野菜不足によって起こる身体の不調とは?野菜不足の解消のために野菜ジュースを飲むことは推奨できる?医師527人に聞いてみました

野菜の画像
本調査では、まず野菜不足によって生じる体の症状には何がありますか?と聞いたところ、「便秘」との回答が一番多く、次に「肌荒れ」、「体重増加」が続きました。主に、食物繊維が不足すると便秘が起こり、ビタミンやミネラルが不足すると肌荒れが起こり、脂質のとりすぎで体重増加が起こるとしています。また、野菜不足の解消のために野菜ジュースを飲むことは推奨できますか?という質問については、「推奨できる」と回答している医師が一番多く、次に「どちらでもない」、「あまり推奨できない」が続きました。ジュースの方が栄養素を取りやすかったり、成分が凝縮されていたりすることから、野菜ジュースは野菜の代替として推奨する声がみられました。一方、繊維が補給できない、不要な添加物の問題などから、「どちらでもないが無いよりまし」といった意見も挙がりました。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

毎日、仕事で忙しかったり、一人暮らしで外食が増えたりすると、どうしても野菜不足になりがちですよね。
野菜は摂ったほうが良いと感じていながらも、意識しないとなかなか摂れないものです。
では、野菜不足が続いてしまうと体にどんな不調を来たすのでしょうか。
また、その野菜不足解消のために野菜ジュースが適しているのであれば、生活の中に積極的に取り入れたいですよね。

そこで今回は、一般内科、総合診療、代謝・内分泌科、健診・予防医学医527人に、野菜不足によって生じる体の症状には何があるのか、また野菜不足の解消のために野菜ジュースを飲むことは推奨できるのか聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年11月25日~2018年11月26日にかけて行われ、一般内科、総合診療、代謝・内分泌科、健診・予防医学医527人から回答を頂きました。

野菜不足で生じる体の症状には何がある?

まずは、「野菜不足によって生じる体の症状には何がありますか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。 

  • 便秘
  • 肌荒れ
  • 体重増加
  • イライラ
  • 肩こり
  • 貧血
  • 無症状
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「便秘」との回答が73%と一番多く、次に「肌荒れ」、「体重増加」が続きました。
「便秘」・「肌荒れ」の医師からの支持が特に高く、野菜不足で体に生じる症状の中でも代表的なものと考えられそうです。
では早速、回答してくれた医師のコメントを見ていきましょう。

水溶性食物繊維が不足すると便秘になる可能性がある

  • 60代男性 一般内科 「便秘」
    野菜不足は体が悲鳴を上げます。
  • 50代男性 一般内科 「便秘」
    食物繊維摂取量が減って便秘がちになる可能性はあると思います。
  • 60代男性 一般内科 「便秘」
    水溶性繊維が不足するとなりそうです。
  • 50代男性 一般内科 「便秘」「貧血」
    ビタミン不足も原因の一つとなります。
  • 50代男性 一般内科 「便秘」
    腸内細菌の異常の原因にはなるかも知れません。
  • 40代男性 一般内科 「便秘」
    食物繊維の不足から便秘になると思います。その他、腸内細菌の変調により多くの疾患に関与すると思います。
  • 40代男性 一般内科 「便秘」「体重増加」
    便秘から大腸がんのリスクが高まると思われます。
  • 50代男性 一般内科 「便秘」
    私も実際に野菜不足で便秘で苦しんだことがあります。
  • 60代男性 一般内科 「便秘」
    腸内の水分保持には野菜が必要です。
  • 50代男性 一般内科 「便秘」
    便秘の場合、繊維をとるように指導します。
  • 50代男性 一般内科 「便秘」「体重増加」
    便秘解消には、繊維質の多い野菜を取ることが重要です。

一番多く回答を集めたのは、「便秘」との意見でした。
医師のコメントによれば、野菜の摂取量が減ると共に、食物繊維の摂取量が減り、便秘になりやすいようです。特に、水溶性繊維が不足すると便秘になりやすいという意見が挙がっていました。
また、野菜不足で腸内細菌のバランスが崩れたり、大腸がんなど多くの疾患のリスクが高まったりするとの指摘もみられます。
中には、「実際に野菜不足で苦しんだ」という実体験をコメントしてくれた医師もいました。
なお、便秘の改善には、腸内の水分保持が必要とのことで、そのためにも繊維質の多い野菜を積極的に摂ることが大事なようです。

