そばアレルギーは遺伝する?小児科医212名に聞いてみました

そばアレルギーの遺伝性
本調査では、親がそばアレルギーだと子供に遺伝することはあるか聞いたところ、52%の医師が肯定的な意見(「大いにある」と「たまにある」の合計)、48%の医師が否定的な意見(「あまりない」と「ほとんどない」の合計)となり、医師の間でも意見が分かれる結果となりました。肯定的な意見を見ると、アレルギー体質は遺伝しやすいと考える医師のコメントが多く寄せられていましたが、そばアレルギーを必ずしも引き継ぐわけではないとの意見もあり、たとえ親がそばアレルギーでも子供がそばアレルギーではないケースもあるとのことです。否定的な意見の方でも、アレルギー体質を引き継ぐことは考えられても、特定のアレルゲンや食物をそのまま引き継ぐことが絶対あるわけではないというコメントが目立ちました。
子ども・育児
イシコメ運営事務局

親兄弟や家族にアレルギーを持っている方がいる場合、その子供もアレルギーを発症しやすいという噂は聞いたことがある方もおられるのではないのでしょうか?
しかしインターネット上で調べてみると、親がそばアレルギーだとしても子供にそばアレルギーが必ずしも遺伝するわけではないという記載もみられます。
果たして、そばアレルギーは遺伝するものなのでしょうか。

そこで今回は、親がそばアレルギーだと子供に遺伝するのか、小児科医の医師212名に聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https:/ /medpeer.jp/)にて、2019年1月7日〜1月10日にかけて行われ、小児科医の212名から回答を頂きました。

そばアレルギーの特徴と注意点について

医師の方々のコメントを見る前に、まずはそばアレルギーの特徴と注意点について触れたいと思います。以下の引用をご一読ください。

”そばアレルギーの頻度は高くありませんが症状は重篤な場合が多く、微量で誘発される傾向がありますので注意が必要です。
飲食店では、うどんとそばを同じ大釜(同じお湯)で茹でる場合がほとんどですので、ゆで汁を介したコンタミネーション(混入)に注意が必要です。また、空中に飛散したそば粉末を吸入することで症状が起こることもあります。飲食店のメニューには、表示の義務はありませんので気を付けましょう。”
(引用:そば|除去食と代替食|公益財団法人ニッポンハム食の未来財団

つまり、そばアレルギーは微量でも反応を起こす場合があり、そば自体を口にしていなくても、そばを茹でたお湯のまま茹でてしまったうどんを食べたり、空中に舞うそば粉末を吸収したりするだけでもアレルギー反応を発症することがあるそうです。

それでは、調査結果にうつっていきましょう。

そばアレルギーは遺伝するの?

医師の方々には、「親がそばアレルギーだと、子供に遺伝することはあると思いますか」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらい、コメントを頂きました。

  • 大いにある
  • たまにある
  • あまりない
  • ほとんどない

以下が結果となります。

集計したところ、親がそばアレルギーだと子供に遺伝するかどうかに対して、52%の医師が肯定的な意見(「大いにある」と「たまにある」の合計)、48%の医師が否定的な意見(「あまりない」と「ほとんどない」の合計)を回答し、医師の間でも意見が分かれる結果となりました。

