患者さん自身ができる寒気の対処法として適しているものは何?医師519人に聞いてみました

体調のすぐれない女性
本調査では、「患者さん自身ができる寒気の対処法として適しているものはなんですか?」という質問をしたところ、「重ね着などで暖かくする」「温かい食べ物、飲み物を摂取する」が共に一番多く、「水分補給をたくさんする」が続きました。医師のコメントでは、「体温を逃さないこと」が重要であると指摘されていました。そのため、「重ね着などで暖かくする」ことが推奨されています。また、温かい「うどん」や「スープ」などを摂ることで、体温も上昇すると考えられているようでした。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

寒気の症状が現れて、困っている方はいるのではないでしょうか。
寒気の改善のために、既に様々な対処法をとっている方もいるかもしれません。
なかなか寒気の症状が改善できない方々であれば尚更、医師が推奨する寒気への効果的な対処法が気になりませんか。

そこで今回は、一般内科、総合診療科医519人に患者さん自身ができる寒気の対処法として適しているものは何か聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年11月4日~2018年11月5日にかけて行われ、一般内科、総合診療科医519人から回答を頂きました。

患者さん自身ができる寒気の対処法として適しているものは何?

「患者さん自身ができる寒気の対処法として適しているものはなんですか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 温かい食べ物、飲み物を摂取する
  • 重ね着などで暖かくする
  • 水分補給をたくさんする
  • 首の後ろを温める
  • 解熱剤を飲む
  • 深呼吸をする
  • 入浴をする
  • 特になし
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「重ね着などで暖かくする」「温かい食べ物、飲み物を摂取する」が共に64%と一番多く、「水分補給をたくさんする」が32%で続きました。
まずは、重ね着をしたり、温かいものを飲んだりするなどして、身体を暖めることが大切なようです。
それでは医師のコメントを見ていきましょう。

体温を逃さないことが大切

  • 60代男性 一般内科 「重ね着などで暖かくする」
    体を暖めるのが一番です。
  • 50代男性 一般内科 「重ね着などで暖かくする」
    体温低下なら一番効果があります。
  • 60代男性 一般内科 「重ね着などで暖かくする」
    温かくして安静を保ちましょう。
  • 50代女性 一般内科 「重ね着などで暖かくする」
    体温を逃がさないようにします。
  • 30代男性 一般内科 「重ね着などで暖かくする」
    保温が有効なことが多いです。
  • 50代男性 一般内科 「重ね着などで暖かくする」
    汗がある場合は汗を拭いたほうがいいです。
  • 70代男性 一般内科 「重ね着などで暖かくする」
    発熱当初は何をしても無駄ですが、いわゆる布団蒸し状態にし、落ち着いたら水分摂取しましょう。
  • 30代男性 一般内科 「重ね着などで暖かくする」
    寒気があれば暖めて下さいと説明しています。
  • 50代男性 一般内科 「重ね着などで暖かくする」
    重ね着は簡単でよいと思います。
  • 50代男性 一般内科 「重ね着などで暖かくする」
    温かくして早く寝ることです。

医師の回答を見ると、全体的に「体温を逃さないことが大切」といった趣旨の意見が多数挙がっていました。
寒気を訴える患者さんには、まず「暖めてください」と説明する医師もいるようで、体温を逃さないことの重要性がわかります。
また、「汗がある場合は汗を拭く」という意見も挙がっており、汗が冷えることで体温が奪われないようにする対処も大切なようです。
他にも、「いわゆる布団蒸し状態にし、落ち着いたら水分摂取する」という具体的な手順を提示してくれている医師もいました。
寒気を感じたらまずは、重ね着や布団に入るなど暖かくしてみるといいかもしれませんね。

