血便が出たら病院へ行くべき?受診すべき診療科は?525名の医師に聞いてみました

病院のイメージ
本調査の結果、「血便が出た場合、病院を受診するべきですか」という質問に対し、98%の医師が受診をすすめる見解を示しました。医師からは、腹痛や発熱などの随伴症状がある場合はすぐに受診を推奨する声が寄せられています。続いて「血便を主訴として病院を受診する場合、どの診療科が適切ですか」と質問したところ、医師の72%が「消化器内科」と回答しました。「消化器内科」と回答した医師のコメントからは、「確定診断のために速やかに内視鏡検査ができます」「大腸検査のことを考えれば、消化器内科が良い」などのコメントが寄せられました。
便秘・血便
イシコメ運営事務局

突然便に血が混じっていたらビックリしますよね。
そんな血便の場合には、病院を受診したほうがいいのでしょうか。
もし受診しなくてもよい場合があるならば、あらかじめ知っておいたほうが賢明ですよね。
また、病院を受診する際は何科を受診すればよいのか、わからない方もいらっしゃるのではないかと思います。

そこで今回は、血便が出た場合、病院を受診するべきか、血便を主訴として病院を受診する場合、どの診療科が適切なのか医師525名に意見を伺いました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年5月18日〜5月21日にかけて行われ、一般内科医、消化器内科医、消化器外科医、一般外科医の計525名から回答を頂きました。

血便が出た時は、病院を受診するべき?

  • 50代男性 一般外科 「すぐに受診するべき」
    入院が必要なことがほとんどです。
  • 40代男性 消化器内科 「すぐに受診するべき」
    直近で上部下部の内視鏡を受けているのならいいかもしれませんが、腹痛など随伴症状があれば必ず受診を。
  • 70代男性 消化器内科 「すぐに受診するべき」
    痔出血と長期間自己判断していた末期直腸がんの経験があります。
  • 50代男性 一般内科 「すぐに受診するべき」
    腹痛、熱発などを伴っている場合はすぐに受診を。排便時出血(茶色い便とともに鮮やかな少量の血液)の場合は、若い人なら痔のことが多いので様子を見てください。中年以降は直腸癌の恐れもあるので早めに受診を。
  • 30代男性 消化器外科 「すぐに受診するべき」
    基本的には硬便による直腸・肛門損傷が殆どですが、悪性疾患を否定できないので受診して欲しいです。
  • 40代男性 一般内科 「症状が続くようであれば受診するべき」
    血便は体が発しているシグナルですから、日頃から便の色にも注意して血便を見逃さないようにしましょう。
  • 50代男性 一般外科 「症状が続くようであれば受診するべき」
    特に血圧が下がったり、痛みがひどいなどの重症感がなければ翌朝受診してください。
  • 40代男性 一般内科 「症状が続くようであれば受診するべき」
    初回なら必ず受診を。早くて悪いことはありませんが、受診しようと思わない程度の腹痛などの症状もなければ緊急性があることは少ないです。
  • 40代男性 一般内科 「症状が続くようであれば受診するべき」
    出血量によります。多いようならすぐにでも受診する必要があると思いますが、軽度の場合には、少なくとも検査体制が整っていない時間外に行く必要性は低いと思います。
  • 40代男性 一般内科 「あまり受診しなくてもよい」
    続けば受診でいいと思います。

「血便が出た場合、病院を受診するべきですか」という質問に対し、98%の医師が「受診するべき」との見解を示しました。

医師のコメントを見ると、「腹痛、熱発などを伴っている場合はすぐに受診を。排便時出血(茶色い便とともに鮮やかな少量の血液)の場合は、若い人なら痔のことが多いので様子を見てください。中年以降は直腸癌の恐れもあるので早めに受診を」と詳しく意見を述べた医師がいらっしゃいました。
腹痛や発熱など、随伴症状がある場合はすぐに受診したほうが良さそうです。
また、若年層の方であれば痔であることが多いものの、中年層以降の方では直腸癌の恐れなどがあるようです。年齢によって懸念する疾患が異なると考えている医師もいるようですね。

また、「血便は体が発しているシグナルですから、日頃から便の色にも注意して血便を見逃さないようにしましょう」とのアドバイスも頂きました。
なかには「痔出血と長期間自己判断していた末期直腸がんの経験があります」とのコメントも見られることから、自己判断でそのまま放置しておくのは危険だということがうかがえます。
危険な疾患の場合もあるようなので、日頃から便の状態をチェックし、異常が見られたら速やかに病院を受診するようにしましょう。

血便で病院を受診するなら何科がよい?

