飲酒によって下痢になる原因は何?飲酒による下痢の症状を予防するために適した方法は?医師525人に聞いてみました

お腹をおさえる女性
本調査では始めに、飲酒によって下痢になる原因には何があるか質問をしたところ、「アルコールの過剰摂取」との回答が一番高く、続いて「大量の水分摂取」、「脂質の多い食べ物を一緒に食べること」が回答を集めました。アルコールの作用が下痢を引き起こすという意見や、大量の水やアルコールが腸管内に流れ込むことで、消化不良を起こすという意見が挙がっています。次に、飲酒による下痢の症状を予防するために適した方法については、「一度に多くのアルコールを飲まない」と回答している医師が一番多く、続いて「ゆっくりと飲む」、「温かい飲み物・食事を意識して摂る」が回答を集めました。上位2つの回答では、適量のお酒をゆっくり飲むことを推奨する意見が挙がっています。両者とも、重要なことは飲み過ぎを避けることで、節酒を心がけることが最善策と考えられているようです。本記事を参考に、ご自身に合った予防法を試してみましょう。
下痢
イシコメ運営事務局

飲酒後に、お腹の調子が良くないということは、アルコールに弱い方なら経験があると思います。もしかしたら、普段アルコールに強い方も、飲酒後に下痢の症状が出てしまった経験がある方もいるかもしれません。
特に、普段下痢にならない方は、「お酒が悪かったのか」、「食事が悪かったのか」などと、考えを巡らせてしまうと思います。下痢がひどくなるとトイレが頻回になり、時として日常生活に支障をきたすことがあるため、できるだけ避けたいところですよね。飲酒と下痢の関係さえ分かれば、次から予防できると思いませんか。

そこで今回は、一般内科,総合診療,消化器内科医525人に、飲酒によって下痢になる原因には何があるか、飲酒による下痢の症状を予防するために適した方法は何か聞いてみました

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2019年2月12日~2019年2月13日にかけて行われ、一般内科,総合診療,消化器内科医525人から回答を頂きました。

飲酒によって下痢になる原因は何?

まずは、「飲酒によって下痢になる原因には何がありますか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。  

  • アルコールの過剰摂取
  • 大量の水分摂取
  • 脂質の多い食べ物を一緒に食べること
  • 胃腸での吸収が低下すること
  • 大腸の蠕動運動が活発化すること
  • 体が冷えること
  • 糖質の多い食べ物を一緒に食べること
  • 胆汁の分泌が低下すること
  • わからない
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「アルコールの過剰摂取」との回答が54%と一番高く、次に「大量の水分摂取」が30%、「脂質の多い食べ物を一緒に食べること」が28%と続きました。
「アルコールの過剰摂取」との回答が、全体の過半数の支持を集める結果となっています。
それでは医師のコメントを見ていきましょう。

アセトアルデヒドの浸透圧下剤効果で下痢になる

  • 50代男性 消化器内科 「アルコールの過剰摂取」
    アセトアルデヒドの作用で下痢になります。
  • 50代男性 一般内科 「アルコールの過剰摂取」「大量の水分摂取」「大腸の蠕動運動が活発化すること」
    アルコールの大量摂取が一番の原因だと思います。
  • 50代男性 一般内科 「アルコールの過剰摂取」
    安価なアルコールを大量に飲むと下痢をするかも知れません(高価なアルコールでは下痢になりません)。
  • 60代男性 一般内科 「アルコールの過剰摂取」「脂質の多い食べ物を一緒に食べること」「体が冷えること」
    冷たいアルコールを大量摂取したら下痢になります。
  • 50代男性 一般内科 「アルコールの過剰摂取」「脂質の多い食べ物を一緒に食べること」「胃腸での吸収が低下すること」
    アルコールそのものが下剤です。
  • 40代男性 一般内科 「アルコールの過剰摂取」
    アルコールによる浸透圧下剤効果だと思います。
  • 50代男性 一般内科 「アルコールの過剰摂取」「大量の水分摂取」「脂質の多い食べ物を一緒に食べること」「大腸の蠕動運動が活発化すること」
    アルコールの粘膜障害なども関与すると思われます。
  • 60代男性 一般内科 「アルコールの過剰摂取」「脂質の多い食べ物を一緒に食べること」「胃腸での吸収が低下すること」「大腸の蠕動運動が活発化すること」「体が冷えること」
    大量飲酒の場合は、胃腸の吸収が悪くなると思います。
  • 40代男性 一般内科 「アルコールの過剰摂取」「脂質の多い食べ物を一緒に食べること」
    アルコールが脂質の消化吸収を抑制し下痢になると思います。
  • 60代男性 消化器内科 「アルコールの過剰摂取」「脂質の多い食べ物を一緒に食べること」「胃腸での吸収が低下すること」「胆汁の分泌が低下すること」
    膵臓の機能低下も関係あると思います。
  • 40代男性 消化器内科 「アルコールの過剰摂取」「胆汁の分泌が低下すること」「体が冷えること」
    胆汁の分泌低下は急性膵炎にも関連していそうな気がします。

