お酒が抜けた状態で動悸の症状が出た場合、アルコール依存症の疑いはある?お酒が抜けた状態で動悸以外にどんな症状が出たら、アルコール依存症の疑いが強い?医師525人に聞いてみました

冷蔵庫の缶に手を伸ばす女性
本調査では、普段お酒をよく飲む方が、お酒が抜けた状態で動悸の症状が出た場合、アルコール依存症の疑いはあるかという質問をしたところ、「多少はある」との回答が一番高く、続いて「あまりない」、「ほとんどない」が回答を集めました。医師のコメントによれば、アルコール依存症の疑いがある場合は、飲酒によって動悸の症状が治まることがあるようです。一方、飲酒と動悸との因果関係は不明といった意見も挙がっていました。次に、お酒が抜けた状態で動悸の他にどのような随伴症状が出たら、アルコール依存症の疑いが強いかという質問については、「イライラ感」と回答している医師が一番多く、続いて「手足や全身の震え」、「幻覚」が回答を集めました。イライラ感や手足の震え、幻覚などは、アルコールの離脱症状のようで、そのような離脱症状を抑えるために更に飲酒をするのがアルコール依存症の特徴みたいでした。本記事を参考に、アルコール依存症の疑いがある場合は、専門医に相談するなど適切な対応をとりましょう。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

普段、よくお酒を飲みますか?
そのような人のなかに、お酒が抜けた状態で動悸を感じたという人がいるかもしれません。実は、そんなアルコールが抜けている状態にも関わらず動悸がする場合は、アルコール依存症の可能性を示唆するコメントがインターネット上では見受けられます。また、アルコール依存症の場合は、動悸以外にも随伴症状が見られるようで、心配な方は知っておきたいところだと思います。

そこで今回は、一般内科,総合診療,消化器内科医525人に、普段お酒をよく飲む方が、お酒が抜けた状態で動悸の症状が出た場合、アルコール依存症の疑いはあるのか、お酒が抜けた状態で動悸の他にどのような随伴症状が出たら、アルコール依存症の疑いが強いのか聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2019年2月12日~2019年2月13日にかけて行われ、一般内科,総合診療,消化器内科医525人から回答を頂きました。

普段お酒をよく飲む方が、お酒が抜けた状態で動悸の症状が出た場合、アルコール依存症の疑いはある?

まずは、「普段お酒をよく飲む方が、お酒が抜けた状態で動悸の症状が出た場合、アルコール依存症の疑いはありますか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。         

  • 大いにある
  • 多少ある
  • あまりない
  • ほとんどない

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「多少ある」との回答が39%と一番高く、次に「あまりない」30%、「ほとんどない」19%が続きました。
アルコール依存症の可能性が「ある」と「ない」とで、意見が大きく二つに分かれる結果となっています。
上記の結果を踏まえ、まずは病気の概要をおさえてから、医師のコメントを見ていきましょう。

アルコール依存症とは

大量のお酒を長期にわたって飲み続けることで、お酒がないといられなくなる状態が、アルコール依存症です。その影響が精神面にも、身体面にも表れ、仕事ができなくなるなど生活面にも支障が出てきます。またアルコールが抜けると、イライラや神経過敏、不眠、頭痛・吐き気、下痢、手の震え、発汗、頻脈・動悸などの離脱症状が出てくるので、それを抑えるために、また飲んでしまうといったことが起こります。
引用:アルコール依存症|厚生労働省

