めまいの症状で多い病気って一体何?医師538人に聞いてみました

目頭を押さえる男性
本調査では、めまいを主訴とする患者の疾患で多いものは何か聞いたところ、「良性発作性頭位変換性めまい」との回答が一番多く、次に「メニエール病」、「更年期障害」が続きました。特に「良性発作性頭位変換性めまい」に対して多くの医師の支持が集まる結果となりました。頻度としては、「良性発作性頭位変換性めまい」が一番多いようで、めまいの症状に回転感がある時などは、まずはこれを疑ってみてもいいようです。また、めまいの症状が辛く、症状に反復性もある場合は、「メニエール病」の可能性もあるそうです。症状が辛い場合は、病院の受診も検討しましょう。
めまい
イシコメ運営事務局

私たちの日常生活を妨げる症状の一つに、めまいが挙げられると思います。
朝起きた時や立ち上がる時、重い荷物を持ち上げる時など、めまいはいきなり起こります。
突然のめまいに焦る方も多いのではないでしょうか。
また激しいめまいや、頻度の多いめまいの際には、何か病気にかかっているのではと、不安になる方も居ると思います。

そこで今回は、一般内科、耳鼻咽喉科、神経内科、脳神経外科医538人に、めまいを主訴とする患者の疾患で多いものは何か聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年3月8日~2018年3月9日にかけて行われ、一般内科、耳鼻咽喉科、神経内科、脳神経外科医538人から回答を頂きました。

めまいの症状のある病気で多いものは何?

「めまいを主訴とする患者の疾患で多いものは何ですか」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 良性発作性頭位変換性めまい
  • メニエール病
  • 更年期障害
  • 前庭神経炎
  • 脳卒中(脳梗塞、脳出血)
  • 突発性難聴
  • 高血圧
  • 椎骨脳底動脈循環不全
  • 貧血
  • 聴神経腫瘍
  • てんかん
  • 薬の副作用
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「良性発作性頭位変換性めまい」との回答が72%と一番高く、次に「メニエール病」、「更年期障害」が続きました。
上位2つ、特に「良性発作性頭位変換性めまい」に対して多くの医師の支持が集まる結果となりました。
まず上位の病気の概要をおさえてから、医師のコメントを見ていきましょう。

良性発作性頭位変換性めまいとは

良性発作性頭位めまい症とは、その名前の通り、発作的に突然、頭の位置を変えた時におこる良性のめまいのことです。生命の危険がなく、後遺症も残らず、治療をしなくても自然と軽快することも多く、ぐるぐるまわるようなめまいの原因として一番多いとされています。

引用:良性発作性頭位めまい症|長寿科学振興財団

メニエール病とは

典型的なメニエール病は(1)回転性めまい(2)難聴(3)耳鳴りが連動して起こるもので、一回のめまい発作が約30分から6時間程度続きます。30歳から50歳に多く、子供では稀です。めまい発作は不定期に繰り返し、往々にして精神的ストレスや過労時が発作の誘因となります。

引用:メニエール病|京都大学医学部附属病院

めまいの多くは、良性発作性頭位変換性めまい

  • 50代男性 一般内科 「良性発作性頭位変換性めまい」
    指鼻テスト、眼振、片足立ち、麻痺の有無などを確認する事が大事です。
  • 60代男性 脳神経外科 「良性発作性頭位変換性めまい」
    ほとんどは良性発作性頭位変換性めまいだと思っています。
  • 50代男性 一般内科 「良性発作性頭位変換性めまい」
    救急搬送されるめまいの大半は頭位性めまいですね。
  • 60代男性 一般内科 「良性発作性頭位変換性めまい」
    良性発作性頭位変換性めまいが多く、軽ければ内服で、強い場合はメイロンの点滴をする事が多いです。
  • 40代女性 耳鼻咽喉科 「良性発作性頭位変換性めまい」
    めまいを主訴とする患者の疾患で多いものは良性発作性頭位変換性めまい、もしくははっきり病名のつかないものが多いです。
  • 50代男性 一般内科 「良性発作性頭位変換性めまい」
    めまいに回転感がある時はまずこれです。
  • 50代女性 一般内科 「良性発作性頭位変換性めまい」
    繰り返す事が多いです。要因は春先、秋口のストレスなどです。
  • 50代男性 一般内科 「良性発作性頭位変換性めまい」
    いつの間にか治る人と、全然治らない人の二つに分けられるような気もします。
  • 50代男性 一般内科 「良性発作性頭位変換性めまい」
    良性発作性頭位変換性めまい が45%を占めていました。
  • 50代男性 耳鼻咽喉科 「良性発作性頭位変換性めまい」
    特に回転性のめまいでは大半がこれです。
  • 30代男性 一般内科 「良性発作性頭位変換性めまい」
    ほとんどが自然軽快します。
  • 50代男性 一般内科 「良性発作性頭位変換性めまい」
    ほとんどが良性発作性頭位変換性めまいです。目眩以外の症状がみられる時は特に注意を払います。