では、医師の方々のコメントを肯定派・否定派の順に見ていきましょう。

肯定派の意見

  • 50代男性 小児科 「たまにある」
    遺伝的な素因はあるように思います。
  • 50代男性 小児科 「たまにある」
    アレルギー体質は遺伝します。
  • 60代男性 小児科 「たまにある」
    遺伝子的には1/2の確率で発症します。
  • 60代男性 小児科 「たまにある」
    体質はある程度遺伝すると思います。
  • 60代男性 小児科 「たまにある」
    必ずしもではないですが遺伝性はあり得ます。
  • 50代男性 小児科 「たまにある」
    遺伝の関連は絶対ではないもののある程度はあると思います。
  • 50代男性 小児科 「たまにある」
    遺伝は食物ではなく、湿疹の体質が遺伝していると思います。
  • 40代男性 小児科 「たまにある」
    ある程度あるかと思いますが、基本的には個々で判断です。
  • 60代男性 小児科 「たまにある」
    遺伝することはあると思いますが、必ずしもそばアレルギーとなるわけではなく、他の食材の可能性もあります。
  • 80代男性 小児科 「たまにある」
    同じ環境で育っているのである程度注意が必要です。
  • 40代男性 小児科 「たまにある」
    環境要因も大きいと思います。もともとのアレルギー体質は遺伝すると思います。
  • 40代男性 小児科 「たまにある」
    素因が遺伝し、発症には環境因子が重要となります。
  • 60代男性 小児科 「大いにある」
    環境因子も多分にあるでしょう。
  • 40代女性 小児科 「大いにある」
    アレルギー体質は引き継がれると思います。
  • 60代男性 小児科 「大いにある」
    アレルギーは責任遺伝子が存在します。
  • 50代男性 小児科 「大いにある」
    在り得ると思いますが、遺伝しないこともあり得ます。

肯定的な意見を回答した医師の方々のコメントを見てみると、そばに限らずアレルギー体質が遺伝しやすいと考える声が目立ちました。
ただし、確率的には1/2とコメントする方もいるように、必ずしも遺伝するというわけではないため、遺伝しない可能性も十分考えられるようです。
また、遺伝だけでなく、環境要因の影響でそばアレルギーを発症する場合もあるといいます。同じ環境で育つため、ある程度の注意は必要とのことです。

否定的な意見

  • 50代女性 小児科 「あまりない」
    アレルギー体質は遺伝すると思います。
  • 40代女性 小児科 「あまりない」
    アレルギー体質は遺伝します。
  • 30代男性 小児科 「あまりない」
    アレルギー体質を引き継ぐことはあると思います。
  • 50代男性 小児科 「あまりない」
    アレルギー体質は遺伝しますが、その食物までは不明です。
  • 70代男性 小児科 「あまりない」
    アレルギー素因の遺伝はありますが、特定のアレルゲンに対するアレルギーが遺伝することは経験していません。
  • 40代男性 小児科 「あまりない」
    そば限定でということはないと思います。
  • 40代男性 小児科 「あまりない」
    一応家族歴も参考にします。
  • 40代男性 小児科 「あまりない」
    素因が遺伝し、発症には環境因子が重要となります。
  • 40代男性 小児科 「あまりない」
    アレルギー素因や乾燥肌になりやすいなどはある程度遺伝的素因はあると思いますが、生後の湿疹のコントロールなど環境要因もあり、親がそばアレルギーだからこども必ずなるとは言えないと思います。
  • 40代男性 小児科 「ほとんどない」
    アレルギーの中で特定の食物が遺伝することはありません。
  • 70代男性 小児科 「ほとんどない」
    そばアレルギーと遺伝は結び付かないと考えます。
  • 30代男性 小児科 「ほとんどない」
    食物アレルギーは遺伝しないと思います。アレルギー体質は親に似るかもしれませんが。
  • 40代男性 小児科 「ほとんどない」
    アレルギーに遺伝的な要素はありますが、特定の食品に対するアレルギーが遺伝することはありません。

否定的な意見を回答した医師の方々のコメントを見てみると、アレルギー体質を引き継ぐことはあっても、特定のアレルゲンや食物を必ずしもそのまま引き継ぐといったことはないと考えているようです。
また、肯定派の意見にもありましたが、遺伝的素因だけでなく環境要因も考えられるという意見もありました。

そばアレルギーが遺伝するかどうかは意見が分かれる結果に

今回の調査では、そばアレルギーは遺伝するかどうか尋ねたところ、52%の医師が肯定的な意見、48%の医師が否定的な意見を回答し、意見が分かれる結果となりました。
肯定派の回答からは、そばに限らずアレルギー体質が遺伝しやすいといった声があがりました。また、遺伝だけでなく、環境要因の影響でそばアレルギーを発症する場合もあるとのことです。
否定派の回答からは、アレルギー体質を引き継ぐことはあっても、特定のアレルゲンや食物を必ずしもそのまま引き継ぐといったことはないとしたコメントがみられました。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事