体が冷えないように、温かい飲み物を飲むと良い

  • 60代男性 一般内科 「温かい食べ物、飲み物を摂取する」
    一番これがいいと思います。
  • 60代男性 一般内科 「温かい食べ物、飲み物を摂取する」
    身体が冷えないようにして、温かい飲み物を飲むといいでしょう。
  • 50代男性 一般内科 「温かい食べ物、飲み物を摂取する」
    物理的に体温があがります。
  • 60代男性 一般内科 「温かい食べ物、飲み物を摂取する」
    まずは食事と脱水予防が大切です。
  • 40代男性 一般内科 「温かい食べ物、飲み物を摂取する」
    糖分を補給すると体温が上昇します。
  • 40代男性 一般内科 「温かい食べ物、飲み物を摂取する」
    食べ物も重要であると思います。
  • 40代男性 一般内科 「温かい食べ物、飲み物を摂取する」
    うどんがありがたいです。
  • 30代女性 一般内科 「温かい食べ物、飲み物を摂取する」
    スープなどが良いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「温かい食べ物、飲み物を摂取する」
    着込んでも入浴しても寒気を感じる患者さんに対してはすすめます。
  • 50代男性 一般内科 「温かい食べ物、飲み物を摂取する」
    暖かくして寝ることだと思います。

続いて、温かい食べ物・飲み物を摂ることも推奨されていました。
中でもコメントで気になったのは「糖分を補給すると体温が上昇する」との意見です。具体的な例として、「うどんがありがたい」「スープなどが良い」といった意見がありました。
「着込んでも入浴しても寒気を感じる人に対してすすめる」という意見があるように、外側から暖めても効果が見られない方は、温かい飲み物や食べ物を摂取して、内側から暖めてみてはいかがでしょうか。

脱水改善のために水分補給をする

  • 40代男性 一般内科 「水分補給をたくさんする」
    水分補給は基本と思います。
  • 60代男性 一般内科 「水分補給をたくさんする」
    水分補給が肝要です。
  • 50代男性 一般内科 「水分補給をたくさんする」
    とにかく水分補給をして、とにかく寝ることが大切です。
  • 40代男性 一般内科 「水分補給をたくさんする」
    水分補給はすべきですが、悪寒のときに冷たいものは飲めないですよね。常温から白湯を飲みましょう。
  • 60代男性 一般内科 「水分補給をたくさんする」
    その後の発熱に備えて水分補給をしましょう。
  • 40代男性 一般内科 「水分補給をたくさんする」
    暖かくして、水分補給をすると良いと思います。
  • 50代女性 一般内科 「水分補給をたくさんする」
    実際には発熱、脱水していることが多いので水分補給をしたほうが良いです。
  • 50代男性 一般内科 「水分補給をたくさんする」
    脱水改善をし、内部から暖めましょう。

最後にコメントで気になったのは、「水分補給が基本」との意見です。
実際には発熱、脱水している場合があるため、水分補給を行うほうが良いとする医師のコメントがみられました。
また、水分補給の際は、「常温から白湯」などのなるべく温かいものを選ぶと好ましいという意見も挙がっています。
他にも、水分補給に付随して「暖かくすること」「とにかく寝ること」が対処法として挙げられていました。
個々の状態にもよりますが、適切な対処をとることで、悪化を防ぐ手立てになるかもしれません。

寒気を感じた際は、身体を温めることを考えましょう

本調査では、「患者さん自身ができる寒気の対処法として適しているものはなんですか?」と聞いたところ、「重ね着などで暖かくする」と「温かい食べ物、飲み物を摂取する」が共に一番多く、「水分補給をたくさんする」が続きました。
寒気を感じたときは、重ね着や温かいお風呂に浸かって外側から暖める方法と、温かい飲み物や食べ物で内側から暖めてみる方法があるようです。
医師のコメントでは、「糖分を含む食べ物」や「温かいスープ」などが推奨されていました。
また、実際には発熱や脱水している場合があるため、しっかり水分補給をすることも大切だという意見もありました。
水分補給を行う場合は、特に常温から白湯などの身体を冷やさない温度の飲み物を飲むと好ましいようです。
寒気が出た方は、上記の対処を試してみてはいかがでしょうか。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事