医師の回答を見ると、「良性発作性頭位変換性めまい」との声が多数挙がっていました。
めまいという症状がある場合、大半は良性発作性頭位変換性めまいと答える医師のコメントがありました。
また、45%は良性発作性頭位変換性めまいと具体的な割合を提示されている医師もいました。
特に回転性のめまいの場合は、良性発作性頭位変換性めまいであることが多いそうです。
症状は自然軽快することが多いとの指摘もあり、あまり重く考える疾患ではなさそうですね。
治療方法としても、症状が軽ければ内服で済み、強い場合でもメイロンの点滴の処方が一般的とのコメントがありました。
 一方で、症状を繰り返すことが多いとの指摘もありましたので、油断しないようにしましょう。
ストレスを要因に春先、秋口に起こることが多いようですので、心あたりがある方は日々の生活の見直してみてはどうでしょうか。
指鼻テスト、眼振、片足立ち、麻痺の有無などの確認が大事との声もあり、心配な方は病院を受診し確認してもらうとよさそうですね。

めまいと言えばメニエール病。反復性もある

  • 40代男性 一般内科 「メニエール病」
    メニエール病が多いです。メニエール病を理由に仕事を休む人もいました。
  • 50代男性 一般内科 「メニエール病」
    メニエール病の方が繰り返し来る事が多いです。
  • 60代男性 一般内科 「メニエール病」
    数としては多いです。それは反復するためです。
  • 40代男性 一般内科 「メニエール病」
    メニエール病が圧倒的に多く、前庭神経炎、良性発作性頭位変換性めまいもそれに続き、精神疾患(うつや身体表現性障害など)による事も多いです。
  • 30代女性 一般内科 「メニエール病」
    メニエールにめまいは必須です。
  • 50代女性 一般内科 「メニエール病」
    内服薬や注射薬で落ち着きます。
  • 60代男性 一般内科 「メニエール病」
    メニエール病はめまいの代名詞だと思います。

次にコメントで多かったのは、「メニエール病」との意見です。
頻度としても多く、反復してしまうことがあるようです。症状も辛いようで、仕事を休まざるをえなかったケースもあるといった医師のコメントもありました。
また、めまいといえば「メニエール病」の名前が挙がるぐらい、代表的な病気だそうです。
症状については内服薬や注射薬で落ち着くそうなので、めまいが辛い際は、病院を受診するようにしましょう。

高血圧や薬の副作用の場合もある

  • 50代女性 一般内科 「高血圧」
    血圧が200を超えると危ないです。
  • 60代男性 一般内科 「高血圧」
    一時的な血圧上昇によるものは多いです。
  • 50代男性 一般内科 「高血圧」
    血圧上昇にともなうものが一番多い気がします。
  • 50代男性 一般内科 「高血圧」「メニエール病」「良性発作性頭位変換性めまい」
    高血圧によるめまいの患者は比較的良くみうけられる気がします。
  • 40代男性 一般内科 「高血圧」「メニエール病」「更年期障害」
    高血圧由来には、症状難治性が多い気がします。
  • 50代男性 一般内科 「薬の副作用」「良性発作性頭位変換性めまい」
    案外、前日に眠剤を服用しているケースがあります。
  • 30代男性 一般内科 「薬の副作用」
    降圧薬が効きすぎて、低血圧になっているものが多いです。
  • 50代男性 一般内科 「薬の副作用」「良性発作性頭位変換性めまい」
    薬によるふらつき感が多い印象があります。
  • 40代男性 一般内科 「薬の副作用」
    薬剤性の低血圧が原因としてあります。中止すると改善します。
  • 50代女性 一般内科 「薬の副作用」「高血圧」
    薬剤性は比較的遭遇します。

次にコメントで気になったのは、「高血圧」「薬の副作用」との意見です。
血圧については、200を超えると危ないとするコメントもありました。また、めまいが高血圧由来の場合だと、症状難治性が多いようです。
逆に降圧薬が効きすぎて低血圧になってしまい、めまいが起こることもあるようでした。
加えて、薬の副作用でめまいが起こる事もあるようです。そのため、服薬を中止すると改善することもあるようでした。
現在服薬していて、めまいの症状がある方は一度その薬の副作用を医師に確認してみるのも良いかもしれません。

回転感あるめまいの時は良性発作性頭位変換性めまいの可能あり。症状が反復する時はメニエール病の場合も

本調査では、めまいを主訴とする患者の疾患で多いものは何か聞いたところ、「良性発作性頭位変換性めまい」との回答が一番多く、次に「メニエール病」、「更年期障害」が続きました。
上位2つ、特に「良性発作性頭位変換性めまい」に対して多くの医師の支持が集まる結果となりました。
医師のコメントによれば、頻度としては、良性発作性頭位変換性めまいが目立って多いようです。
特にめまいに回転感がある時などは、良性発作性頭位変換性めまいの疑いが高くなるそうです。
一方で、めまいの症状に反復性があり、症状も辛い場合はメニエール病の可能性もあるとのことでした。
自分のめまいなどの症状が気になる場合は、病院受診も検討しましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事