飲酒で動悸が治まる場合は依存症の可能性あり

  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    アルコール依存症の疑いはあると思います。
  • 60代男性 一般内科 「多少ある」
    個人差があるように思います。
  • 40代男性 一般内科 「多少ある」
    動悸の原因によると思います。
  • 60代男性 一般内科 「多少ある」
    飲酒のし過ぎで動悸が出現することはあります。
  • 40代男性 一般内科 「多少ある」
    飲みすぎる人は、依存症へ移行する例が多いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    大酒家に出る症状なら、アルコール依存症の可能性が高いでしょう。
  • 40代男性 一般内科 「多少ある」
    アルコール依存症が疑われますが、そういう人は不整脈も出やすそうです。先入観は禁物です。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    動悸だけでなく、手の震えやイライラ等があるようなら心配です。
  • 30代男性 一般内科 「多少ある」
    自律神経の乱れによって動悸は起こりえます。
  • 20代男性 一般内科 「多少ある」
    それだけでは依存性を疑うことはありませんが、可能性はあります。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    正直わかりません。再現性があるのなら疑いますが、1回だけなら考えません。むしろ通常の動悸として精査をします。
  • 40代男性 一般内科 「多少ある」
    アルコール依存症の身体依存症状かも知れません。
  • 60代女性 一般内科 「多少ある」
    アルコール依存症の初期症状と言えます。
  • 60代男性 一般内科 「多少ある」
    一種の離脱症状かもしれません。
  • 40代女性 一般内科 「多少ある」
    アルコールの禁断症状として、動悸があります。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    抜けたときの症状で動悸がする場合は怪しいです。
  • 50代男性 一般内科 「多少ある」
    アルコールで症状が治まる場合は、依存症の可能性を考えます。
  • 60代男性 一般内科 「多少ある」
    状況によりますが、迎え酒をするのであれば可能性が高まります。

一番多く回答を集めたのは、「多少ある」との意見でした。
こちらを選択した医師のコメントによれば、個人差はあるものの、アルコール依存症の疑いは多少あるとのことでした。特に、大酒家に動悸の症状が見られる場合は、アルコールの離脱症状が出ている可能性があると言われています。

また、動悸の他にも、手の震えやイライラ感などの随伴症状もみられると心配といった医師のコメントもありました。さらに、もしそれらの症状が飲酒によって治まる場合は、依存症の可能性が高まるようです。

飲酒と動悸の因果関係は不明

  • 40代男性 一般内科 「あまりない」
    飲酒と動悸の症状の関係性は少ないです。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    動悸との因果関係は不明です。
  • 60代男性 一般内科 「あまりない」
    依存症とは関係ないと思います。
  • 60代男性 一般内科 「あまりない」
    手の震えやイライラするなどの方が依存症の可能性が高いです。
  • 50代女性 一般内科 「あまりない」
    動悸がアルコールで誘発される方は、あまり飲まない方が多い印象をもっています。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    酒が抜けた状態が交感神経刺激状態になり易いので、依存症とは言えません。
  • 40代男性 一般内科 「あまりない」
    不整脈発症を先に鑑別すべきで、精神科的対応はその後です。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    心臓の検査、甲状腺採血も必要だし、原因がわかりません。
  • 50代男性 一般内科 「あまりない」
    それまでの飲酒量が問題です。
  • 40代男性 一般内科 「あまりない」
    精神科で診断されるべきものですから内科ではわかりません。
  • 40代男性 一般内科 「あまりない」
    飲酒量と頻度によると思いますが、飲酒欲求を抑えられない人の動悸の症状は依存症の可能性あると思います。
  • 40代女性 一般内科 「あまりない」
    アルコール依存症には相応の基準があるのではないでしょうか。

次に回答で多かったのは、「あまりない」との意見でした。
こちらの回答では、飲酒と動悸の因果関係は不明であり、アルコール依存症とは無関係ではないかとの意見が挙がっていました。そもそも、動悸がアルコールによって誘発される人は、あまり飲酒をしない方に多いとのことです。

さらに、アルコール依存症か否かは、それまでの飲酒量や頻度も関係しており、飲酒欲求を抑えられない場合は依存症の疑いが出てくるようです。アルコール依存症には相応の基準が設けられているとした医師のコメントもありましたので、正しく判定してもらうためには、精神科などの専門医に相談する必要があるかもしれませんね。

お酒が抜けた状態で動悸の他にどのような随伴症状が出たら、アルコール依存症の疑いが強い?

