動悸がする、息苦しい…そんなときに病院にかかるとしたらどの診療科がいい?受診するべきタイミングは?医師506人アンケート調査

胸を押さえる女性
今回の調査では、動悸と息切れ、息苦しさで受診する科について聞いたところ、5割の医師が「一般内科」、4割の医師が「循環器内科」と回答しました。総合的に診察してもらった方が良い、どの診療科が良いのか分からなければ、まずは一般内科で良いとのコメントがみられましたが、命に関わるような緊急性のある病気がないかを確認したほうが良いという観点から、循環器内科を推奨するコメントも見られました。もしかかりつけ医があれば、まずはそちらでも良いとのことです。また、動悸や息苦しさがあるとき、安静にしているのに症状が治まらない、胸痛や冷や汗などの随伴症状がある場合などは、重症である可能性が高いとのコメントがありました。そうした症状がある場合は、急いで受診した方が良いようです。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

胸がドキドキする、息苦しい、そんな症状があって病院を受診するとしたら、どの診療科にかかるべきでしょうか?
心臓の症状だから循環器内科で診てもらうべきなのか、それとも呼吸器内科がいいのか、迷われる方もいるかもしれません。また、どんな症状があるときに受診したらよいのかも気になるところです。

そこで今回は、一般内科医、循環器内科医、心療内科医506人に、動悸と息苦しさや息切れがある場合に適している診療科はどこか、どんな症状があるときに受診すべきなのか聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年4月19日〜4月20日にかけて行われ、一般内科医、循環器内科医、心療内科医506人から回答を頂きました。

動悸と息苦しさがある場合、どの診療科を受診すべき?

まずは、「『動悸』、『息切れ』、『息苦しさ』がある場合、どの診療科にかかるべきですか」という質問に対して、以下の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 一般内科
  • 循環器内科
  • 呼吸器内科
  • 精神科
  • 婦人科
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計の結果、「一般内科」を推奨する医師が5割、「循環器内科」を推奨する医師が約4割という結果となりました。
動悸というと、心臓に関連した症状であると考えて循環器内科を思い浮かべがちですが、今回は一般内科の方が多くの支持を得ています。
それぞれの診療科を推奨した医師のコメントを見ていきましょう。

まずは一般内科で原因疾患のスクリーニングを

  • 60代男性 循環器内科 「一般内科」
    一般内科が良いと思います。
  • 30代男性 一般内科 「一般内科」
    まずは内科が適切かと思います。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    まずは内科で総合的に鑑別した方が良いでしょう。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    その後のフォローを考えると内科がいいでしょう。
  • 30代男性 循環器内科 「一般内科」
    プライマリケアとして一般内科を最初にかかっても良いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    程度や出現様式で異なりますが初めは一般内科で良いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    どこに受診したらよいのかわからない場合は、一般内科で良いと思います。
  • 30代女性 循環器内科 「一般内科」
    内科で原因検索をして、各科へ紹介を検討します。
  • 40代男性 循環器内科 「一般内科」
    まずは内科で良いと思います。必要あれば循環器に依頼します。
  • 60代男性 一般内科 「一般内科」
    まず一般内科を受診し、異常があれば循環器内科や呼吸器内科を紹介受診してもらいます。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    振り分けは一般内科の仕事です。
  • 30代男性 一般内科 「一般内科」
    まずは内科で重症な疾患がないか確認する必要があります。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    色々な診療科に関係する症状なので。
  • 30代男性 一般内科 「一般内科」
    幅広い視野でみられる科を勧めます。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    ファーストコンタクトは総合内科でよいと思います。
  • 40代男性 循環器内科 「一般内科」
    総合的に判断できる医師の方が良いです。
  • 50代男性 循環器内科 「一般内科」
    原因が多岐にわたるので内科あるいは総合診療科を勧めます。
  • 40代男性 一般内科 「一般内科」
    スクリーニングを含めて一般内科(総合診療科)が良いと思います。

「『動悸』、『息切れ』、『息苦しさ』で受診する場合は、一般内科が適している」と回答した医師のコメントを見ると、

  • まずは原因が何か調べるべき
  • 原因となる疾患はさまざまなので、まずは窓口として一般内科へ
  • 一般内科を受診したあと、必要があれば他の診療科を紹介する

という内容が多くみられました。
動悸を伴う息切れは、いろいろな診療科の病気が原因として考えられるため、専門科を受診する前に一般内科で全身的に診てもらうべき、との意見が多いようです。
また、どの診療科が適しているかわからないのであれば、まずは一般内科へというコメントや、一般内科と合わせて総合診療科を勧めるコメントも見られました。
原因が多岐にわたることを考えると、まずは一般内科で診察してもらったほうが良さそうです。