まずは、コメントで新しく出てきた言葉の概要をおさえてから、医師のコメントに触れていきましょう。

アセトアルデヒドとは

エタノールは主として肝臓で酸化されてアセトアルデヒドになり、さらに酢酸へと代謝されます。アセトアルデヒドの分解が遅い体質のひとは、少量の飲酒でフラッシング反応(顔が赤くなる。吐き気がする。動悸がする。眠くなる。)を起こし、比較的少ない量の飲酒で二日酔いも起こします。(中略)アルコール飲料には生産の過程で高濃度のアセトアルデヒドが含まれており、たばこ煙からも高濃度のアセトアルデヒドが検出されます。
引用:アセトアルデヒド|厚生労働省

急性膵炎とは

膵液に含まれる消化酵素により自らの膵臓が消化されてしまった状態が急性膵炎です。日本での発症は年々増加傾向にあります。膵炎になる人は、女性は70歳代、男性は60歳代の方が多く、比較的男性に多い傾向があります。
引用:急性膵炎|東京大学医学部附属病院 消化器内科 胆膵グループ

一番多く回答を集めたのは、「アルコールの過剰摂取」との意見でした。

医師のコメントによれば、飲酒による下痢の原因として一番考えられることとして、アルコールの大量摂取が挙げられています。特に、安価なアルコール冷たいアルコールを大量摂取することで、下痢を引き起こしやすくなるようです。

続いて、主な要因として、アルコールの浸透圧下剤効果により下痢になってしまうことが挙げられています。さらに、アルコールには脂質の消化吸収を抑制する働きがあるため、それで下痢を引き起こしてしまう可能性があるようです。

最後に、その他の要因として、膵臓の機能低下や急性膵炎も考えられるとのこと。もし、下痢の症状以外に上腹部や背中の痛み、吐き気などがみられる場合は、病院の受診を検討しても良いかもしれません。

腸内細菌叢が悪化し消化不良をきたす

  • 50代男性 一般内科 「大量の水分摂取」「アルコールの過剰摂取」
    大量の水分摂取が下痢の原因として多いと思います。
  • 60代男性 一般内科 「大量の水分摂取」
    普段より水分摂取が多いため下痢になりやすいです。
  • 50代男性 一般内科 「大量の水分摂取」「胃腸での吸収が低下すること」
    水分と消化吸収の関係ではないでしょうか。
  • 50代男性 一般内科 「大量の水分摂取」「アルコールの過剰摂取」「胃腸での吸収が低下すること」「大腸の蠕動運動が活発化すること」
    水分の過剰摂取と腸管運動亢進でしょう。
  • 50代男性 一般内科 「大量の水分摂取」「大腸の蠕動運動が活発化すること」
    水分とアルコールが腸管内に多く流れ込み下痢になりやすいです。
  • 30代男性 一般内科 「大量の水分摂取」「アルコールの過剰摂取」
    水分やアルコールの過剰摂取により、腸内細菌叢が悪化するからです。
  • 30代男性 消化器内科 「大量の水分摂取」「アルコールの過剰摂取」「脂質の多い食べ物を一緒に食べること」「胃腸での吸収が低下すること」「大腸の蠕動運動が活発化すること」「胆汁の分泌が低下すること」
    消化不良をきたしていると思います。

次に回答で多かったのは、「大量の水分摂取」との意見でした。
飲酒をすると、普段より水分摂取が多くなり、下痢になりやすくなると考えられていました。また、飲酒時に摂取する多量の水分とアルコールが腸管内に流れ込み、腸内細菌叢が悪化することで、下痢を引き起こすといった医師のコメントもみられました。

飲酒による下痢の症状を予防するために適した方法は何?

