体内のカリウムが過剰になる原因として多いものは何?医師480人に聞いてみました

疑問に思う男性
本調査では、「体内のカリウムが過剰になる原因として多いものは何ですか?」という質問をしたところ、「腎臓の機能障害」との回答が一番多く、次に「野菜・果物の過剰摂取」、「降圧薬の服用」が続きました。「腎臓の機能障害」との回答に意見が集中し、他の回答でも「腎機能が低下している方が野菜ジュースなどを摂取するとなりやすい」「腎臓が悪い人に、考えなくARBを投与することによる場合に多い」などという意見が目立ち、腎臓の機能が低下していることは主な原因と言えそうです。他には、「腎機能が正常であればどんなに摂取してもカリウム値は上昇しない」といった意見も挙げられていました。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

「カリウム値が高いです。」と、医師から忠告を受けたことはありませんか?
栄養素として重要なカリウムですが、過剰に摂取すると体によくないようです。
一方、カリウム値が高いと言われても、その原因がわからないと対処が難しくなりますよね。
実際に忠告を受けていない方でも、主な原因を知っておくことで予防ができるかもしれません。
では、体内のカリウムが過剰になる原因として多いものは何が挙げられるのでしょうか。

そこで今回は、一般内科、総合診療科医480人に体内のカリウムが過剰になる原因として多いものは何か聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年11月16日~2018年11月19日にかけて行われ、一般内科,総合診療科医480人から回答を頂きました。

体内のカリウムが過剰になる原因として多いものは何?

「体内のカリウムが過剰になる原因として多いものは何ですか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 腎臓の機能障害
  • 野菜・果物の過剰摂取
  • 降圧薬の服用
  • 利尿薬の服用
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「腎臓の機能障害」との回答が77%と一番多く、次に「野菜・果物の過剰摂取」36%、「降圧薬の服用」29%が続きました。
どうやら食べ物の摂取よりも、本人の腎機能障害が大きな原因となるようです。
医師のコメントを見ていきましょう。

腎臓の機能障害によって、腎排泄が低下することが原因

  • 30代男性 一般内科 「腎臓の機能障害」
    前提として腎機能障害がある場合がほとんどです。
  • 40代男性 一般内科 「腎臓の機能障害」
    多いのは慢性腎不全かと思います。
  • 40代男性 一般内科 「腎臓の機能障害」
    高齢になると慢性腎障害が増えてきます。
  • 50代男性 一般内科 「腎臓の機能障害」
    食事よりも腎機能の方が影響してそうです。
  • 60代男性 一般内科 「腎臓の機能障害」
    降圧剤、利尿剤の影響は、腎臓の機能障害のある方に起こります。
  • 30代男性 一般内科 「腎臓の機能障害」
    腎機能が悪いとカリウムが貯留していきます。
  • 50代男性 一般内科 「腎臓の機能障害」
    腎機能が多少落ちています。
  • 30代男性 一般内科 「腎臓の機能障害」
    腎排泄が落ちることが最も多い原因です。
  • 40代男性 一般内科 「腎臓の機能障害」
    摂取よりも排泄の問題が大きいです。
  • 30代男性 一般内科 「腎臓の機能障害」
    腎臓病患者では腎不全が進行するとカリウム排泄能力が低下します。
  • 50代男性 一般内科 「腎臓の機能障害」
    透析患者がその典型的ですね。
  • 50代男性 一般内科 「腎臓の機能障害」
    腎機能が正常であればどんなに摂取してもカリウム値は上昇しません。

最もコメントを集めたのは、「腎臓の機能障害」です。
医師の回答を見ると「慢性腎不全が主な原因」といった意見が多数見られました。
腎臓の機能が低下してしまうと、カリウムの排泄能力が低下し、体内にカリウムが貯留してしまうようです。
「摂取よりも排泄の問題が大きい」、「腎機能が正常であればどんなに摂取してもカリウム値は上昇しない」という意見も挙がっていました。
カリウム値が高い場合、まずは腎機能の低下が疑われるのかもしれません。
また、高齢になると慢性腎障害が増えてくるようなので、定期的に病院で腎機能の検査をすることをおすすめします。

青汁や野菜ジュースが原因となる場合がある

  • 60代男性 一般内科 「野菜・果物の過剰摂取」
    過剰摂取は全てにおいて危険です。
  • 40代男性 一般内科 「野菜・果物の過剰摂取」
    野菜・果物の過剰摂取のことが多いです。
  • 60代男性 一般内科 「野菜・果物の過剰摂取」
    通常は食事摂取が多いです。
  • 40代男性 一般内科 「野菜・果物の過剰摂取」
    食事と腎臓の問題です。
  • 40代男性 一般内科 「野菜・果物の過剰摂取」
    腎機能障害が一番多いが、青汁の摂取が原因のことも多いです。
  • 40代男性 一般内科 「野菜・果物の過剰摂取」
    腎機能が低下している方が野菜ジュースなどを摂取するとなりやすいです。
  • 60代男性 一般内科 「野菜・果物の過剰摂取」
    過剰摂取と排泄障害が原因です。