重篤な心臓疾患がないか検査するために、循環器内科の受診もあり

  • 70代男性 一般内科 「循環器内科」
    まずは循環器だと思います。
  • 50代男性 一般内科 「循環器内科」
    頻度的には、まず循環器かと考えます。
  • 50代男性 循環器内科 「循環器内科」
    動悸があるのなら循環器科で良いかと思います。
  • 50代男性 一般内科 「循環器内科」
    循環器症状が全面となっているときは循環器内科で良いと思います。
  • 40代男性 一般内科 「循環器内科」
    まず循環器疾患を疑って受診するのが良いと思います。
  • 30代男性 循環器内科 「循環器内科」
    循環器内科が一番詳しく治療も慣れています。
  • 40代男性 循環器内科 「循環器内科」
    まずは重要臓器として心臓から調べることが多いと思います。
  • 50代女性 一般内科 「循環器内科」
    まずは心疾患を鑑別してもらいましょう。
  • 40代男性 一般内科 「循環器内科」
    緊急度が高い病気の可能性が高いのは循環器です。
  • 30代男性 循環器内科 「循環器内科」
    まずは循環器内科での命に関わる疾患の否定がいいでしょう。
  • 40代男性 心療内科 「循環器内科」
    見落としによる重大な結果を招かないように、まずは循環器内科が良いと思います。
  • 40代男性 循環器内科 「循環器内科」
    息切れと動悸なら心不全・狭心症を考えるべきかと思います。
  • 60代男性 一般内科 「循環器内科」
    心不全を念頭に置いて循環器科を受診しましょう。
  • 50代男性 循環器内科 「循環器内科」
    まず不整脈の有無を調べるべきです。

「『動悸』と『息切れ』『息苦しさ』で受診する場合は循環器内科が適している」と回答した医師のコメントを見ると、命に関わるような緊急性のある病気がないかを確認したほうが良いという観点から、循環器内科を推奨しているようです。
また、循環器症状が全面に現れている場合は循環器内科の受診をすべきというコメントもありました。
主な症状が動悸や息切れの場合は、とりあえず循環器内科を受診しておいても良いかもしれませんね。
さらに、動悸と息切れは、不整脈や心不全、狭心症が疑われるため、それらを念頭において受診したほうが良いといったコメントも見られました。

少数だがその他の科や、まずはかかりつけ医に相談を推す声も

  • 50代男性 一般内科 「呼吸器内科」
    呼吸器内科が良いと思います。
  • 80代男性 一般内科    「呼吸器内科」
    呼吸器疾患の頻度が多いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「呼吸器内科」
    呼吸器疾患の鑑別は高齢者では特に大切だと思います。
  • 40代男性 一般内科 「一般内科」
    内科、循環器、呼吸器いずれでも良いと思います。
  • 60代男性 一般内科 「精神科」
    心療内科が良いと思います。
  • 30代男性 一般内科 「一般内科」
    初めてなら内科へ、精神科かかりつけでいつもと同じ症状なら精神科へ。
  • 60代女性 一般内科 「一般内科」
    更年期女性の場合は婦人科でもいいと思います。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    症状が持続するなら、まず開業医へ。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    とりあえずはかかりつけ医、近隣の先生に相談しましょう。
  • 70代男性 循環器内科 「一般内科」
    内科系どこでも良いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「循環器内科」
    順番はどこが診ても良いと思いますが、内科系の領域できちんと鑑別診断を考えて除外した上で該当診療科へお願いするべきだと考えます。
  • 60代男性 循環器内科 「循環器内科」
    多岐にわたるので、いずれでも可です。
  • 60代男性 一般内科 「一般内科」
    とりあえずどこでも良いから受診してかまわないと思います。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    まずは受診しやすい科でよいと思います。
  • 50代男性 一般内科 「一般内科」
    年代によっても違います。

「『動悸』、『息切れ』『息苦しさ』がある場合の受診に適した診療科」として、少数ですが一般内科や循環器内科以外に、呼吸器内科や心療内科、婦人科を推奨している医師もいました。
呼吸器疾患や更年期障害などの可能性もあること、年齢や性別によっても違うことが理由のようです。
また、「まずはかかりつけ医を」「とりあえずどの診療科でもかまわない」との意見もありました。
最初の受診先としては、行き慣れているかかりつけ医や、自宅近くの医療機関を選択肢とするのも良さそうです。

随伴症状がある場合は早めに受診したほうが良い

続いて、「『動悸』、『息切れ』、『息苦しさ』がある場合、どのタイミングで受診すべきか」という質問に対して、以下の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 激しい運動をしていないのに症状がある場合
  • 安静にしても症状が持続する場合
  • 症状が1か月以上続く場合
  • 動悸や息切れ、息苦しさ以外にも症状がある場合(めまい、吐き気、失神、胸痛など)
  • 冷や汗をかいているとき
  • その他