続いて、「お酒が抜けた状態で動悸の他にどのような随伴症状が出たら、アルコール依存症の疑いが強いですか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • イライラ感
  • 手足や全身の震え
  • 幻覚
  • 睡眠障害
  • 大量の発汗
  • うつ状態
  • けいれん発作
  • 寝汗
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 高血圧
  • その他

以下のグラフが結果となります。

こちらの調査では、「イライラ感」と回答している医師が56%と一番多く、次に「手足や全身の震え」52%、「幻覚」39%が続きました。
上位2位が全体の過半数を超えるという結果になっています。
上記の回答を踏まえ、医師のコメントを見ていきましょう。

イライラ感はアルコールにおける離脱症状の基本

  • 50代男性 一般内科 「イライラ感」
    確かに、イライラすると思います。
  • 50代男性 一般内科 「イライラ感」「大量の発汗」「手足や全身の震え」
    精神症状でしょうか。
  • 60代男性 消化器内科 「イライラ感」
    見ているとイライラしていることが多いと思います。
  • 50代男性 一般内科 「イライラ感」「大量の発汗」「手足や全身の震え」
    自律神経症状が出ると可能性があるかも知れません。
  • 30代男性 一般内科 「イライラ感」「手足や全身の震え」
    離脱症状の基本と考えます。
  • 40代男性 一般内科 「イライラ感」「手足や全身の震え」
    他の随伴症状もなくはないでしょうが、イライラ感や震えは、圧倒的に強い要素なのかなと思います。
  • 60代男性 一般内科 「イライラ感」「大量の発汗」「手足や全身の震え」「幻覚」
    震えやイライラ感は要注意です。
  • 30代男性 一般内科 「イライラ感」「大量の発汗」「けいれん発作」「手足や全身の震え」「幻覚」
    アルコールの離脱症状があればアルコール依存症です。
  • 60代男性 一般内科 「イライラ感」「睡眠障害」「寝汗」「大量の発汗」「うつ状態」「けいれん発作」「手足や全身の震え」
    上記の随伴症状が出現し、アルコールの追加摂取で消えるときは間違いなく依存症です。
  • 40代男性 一般内科 「イライラ感」「手足や全身の震え」「その他」
    病的な場合は昼間から欲しくなることが多いでしょう。
  • 50代男性 一般内科 「イライラ感」「睡眠障害」「大量の発汗」「手足や全身の震え」「幻覚」
    専門的に見ているわけではないのでよくわかりませんが、上記の症状の方をアルコール依存症の疑いとして精神科に紹介したことはあります。
  • 50代男性 一般内科 「イライラ感」「睡眠障害」「手足や全身の震え」
    精神科の受診をお勧めします。内科だけではだめです。
  • 50代男性 一般内科 「イライラ感」「うつ状態」「けいれん発作」「手足や全身の震え」「幻覚」
    精神症状が出たら決まりでしょう。

一番多く回答を集めたのは、「イライラ感」との意見でした。
お酒が抜けた状態で、動悸の他にもイライラ感などの精神症状が出ている場合は、アルコール依存症の疑いが強いとのことでした。
また、イライラ感や震えは、アルコールの離脱症状の基本であるとも言われていて、他の随伴症状に比べ圧倒的に強い要素と考えられています。

さらに、それらの随伴症状がアルコールの追加摂取で消えるからと言って、昼間からアルコールが欲しくなるようなら、アルコール依存症の可能性が高いとの意見も挙がっていました。
お酒が抜けた状態で、動悸やイライラの症状が見られたとしても、アルコール依存症は内科で判断しかねる場合もあるようで、疑いがある方は精神科の受診も検討しましょう。