ビタミン・ミネラルが不足すると肌荒れが起きる

  • 30代女性 一般内科 「肌荒れ」
    ビタミン不足による肌荒れがあります。
  • 40代男性 一般内科 「肌荒れ」
    ビタミン不足による肌の質の低下があります。
  • 50代男性 一般内科 「肌荒れ」「貧血」
    ビタミンやミネラル不足による症状があると思います。
  • 40代女性 一般内科 「肌荒れ」「体重増加」
    様々な症状が急性及び慢性に影響すると思います。
  • 60代男性 一般内科 「肌荒れ」「肩こり」「イライラ」
    ダイエットのための栄養バランスの偏りや運動不足が影響します。
  • 50代女性 一般内科 「肌荒れ」「体重増加」
    ビタミン不足などからくる問題と、その分他の栄養素に偏るという問題とがあるかと思います。
  • 70代男性 一般内科 「肌荒れ」「肩こり」「イライラ」「貧血」
    野菜が不足すると、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEをはじめとする身体に大切なビタミン類、ミネラルや食物繊維、またミネラルの中でもカルシウムや鉄などが不足します。
  • 40代男性 一般内科 「肌荒れ」
    サプリでも不十分な感じはあります。

次に回答で多かったのは、「肌荒れ」との意見でした。
野菜不足に伴うビタミン不足が原因で、肌荒れ・肌の質の低下に繋がってしまうようです。
また、野菜不足の場合、ビタミンだけではなく、ミネラルも不足してしまうとのことで、具体的にはビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類、カルシウム・鉄などのミネラル類、食物繊維が挙がっていました。
これらの不足に付随する症状が出てくるようで、急性及び慢性に影響があると言われています。
栄養素を補う簡易的な方法として、サプリメントなどがありますが、それだけでは不十分だという指摘もありました。そのため、日頃から積極的に野菜を食べることが重要なのかも知れません。

野菜不足の解消に野菜ジュースを飲む事は推奨できる?

続いて「野菜不足の解消のために野菜ジュースを飲むことは推奨できますか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 大いに推奨できる
  • 推奨できる
  • あまり推奨できない
  • 全く推奨できない
  • どちらでもない

以下のグラフが結果となります。

こちらの調査では、「推奨できる」と回答している医師が39%と一番多く、次に「どちらでもない」、「あまり推奨できない」が続きました。
「推奨できる」との回答が多くなってはいますが、全体的に意見が分散しているのが分かります。
それでは医師のコメントを見ていきましょう。

簡単で飲みやすいため推奨できるが、注意事項がある

  • 60代男性 一般内科 「推奨できる」
    簡単な方法です。
  • 50代男性 一般内科 「推奨できる」
    なかなか野菜が取れない代替としてはあると思います。
  • 50代男性 一般内科 「推奨できる」
    野菜ジュースも最近は良い物が多いです。
  • 50代男性 一般内科 「推奨できる」
    できれば自分で作ったスムージーが良いと思いますが、市販でも無いよりはましでしょう。
  • 50代男性 一般内科 「推奨できる」
    飲みやすく野菜不足を補うので勧められます。
  • 60代男性 一般内科 「推奨できる」
    ジュースは栄養素などが摂りやすいそうです。
  • 50代女性 一般内科 「推奨できる」
    糖分が入っているとその問題も出ますが、そうでなければ推奨できます。野菜の場合調理の仕方によっては失われてしまう栄養素がありますが、ジュースの場合多く取れるケースもあります。
  • 60代男性 一般内科 「推奨できる」
    野菜成分が濃縮されているのだから不足解消にはなります。
  • 50代男性 一般内科 「推奨できる」
    ビタミンは取れると思います。
  • 60代男性 一般内科 「推奨できる」
    取らないよりはましですが、繊維は期待できません。
  • 40代女性 一般内科 「推奨できる」
    飲みすぎは高カリウム血症の原因になるため注意が必要です。
  • 40代女性 一般内科 「推奨できる」
    糖分に注意すれば良いと思います。
  • 30代女性 一般内科 「推奨できる」
    カロリーオーバーに注意が必要です。
  • 30代女性 一般内科 「推奨できる」
    塩分に注意すれば良いでしょう。
  • 60代男性 一般内科 「推奨できる」
    ある程度は推奨できますが、できれば生もしくは温野菜を同時に摂取することが望ましいです。

