    自覚症状に繋がった際には手遅れである場合が多いです。
  • 50代男性 循環器内科 「ほとんどない」
    拡張期血圧の高い場合、疲れやすい、頭痛がする、眼がかすむなどの症状があるが、血圧が原因であるとの自覚はなく、問診で確認するケースが多いです。
  • 40代女性 一般内科 「ほとんどない」
    高血圧が改善されてから、頭痛などの自覚症状があったのが分かる人が多いです。

次に「あまりない」・「ほとんどない」と回答した医師のコメントを見ると、自覚ができていないだけで、実際に何かしらの症状は出ているとの意見が多かったです。

現れる症状としては、主に以下が挙がっていました。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 疲れやすい
  • 眼がかすむ

このような症状があっても、高血圧が原因だと結びつけて考えていない患者さんがおられるようです。

医師のコメントによれば、高血圧が改善されてから、頭痛などの自覚症状があったのを認識する例もあるみたいでした。
また、自覚症状に繋がった際には手遅れであるケースも多いとのコメントもあったことから、明確な自覚症状が出る前に高血圧は対処したいものです。
医師の意見にもありますが、まずは定期的に血圧測る習慣をつけることからはじめてみてはいかがでしょうか。

III度高血圧でも自覚症状が出ないことが多い。症状が現れる前に対処を

本調査によれば、III度高血圧(収縮期血圧≧180かつ/または拡張期血圧 ≧110)にもかかわらず、自覚症状が現れないケースは、「多少ある」との回答が一番高く、次に「大いにある」、「あまりない」が続きました。
III度高血圧とかなりの高血圧でも、自覚症状が出ないのは珍しくないと医師のコメントからよく分かりました。
中には収縮期血圧200以上でも症状がないケースもあるようなので、体に症状が出ないからと言って油断はできなそうです。
また脳卒中や心不全が生じてから、高血圧に気がつくという事態もあるようで、そういった事態を避けるためにも、日頃から血圧の値には気を配るようにしましょう。
また、何か症状があっても血圧が原因だと気づきにくい場合もあるみたいで、もしかしたら頭痛や肩こりといった症状は高血圧のサインかも知れません。
気になる方は、血圧を測定し、早めに医師に相談するのも検討しましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 発熱で寝られない時の適した対処法って何?一体どんな原因が考えられるの?医師524人に聞いてみました

  2. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  3. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  4. 風邪をひいている時って飲酒しても大丈夫?飲酒が与える悪影響って一体何?医師501人に聞いてみました

  5. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  6. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  7. 熱があるときにお風呂に入っても大丈夫? どんな症状のときは危険?医師523人に聞いてみました

  8. なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました

  9. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  10. 発熱だけの症状で考えられる病気って何?病院は受診した方がいいの?医師524人に聞いてみました