手足や全身の震えはアルコール依存症の有力な根拠となり得る

  • 60代男性 一般内科 「手足や全身の震え」「睡眠障害」「寝汗」「大量の発汗」「イライラ感」「幻覚」
    手足の震えは有名です。
  • 50代男性 一般内科 「手足や全身の震え」
    振戦はよくみられる症状です。
  • 50代男性 一般内科 「手足や全身の震え」「睡眠障害」「イライラ感」「けいれん発作」「幻覚」
    身体的依存症状が出る場合が疑われると思います。
  • 50代男性 消化器内科 「手足や全身の震え」「睡眠障害」「大量の発汗」「イライラ感」「幻覚」「その他」
    振戦は、かなり有力な根拠となります。血液検査ではCKの上昇も見られることがあります。
  • 30代男性 一般内科 「手足や全身の震え」「大量の発汗」「けいれん発作」
    振戦(ふるえ)などの離脱症状が現れる場合は疑わしいです。
  • 60代男性 一般内科 「手足や全身の震え」「イライラ感」「幻覚」
    アルコール依存症では、アルコールの血中濃度が下がると離脱症状として手足や全身が震えると思います。
  • 60代男性 一般内科 「手足や全身の震え」「大量の発汗」「イライラ感」
    震えや、精神状態の変化がある時でしょう。
  • 40代女性 一般内科 「手足や全身の震え」
    典型的なのが手の震えで気づくパターンです。
  • 60代男性 一般内科 「手足や全身の震え」「睡眠障害」「イライラ感」「うつ状態」「幻覚」
    手足や全身の震え、イライラ感などの症状を抑えるために、お酒を飲むのであればアルコール依存症だと思います。
  • 50代男性 一般内科 「手足や全身の震え」「けいれん発作」「幻覚」
    総合的な判断になると思います。
  • 70代男性 一般内科 「手足や全身の震え」「睡眠障害」「イライラ感」「うつ状態」
    一番は禁酒すると言いながら、あがなうことができないことです。
  • 40代男性 一般内科 「手足や全身の震え」「睡眠障害」「イライラ感」「幻覚」
    断酒会への参加、まわりのサポートがないと治療は難しいと思います。

次に回答で多かったのは、「手足や全身の震え」との意見でした。
こちらでも、アルコール依存症による手足の震えの症状は有名であり、よく見られる症状だと言われています。そのような身体的依存症状は、アルコール依存症の有力な根拠となり、更に精神状態の変化が見られると、その可能性は高まるようです。
また、アルコール依存症の方は、アルコールの血中濃度が下がることで、離脱症状として手足や全身の震えが出てしまうと考えられています。

さらに、アルコール依存症の人の特徴として、振戦やイライラ感などの離脱症状を抑えるために、更に飲酒をしてしまうことがこちらでも挙げられていました。
アルコール依存症に陥ってしまった場合、治療には周りのサポートが必要と言われています。家族や友人らと協力することが重要であり、場合によっては断酒会への参加という選択肢もあるようでした。

アルコールの離脱症状が見られる場合は専門医に相談を

本調査では、はじめに普段お酒をよく飲む方が、お酒が抜けた状態で動悸の症状が出た場合、アルコール依存症の疑いはあるか聞いたところ、「多少はある」との回答が一番高く、続いて「あまりない」、「ほとんどない」が回答を集めました。アルコール依存症の疑いが「ある」と「ない」とで大きく意見が分かれる結果となっています。
「多少ある」と回答した医師からは、大酒家に動悸の症状が見られる場合、アルコールの離脱症状が出ている可能性があるといった意見がみられました。
「あまりない」と回答した医師からは、飲酒と動悸の因果関係は不明であり、アルコール依存症とは無関係ではないかという意見が挙がっていました。

次に、お酒が抜けた状態で動悸の他にどのような随伴症状が出たら、アルコール依存症の疑いが強いかという質問については、「イライラ感」と回答している医師が一番多く、続いて「手足や全身の震え」、「幻覚」が回答を集めました。
医師のコメントによれば、イライラ感や振戦はアルコールの離脱症状と言われており、圧倒的に強い要素のようです。また、どのような随伴症状が出たとしても、それを抑えるために飲酒をするようなら、アルコール依存症の疑いが強いと言えるそうです。

もし、ご自身やご家族に、本調査で出てきたようなアルコールの離脱症状が見られ、アルコール依存症の疑いがあるようなら、専門医に相談する、断酒会に参加する、などを検討することが大事そうです。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事