一番多く回答を集めたのは、「推奨できる」との意見でした。
まず、野菜ジュース推奨する理由として「簡単な方法だから」という意見が挙げられました。
忙しい・外食が多いといった理由で野菜不足の方が、野菜の代替として利用すると良いようです。
次に、最近の野菜ジュースは飲みやすく、野菜成分が凝縮されているなど、手軽なだけでなく栄養もしっかり備わっていることが勧められる理由のようです。
また、「野菜の場合、調理の仕方によっては失われてしまう栄養素がある。しかし、ジュースの場合、栄養素を多く取れるケースもある」という考えもあるようです。
ただ、野菜ジュースを摂取する際、カリウム・塩分・糖分・カロリーなどの摂取量に注意する必要があり、野菜不足の改善に適しているからと言って、一度に大量に摂取することは控えたほうが良さそうです。
野菜ジュースにもいろいろな種類がありますので、購入する際にはその成分表示などを確認すると良いかもしれません。

飲まないよりかはましな程度

  • 60代男性 一般内科 「どちらでもない」
    飲まないよりもいいかなという程度です。
  • 50代男性 一般内科 「どちらでもない」
    多少は代替になると思いますが、どちらでもないです。
  • 30代男性 一般内科 「どちらでもない」
    野菜摂ったことにはならないと思います。
  • 60代男性 一般内科 「どちらでもない」
    できれば野菜を食べるほうが良いです。
  • 50代男性 一般内科 「どちらでもない」
    野菜ジュースを続けるには、習慣化しないと困難でしょう。
  • 50代男性 一般内科 「どちらでもない」
    悪くはないですが根本的な解決にはならないです。
  • 50代男性 一般内科 「どちらでもない」
    市販の野菜ジュースの効果は疑問です。野菜をブレンダーで粉砕・液状にしたスムージーは推奨できます。
  • 50代男性 一般内科 「どちらでもない」
    ビタミンなどは補給できると思いますが、繊維はあまり補給できないのではないでしょうか。
  • 60代男性 一般内科 「どちらでもない」
    100%野菜ジュースなら大丈夫でしょうが、品質のばらつきがあるのでしょう。
  • 40代男性 一般内科 「どちらでもない」
    意外と糖分や塩分を多く含むものがあるので注意が必要です。
  • 40代男性 一般内科 「どちらでもない」
    ものによると思います。不要な添加物が多いものは推奨できません。
  • 60代男性 一般内科 「どちらでもない」
    カロリーが問題なければ悪くはないです

次に回答で多かったのは、「どちらでもない」との意見でした。
まず、多く挙がった意見として「飲まないよりはまし」というものでした。
野菜ジュースは、多少は野菜の代替えとはなりますが、それだけで野菜を十分に摂ったということにはならないそうです。
また、ビタミンは補給できても、繊維は補給できない可能性も指摘されていました。
そのため、野菜ジュースが野菜不足の根本的な解決になることは考えにくいとしています。
次に、市販の野菜ジュースに関してですが、糖分・塩分を多く含むものがあったり、不要な添加物が多かったりするものもあるため、摂取する場合は、100%の野菜ジュースが好ましいようです。
特に、野菜をブレンダーで粉砕・液状にしたスムージーならば推奨できるという意見も挙がっています。
野菜ジュースは品質にばらつきがあるとの指摘も見られたので、購入する際には成分表示などを確認すると良いかもしれません。

野菜不足は、便秘・肌荒れを引き起こす。野菜ジュースは、あくまで補うものという位置づけ

本調査では、まず野菜不足によって生じる体の症状には何があるかという質問に対しては、「便秘」との回答が一番多く、次に「肌荒れ」、「体重増加」が続きました。
便秘との回答では、水溶性食物繊維が不足することにより、便秘になるという意見が挙がりました。
また、野菜不足で腸内細菌のバランスが崩れたり、大腸がんなど多くの疾患のリスクが高まったりするとの指摘もありました。
一方、肌荒れと回答した医師によると、ビタミンやミネラルが不足することにより、肌荒れや、肌質の低下が起こる恐れがあるとのことでした。
続いて、野菜不足の解消のために野菜ジュースを飲むことは推奨できるかという質問に対しては、「推奨できる」と回答している医師が一番多く、次に「どちらでもない」、「あまり推奨できない」が続きました。
「推奨できる」と回答した医師は、その手軽さや、飲みやすさに着目しており、「野菜の代替として利用できる」という意見が挙がりました。しかし、カリウムや、塩分などの摂取量に注意が必要としています。
一方、「どちらでもない」と回答した医師からは、「それを飲んだことで野菜を摂ったことにはならない」や、「根本的な解決にはならない」などの厳しい意見が多く挙がりました。
野菜不足は、便秘や肌荒れをはじめとして、様々な病気を引き起こす因子となり得ます。
野菜不足を一時的に補う方法として100%の野菜ジュースやスムージーを摂ることは医師から推奨されていますが、可能であれば生野菜や温野菜も普段から意識して摂るよう心がけましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事