体重を減らす効果的な方法とは?医師504名に聞いてみました

やる気ポーズをする女性
本調査の結果、「体重を減らすのに効果的な方法は何ですか」という質問に対し、「朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」、「薄味、腹八分目に慣れる」、「食事はゆっくり、よく噛む」の順で回答を集めました。「朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」と回答した医師からは、基礎代謝を落とさない程度に、とにかく食べる量を減らし、摂取カロリーを落とすことが良いとのことでした。また、「ものではなく、口に入れる回数を減らしていけば良い」との声も。続いて「薄味、腹八分目に慣れる」との回答からは、食事の量と内容は大切で、なかでも繊維質を多く摂るのが良いとのアドバイスを頂きました。最後に、「食事はゆっくり、よく噛む」と答えた医師からは、噛むと満腹中枢が刺激されることなどが理由として挙げられました。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

体重を減らす方法として、インターネット上では運動をすることや食事制限、糖質制限や朝バナナダイエットといった様々な情報が出回っています。
しかし、どのような方法にもメリット・デメリットがあるようで、何をすればいいのかわからないという方も少なくないでしょう。
では、医師の方々は体重を減らすにはどんな方法が適していると考えているのでしょうか。

そこで今回は、「体重を減らす効果的な方法」について、一般内科医、総合診療科医、代謝・内分泌科医、健診・予防医学医計504名の医師に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https:/ /medpeer.jp/)にて、2018年12月11日〜12月12日にかけて行われ、一般内科医、総合診療科医、代謝・内分泌科医、健診・予防医学医の504名から回答を頂きました。

体重を減らす効果的な方法とは?

「体重を減らす効果的な方法は何ですか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらいコメントを頂きました。

  • 朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする
  • 薄味、腹八分目に慣れる
  • 食事はゆっくり、よく噛む
  • 有酸素運動
  • 規則正しい生活を送る
  • 毎日体重をはかる
  • 筋力トレーニング
  • 食事の際、量より品数を増やす
  • ストレスを溜めない
  • その他

以下が結果となります。

 

集計の結果、体重を減らす効果的な方法として、「朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」との回答が最多で回答されました。
次に「薄味、腹八分目に慣れる」、「食事はゆっくり、よく噛む」が続いています。
それぞれの回答をした医師のコメントを見てみましょう。

朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くすると回答した医師

  • 50代男性 代謝・内分泌科 「朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」
    とにかく食べないことです。
  • 60代男性 代謝・内分泌科 「朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」
    体重を減らす方法は減量のみです。
  • 60代男性 一般内科 「朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」
    間食行為を減らします。ものではなく、口に入れる回数を減らしていけば良いと思います。
  • 40代男性 一般内科 「朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」
    基礎代謝を落とさないようにしながら摂取カロリーを減らすのが良いでしょう。
  • 60代男性 一般内科 「朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」
    夕食の炭水化物を半分にすると良いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」
    食事量(特に糖質)を減らして満足感の得られる食事を行なうしかありません。
  • 60代男性 一般内科 「朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」
    それと、やはりアルコールを控えることです。

「朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」と回答した医師からは、とにかく食べる量を減らし、摂取カロリーを落とすとの意見が共通して見られました。
しかし、なかには「基礎代謝を落とさないように」と付け加えた医師もいることから、極端に減らさないよう気をつけた方が良さそうです。
また、「ものではなく、口に入れる回数を減らしていけば良い」との声も。間食をしないことも体重を減らすのに効果的なようですね。
そのほか、「夕食の炭水化物を半分にする」、「糖質を減らして満足感の得られる食事を行なう」、「アルコールを控える」などの方法が挙げられました。ご自身でやりやすいものから試してみてはいかがでしょうか。