以下のグラフが結果となります。

  • 50代男性 一般内科 「すべて」
    すべて危険なサインと思われます。
  • 50代男性 一般内科 「すべて」
    重症度が高い時に受診するのが良いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「すべて」
    心疾患や肺疾患、低血糖のような救急疾患があればすぐ受診してください。  
  • 40代女性 循環器内科 「すべて」
    今までの日常生活上自覚したことのない症状で、血圧や体温などを測っても原因不明のときは受診すべきです。
  • 50代男性 一般内科 「すべて」
    どんな随伴症状であれ、できるだけ早く受診すべきだと思います。
  • 50代男性 一般内科 「すべて」
    心配なら受診したほうがいいと思います。
  • 60代男性 一般内科 「すべて」
    軽くてもまずはかかりつけ医を受診すべきです。
  • 60代男性 一般内科 「冷や汗をかいているとき」
    血圧低下などの症状があるときです。
  • 30代男性 一般内科 「安静にしても症状が持続する場合」「動悸や息切れ、息苦しさ以外にも症状がある場合(めまい、吐き気、失神、胸痛など)」
    息切れで水分なども取れない場合や、体動困難な場合には早めに受診してください。
  • 30代男性 一般内科 「冷や汗をかいているとき」
    特に冷や汗は怖いと思いますので受診していただきたいです。
  • 50代男性 循環器内科 「動悸や息切れ、息苦しさ以外にも症状がある場合(めまい、吐き気、失神、胸痛など)」
    失神や胸痛などがあれば大至急受診すべきです。
  • 40代男性 心療内科 「動悸や息切れ、息苦しさ以外にも症状がある場合(めまい、吐き気、失神、胸痛など)」
    むくみや泡沫状の痰があれば受診してください。
  • 60代男性 一般内科 「症状が1か月以上続く場合」
    1ヶ月も待たなくていいですが、症状持続するときは受診をしてください。
  • 60代男性 一般内科 「激しい運動をしていないのに症状がある場合」「安静にしても症状が持続する場合」「症状が1か月以上続く場合」「動悸や息切れ、息苦しさ以外にも症状がある場合(めまい、吐き気、失神、胸痛など)」
    上記の症状が数日続くなら、かかりつけ医に相談しましょう。
  • 60代女性 一般内科 「動悸や息切れ、息苦しさ以外にも症状がある場合(めまい、吐き気、失神、胸痛など)」
    日常生活に支障がある場合や、日常生活に支障が無くても、断続的ではなく持続する場合は、受診した方がいいと思います。
  • 40代男性 循環器内科 「激しい運動をしていないのに症状がある場合」
    症状によると思いますが、通常と異なる感じがしたら、受診したほうが良いです。

回答をした医師のコメントを見ると、「選択肢にある症状はすべて受診が必要」「日常生活上、自覚したことのない症状の場合には受診すべき」と言った意見が多数ありました。
重症な疾患の可能性もあるため、上記の症状が1つでもある場合は受診を検討しても良いかもしれません。
さらに、選択肢の症状以外にも「血圧低下」「むくみ」「泡沫状の痰」があるときは受診を勧めるとする声もありました。
また、「どのような随伴症状があるかにも関わらず、軽い症状でもまずは受診しておいたほうが良い」「症状が数日間続くなら受診すべき」とのコメントもありました。
いつもと違う症状が続いており、気になるという場合には、早めに受診するようにしましょう。

いつもと違う症状がある場合は、早めに医療機関へ受診を

今回の調査では、動悸、息切れ、息苦しさで受診する科として、5割の医師が「一般内科」を選び、約4割の医師が「循環器内科」と回答しました。
動悸や息切れを引き起こす原因は多岐にわたるため、まずは一般内科でチェックしてもらったほうが良いというコメントが多く見られましたが、命に関わるような緊急性のある病気がないかを確認したほうが良いという観点から、循環器内科を推奨するコメントも見られました。
もしかかりつけ医があれば、まずはそちらでも良いとのことです。
また、受診するタイミングについては、「安静時にも症状が持続する場合」や「激しい運動をしていないのに症状がある場合」などが上位の回答として挙げられていました。
医師のコメントによれば、胸痛やめまい、冷や汗などの随伴症状がみられたりする場合は、重症である可能性が高いとのことです。
これらの症状があるときは、急いで受診した方が良いでしょう。
そのほか、「軽い症状でも受診した方が良い」「通常と異なる感じがしたら受診を」とのコメントもありました。
動悸や息苦しさなどいつもと違う症状を感じたら、近隣の医療機関への受診を検討しましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  2. 発熱で寝られない時の適した対処法って何?一体どんな原因が考えられるの?医師524人に聞いてみました

  3. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  4. 風邪をひいている時って飲酒しても大丈夫?飲酒が与える悪影響って一体何?医師501人に聞いてみました

  5. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  6. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  7. 熱があるときにお風呂に入っても大丈夫? どんな症状のときは危険?医師523人に聞いてみました

  8. なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました

  9. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  10. 発熱だけの症状で考えられる病気って何?病院は受診した方がいいの?医師524人に聞いてみました