【関西医大総合医療センター】院外処方箋の全面発行中止‐門前中心分業に「メリット感じず」 : 薬事日報ウェブサイト

【関西医大総合医療センター】院外処方箋の全面発行中止‐門前中心分業に「メリット感じず」 : 薬事日報ウェブサイト
外部PICK
続きを読む

医師のコメント

  • 目々澤 肇
    医薬分業をすすめ、結局医院・病院は投薬に関する最終的裁量権をなくした。ジェネリックの横行もそのひとつ。確かに薬剤在庫をおかなくて良いため、自分で「出したい」と思ったクスリはいつでも処方を書くことが出来るが、それは果たして良いことだったのか。関西医大総合医療センターのこの判断は自分たちの過去を考え直すきっかけとなっている。ただ、普通の開業医の分際では「元に戻る」なんてことは夢のまた夢だが。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事