薄味、腹八分目に慣れる回答した医師

  • 50代男性 一般内科 「薄味、腹八分目に慣れる」
    繊維質を多く摂るのが良いです。
  • 50代女性 一般内科 「薄味、腹八分目に慣れる」
    食事の量と内容は大切です。
  • 30代男性 代謝・内分泌科 「薄味、腹八分目に慣れる」
    摂取を減らすのが効果的です。
  • 60代男性 一般内科 「薄味、腹八分目に慣れる」
    エネルギー不変の法則により、摂取カロリーを減らすことです。
  • 50代男性 総合診療科 「薄味、腹八分目に慣れる」
    量を食べないのが一番です。間食もダメです。
  • 40代男性 代謝・内分泌科 「薄味、腹八分目に慣れる」
    規則正しい生活や、薄味、腹八分目に慣れることだと思います。

「薄味、腹八分目に慣れる」との回答からは、「食事の量と内容は大切」といったほか、「繊維質を多く摂るのが良い」とのアドバイスを頂きました。
ほかにも「間食をしない」など、他の回答をした医師と同じ意見も見られました。
日頃間食しがちな人は、食生活を改めると効果があるかもしれませんね。

食事はゆっくり、よく噛む回答した医師

  • 50代男性 一般内科 「食事はゆっくり、よく噛む」
    食べる順番も大事だと考えています。
  • 50代男性 一般内科 「食事はゆっくり、よく噛む」
    一度にドバッと食べないように極度な空腹状態にしないように、炭水化物の少ない間食を許しましょう(ナッツ類、チーズ等を間食にして良い)。
  • 40代男性 総合診療科 「食事はゆっくり、よく噛む」
    噛むと満腹中枢が刺激されると聞いたことがあります。
  • 50代男性 一般内科 「食事はゆっくり、よく噛む」
    ゆっくり食べ、早食いは避けましょう。
  • 40代男性 代謝・内分泌科 「食事はゆっくり、よく噛む」
    食事の占める部分が非常に大きいです。

「食事はゆっくり、よく噛む」と答えた医師のコメントを見ると、一度にドバッと食べないようにすること、噛むと満腹中枢が刺激されることなどが挙げられました。
また、ゆっくり食べるための方法として、極度な空腹状態にしないよう、ナッツ類やチーズ等の炭水化物の少ない間食を許すことも効果的といった具体的なアドバイスもみられました。

体重を減らすには、夕食を軽くし、よく噛んで腹八分目に抑えることが大切

本調査によれば、体重を減らす効果的な方法は、「朝、昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」が最も多く回答され、「薄味、腹八分目に慣れる」、「食事はゆっくり、よく噛む」がその後に続きました。
「朝・昼食はしっかり摂り、夕食は軽くする」と回答した医師からは、基礎代謝を落とさない程度に食べる量を減らす、間食をしないことで摂取カロリーを落とすことが良いとのことでした。
夕食の炭水化物を半分にすることやアルコールを控えるといった具体的なアドバイスも頂いたので、ぜひ参考にしてください。
続いて「薄味、腹八分目に慣れる」との回答からは、量を食べないことが一番であるとの見解が見られました。
また他の回答と同様、間食をしないことも重要で、さらに、繊維質を多く摂るのも良いとのコメントが寄せられています。
最後に、「食事はゆっくり、よく噛む」と答えた医師のコメントからは、一度にドバッと食べないようにすること、噛むと満腹中枢が刺激されることなどが挙げられていました。
自分に合った方法を実践し、目標体重を目指していきましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 風邪で声が出ない場合の対処法って何?医師504人に聞いてみました

  2. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  3. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  4. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  5. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  6. 妊娠したら、いつ頃赤ちゃんの性別がわかるの?産婦人科医160人に聞きました

  7. 出産直前の兆候にはどんなものがあるの?産婦人科医150人に聞いてみました!

  8. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  9. 風邪をひいている時って飲酒しても大丈夫?飲酒が与える悪影響って一体何?医師501人に聞いてみました

  10. 赤ちゃんの下痢と粘液便、受診が必要な症状とは?小児科医240人に聞いてみました