次に気になったのは、「野菜・果物の過剰摂取」です。
私達が普段健康を意識して飲む青汁や野菜ジュースが原因となる場合があるという意見もありました。
また、「もともと腎機能が低下している人がなりやすい」という指摘も寄せられました。一概に青汁などを過剰摂取するだけが原因とは言えないようです。
過剰摂取と排泄障害で、体内にカリウムがたまり続けてしまうことが問題のようですね。

降圧薬の副作用が原因となる場合がある

  • 40代男性 一般内科 「降圧薬の服用」
    圧倒的に腎障害と薬剤が多いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「降圧薬の服用」
    腎保護を謳っている薬剤系統は、カリウム保持を目的としているので要注意です。
  • 50代男性 一般内科 「降圧薬の服用」
    カリウム保持性の降圧剤の影響です。
  • 60代男性 一般内科 「降圧薬の服用」
    年齢等の腎機能低下に加え、降圧薬や利尿薬の処方の副作用として生じているケースが殆どです。
  • 60代男性 一般内科 「降圧薬の服用」
    圧倒的に多いのが腎機能不全で、次に薬物としてアルダクトンAの影響が多いです。
  • 30代男性 一般内科 「降圧薬の服用」「利尿薬の服用」
    腎障害とARB・ACE-I・抗アルドステロン薬・甘草の影響が多いです。
  • 40代男性 一般内科 「降圧薬の服用」
    ARBが原因のことが多いです。
  • 60代男性 一般内科 「降圧薬の服用」
    腎臓がそこそこ悪い人に、考えなくARBを投与することによる場合に多いです。
  • 60代男性 一般内科 「降圧薬の服用」「利尿薬の服用」
    腎臓障害、ACE-I、ARB、スピロノラクトン、ソルダクトンでは見たことがあるが、頻度はわからないです。

最後に、「降圧薬の服用」を選んだ医師の回答を見ていきましょう。
まずは、いくつか薬の名称が出てきているため、概要をおさえたいと思います。

ARB薬とは

血圧を上げる作用のあるホルモン(アンジオテンシンII)を阻害することによって血圧を下げる薬。アンジオテンシンIIAT1受容体拮抗薬のことで、ARBはangiotensin receptor blockerの略である。アンジオテンシンはⅠとⅡに変換されて作用するが、降圧のためにはⅡの作用が大事であり、これと結合して働きを阻害する拮抗薬である。

引用:ARB薬 | 心臓病用語集 | 心臓病の知識 | 公益財団法人 日本心臓財団

ACE-I(ACE阻害薬)とは

血圧を上げる作用のあるホルモンを作るのに必要なアンジオテンシン変換酵素(ACE)を阻害することによって血圧を下げる薬。アンジオテンシンはアンジオテンシンⅠとⅡに変換されて血管を収縮させる。この変換を阻害することにより、血管拡張効果を得る薬である。

引用:ACE阻害薬 | 心臓病用語集 | 心臓病の知識 | 公益財団法人 日本心臓財団

スピロノラクトンとは

スピロノラクトン(アルダクトンA®)は、1978年(昭和53年)に薬価収載された、古い降圧薬です。古典的には利尿薬に分類されていますが、利尿効果はそれほど強くありません。最近では、アルドステロン拮抗薬あるいはミネラロコルチコイド受容体(MR)拮抗薬と呼ばれています。

引用:DIABETES NEWS No.136 - 東京女子医科大学 糖尿病センター

医師のコメントでは、ARB・ACE-I・スピロノラクトン・ソルダクトンといった具体的な薬剤名が挙がっており、降圧薬の中でも、カリウム保持性を持つものが影響しやすいようです。
また、腎臓が悪い人に、考えなくARBを投与する場合に起こりやすいとのコメントもありました。他の選択肢と同様に、ここでも腎機能の低下の影響が指摘されていますね。
腎機能に異常があることがわかっていて、降圧薬や利尿薬を服用する場合はカリウムに影響がないか注意した方がよさそうです。

カリウムの値が気になる方は自身の腎機能を確認しておきましょう

本調査では、「体内のカリウムが過剰になる原因として多いものは何ですか?」と質問したところ、「腎臓の機能障害」との回答が一番多く、次に「野菜・果物の過剰摂取」、「降圧薬の服用」が続きました。
多くの医師が「腎臓の機能障害」と回答したほか、「野菜・果物の過剰摂取」「降圧薬の服用」など他の回答を選択した医師も腎臓の機能が低下しているとなりやすいことを指摘していました。
腎臓の機能が低下していると、腎排泄が上手くいかず、体内にカリウムが貯留した結果、カリウムの値が上がってしまうようです。
具体的な食材としては、青汁や野菜ジュースが挙がっていました。腎臓が悪い方は、体に良いからといって、摂りすぎないように摂取量には注意したほうが良いかも知れません。
その他の影響としては一部の降圧薬・利尿薬の副作用でカリウムが過剰になることも挙げられていました。どの原因をとっても、まずは、自身の腎機能を把握しておくことが、1つの予防策として考えられるかも知れませんね。

ツイート
この記事の著者

関連する記事