それでは、実際に病院を受診する場合、どの診療科を受診すればよいのでしょうか。併せて聞いてみました。

  • 50代男性 一般外科 「消化器内科」
    内視鏡を受けるべきです。そのためには消化器内科をおすすめします。
  • 70代男性 消化器内科 「消化器内科」
    確定診断のために速やかに内視鏡検査ができます。
  • 50代男性 一般内科 「消化器内科」
    大腸検査のことを考えれば、消化器内科が良いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「消化器内科」
    診断の確定には消化器内科が最適と思われます。
  • 50代女性 一般外科 「消化器内科」
    まずは消化器内科を。炎症性疾患などであれば、そのまま治療を。壊死性の虚血性大腸炎や痔疾や大腸がんなら外科にコンサルトがいいのかなと思います。
  • 40代男性 一般内科 「消化器内科」
    消化器内科の先生は、内科の中でも管の病気の時には頼りになります。指診や注腸などの技術が違います。
  • 30代男性 消化器外科 「消化器内科」
    内視鏡などCTに引き続いた検査があるので、消化器内科が良いです。
  • 30代女性 一般内科 「一般内科」
    原因がわからない場合は一般内科、総合内科がいいと思います。
  • 40代女性 一般内科 「消化器外科」
    外科的止血が必要な場合もあるので消化器外科が良いです。
  • 30代男性 一般内科 「一般外科」
    血便の鑑別が大事ですね。
  • 50代男性 一般内科 消化器内科 「肛門科」
    直腸診、肛門鏡検査を躊躇なくするためです。
  • 50代男性 一般内科 「その他(かかりつけ医)」
    どんな疾病でもまずはかかりつけ医です。

「血便を主訴として病院を受診する場合、どの診療科が適切ですか」と質問したところ、医師の72%が「消化器内科」と回答しました。

「消化器内科」と回答した医師のコメントからは、「確定診断のために速やかに内視鏡検査ができます」「大腸検査のことを考えれば、消化器内科が良い」「消化器内科の先生は、内科の中でも管の病気の時には頼りになります。
指診や注腸などの技術が違います」といった声が挙げられました。
内視鏡検査や大腸検査ができることに加えて、指診や注腸などの技術が内科の中でも頼りになることから、消化器内科が良いという見解のようですね。
一方、その他少数派のコメントでは「原因がわからない場合は一般内科がよい」「外科的止血が必要な場合もあるため消化器外科がよい」「直腸診や肛門鏡検査を躊躇なく行うから肛門科がよい」などさまざまな意見が寄せられました。
さらに、「どんな疾病でもまずはかかりつけ医」という声もあり、どの診療科に行けばいいのか迷った場合は、かかりつけ医に相談するのも良さそうです。

血便は、早めに消化器内科の受診を

本調査によれば、「血便が出た場合、病院を受診するべきですか」という質問に対し、98%の医師が受診をすすめる見解を示しました。
特に、腹痛や発熱など随伴症状がある場合はすぐに受診したほうがよいとのことです。
また、若年層の方であれば痔であることが多いものの、中年層以降の方では直腸癌の恐れがあるなど、年齢によって疑われる疾患が異なるようでした。
続いて「血便を主訴として病院を受診する場合、どの診療科が適切ですか」と質問したところ、医師の72%が「消化器内科」と回答しました。
コメントでは、内視鏡検査や大腸検査ができることなどが挙げられており、指診や注腸などの技術が内科の中でも頼りになるというのも選ばれた理由のようです。
本調査を踏まえていただき、血便を認める場合は、早めに消化器内科を受診することをお勧めします。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  2. 風邪をひいている時って飲酒しても大丈夫?飲酒が与える悪影響って一体何?医師501人に聞いてみました

  3. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  4. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  5. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  6. 風邪で声が出ない場合の対処法って何?医師504人に聞いてみました

  7. なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました

  8. 発熱だけの症状で考えられる病気って何?病院は受診した方がいいの?医師524人に聞いてみました

  9. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  10. 4割が経験する『金縛り』の原因と解くコツとは