続いて「飲酒による下痢の症状を予防するために適した方法は何ですか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 一度に多くのアルコールを飲まない
  • ゆっくりと飲む
  • 温かい飲み物・食事を意識して摂る
  • 脂質の多いおつまみを控える
  • 常温の水を適宜摂取する
  • 飲酒前に胃腸薬や整腸剤を飲む
  • 飲酒前に乳製品を摂る
  • その他

以下のグラフが結果となります。

こちらの調査では、「一度に多くのアルコールを飲まない」と回答している医師が58%と一番多く、次に「ゆっくりと飲む」44%、「温かい飲み物・食事を意識して摂る」22%が続きました。
「一度に多くのアルコールを飲まない」、「ゆっくりと飲む」との回答に票が集中する結果となりました。もしかしたら飲酒による下痢を予防するためには、お酒の飲み方を改善する必要があるのかもしれません。
それでは医師のコメントを見ていきましょう。

適量のお酒を少しずつ飲む

  • 50代男性 一般内科 「一度に多くのアルコールを飲まない」「ゆっくりと飲む」
    飲み過ぎを避けることが重要です。
  • 50代男性 一般内科 「一度に多くのアルコールを飲まない」
    基本は飲み過ぎを控えることです。
  • 50代男性 一般内科 「一度に多くのアルコールを飲まない」「ゆっくりと飲む」「飲酒前に乳製品を摂る」「飲酒前に胃腸薬や整腸剤を飲む」
    やはり急速に大量摂取ことを避けます。
  • 50代男性 一般内科 「ゆっくりと飲む」「一度に多くのアルコールを飲まない」
    適度の酒では、下痢はしないでしょう。
  • 40代男性 一般内科 「一度に多くのアルコールを飲まない」
    少しずつ飲むことは効果があります。
  • 50代男性 一般内科 「ゆっくりと飲む」「一度に多くのアルコールを飲まない」「温かい飲み物・食事を意識して摂る」「常温の水を適宜摂取する」
    ゆっくりと適度な飲酒をすれば、症状は軽減しそうです。
  • 50代男性 消化器内科 「一度に多くのアルコールを飲まない」「温かい飲み物・食事を意識して摂る」「脂質の多いおつまみを控える」
    飲酒量を控える以外には、効果的な予防法はないと思います。
  • 50代男性 一般内科 「一度に多くのアルコールを飲まない」
    節酒以外は無効であると思います。
  • 50代男性 一般内科 「一度に多くのアルコールを飲まない」「飲酒前に胃腸薬や整腸剤を飲む」
    完全に予防は無理だと思いますが、やらないよりはマシでしょう。
  • 70代女性 一般内科 「一度に多くのアルコールを飲まない」「ゆっくりと飲む」「常温の水を適宜摂取する」「飲酒前に乳製品を摂る」
    チェイサーの水は有効と思います。

一番多く回答を集めたのは、「一度に多くのアルコールを飲まない」との意見でした。

本調査では、いくつか予防法が挙げられていますが、この回答を選択した医師からは「節酒以外に効果的な予防法はない」との意見が複数挙がりました。つまり、飲酒による下痢を予防する方法として、飲み過ぎを避けることが重要なようです。
医師のコメントによれば、アルコールを急速に大量摂取してしまうことで、下痢になりやすくなることから、適量のお酒をゆっくり飲むよう心がける意見がみられました。少しずつ飲むことが苦手な方は、チェイサーを用意して飲酒をするだけでも、飲酒量を調整できる可能性があるようなので、一度試してみてはいかがでしょうか。

ペース配分に十分気を配る

  • 50代男性 一般内科 「ゆっくりと飲む」
    時間をかけて少量ずつ飲んでいくのが良いと思います。
  • 60代男性 一般内科 「ゆっくりと飲む」
    時間をかけて脱水を防ぎながら飲むのが一番です。
  • 60代男性 一般内科 「ゆっくりと飲む」「常温の水を適宜摂取する」
    急速なアルコールの吸収がお腹によくないです。
  • 50代女性 一般内科 「ゆっくりと飲む」「温かい飲み物・食事を意識して摂る」
    急に多量のアルコールを摂取しないことでしょうか。
  • 50代男性 一般内科 「ゆっくりと飲む」
    ペース配分に十分気を配って飲みましょう。
  • 50代男性 一般内科 「ゆっくりと飲む」
    飲酒量を少なめにすることも必要かと思います。
  • 50代男性 一般内科 「ゆっくりと飲む」「温かい飲み物・食事を意識して摂る」
    アルコール量と濃度は低ければ低いほど良いです。
  • 50代男性 一般内科 「ゆっくりと飲む」
    量さえ飲まなければ、下痢にはなりにくいです。
  • 50代男性 一般内科 「ゆっくりと飲む」「脂質の多いおつまみを控える」「常温の水を適宜摂取する」
    胃腸を刺激しない事が大切と思います。
  • 50代男性 一般内科 「ゆっくりと飲む」「温かい飲み物・食事を意識して摂る」
    暴飲暴食を控えるのが良いと思います。

次に回答で多かったのは、「ゆっくりと飲む」との意見でした。

コメントでは、飲酒のペースについて、時間をかけて少量ずつ飲むことが推奨されています。飲酒量については、量を控えることで下痢になりにくいと言われており、さらにアルコール濃度を低くすることも予防に繋がるそうです。
要するに、胃腸を刺激しないよう飲酒することが重要であるため、飲酒のペース配分だけでなく、その量や濃度にも気を配ることが大事そうです。

節酒&ペース配分を心がけてお酒を楽しみましょう

本調査では、始めに、飲酒によって下痢になる原因には何があるか聞いたところ、「アルコールの過剰摂取」との回答が一番高く、続いて「大量の水分摂取」、「脂質の多い食べ物を一緒に食べること」が回答を集めました。
アルコールを過剰摂取することで下痢になりやすく、その要因としてアルコールによる浸透圧下剤効果が挙げられました。その他にも、アルコールに脂質の消化吸収を抑制する働きがあることから下痢になってしまう、といった考えもみられました。更に、飲酒をすると、普段より水分摂取量が多くなり、多量の水とアルコールが腸管内に流れ込むことで、腸内細菌叢のバランスが崩れ消化不良を起こしてしまうと言及した医師もおられました。
次に、飲酒による下痢の症状を予防するために適した方法については、「一度に多くのアルコールを飲まない」と回答している医師が一番多く、続いて「ゆっくりと飲む」、「温かい飲み物・食事を意識して摂る」が回答を集めました。
上位2つに関しては、飲酒による下痢の予防法として「飲み過ぎを避ける」、「時間をかけてゆっくり飲む」といった“飲酒量”と“ペース配分”に関する意見が挙げられていました。更に、アルコール濃度を低くしたり、暴飲暴食を避けたりすることも、1つの予防法のようです。
飲酒によって下痢になってしまう原因と予防は共に、主に飲酒量が関係してくるようです。お酒を飲むと下痢になってしまうような方は、まず節酒を心がけると症状が軽減するかもしれませんね。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  2. 妊娠したら、いつ頃赤ちゃんの性別がわかるの?産婦人科医160人に聞きました

  3. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  4. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  5. 4割が経験する『金縛り』の原因と解くコツとは

  6. 妊娠中のむくみの原因は?対処法はどうしたらいいの?産婦人科医130人に聞いてみました

  7. 風邪で声が出ない場合の対処法って何?医師504人に聞いてみました

  8. 妊娠中は飛行機に乗っても大丈夫?産婦人科医150名に聞きました

  9. 風邪をひいている時って飲酒しても大丈夫?飲酒が与える悪影響って一体何?医師501人に聞いてみました

  10. なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました