飲酒によってしゃっくりが出る原因は何?飲酒で生じたしゃっくりを止める方法として適したものは?医師525人に聞いてみました

しゃっくり
本調査では、飲酒によってしゃっくりが出る原因は何かという質問をしたところ、「わからない」との回答が一番多く、続いて「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」、「アルコールによる中枢神経への刺激」が回答を集めました。多くの医師が、飲酒としゃっくりの因果関係は「わからない」と回答していましたが、食べ過ぎや早食いなどにより急激に腹圧がかかることで、横隔膜を刺激し、しゃっくりが起こるのではないかと考える医師もいました。次に、飲酒で生じたしゃっくりを止める方法として適したものは何かという質問については、「水を飲む」と回答している医師が一番多く、続いて「わからない」、「10~20秒ほど息を止める」が回答を集めました。しゃっくりを止める方法として、水を飲むことが推奨されており、医師のコメントを見る限り、水の温度や飲み方が重要と言えるようです。一方、「わからない」という回答では、「しゃっくりを止める方法で有効なものは無い」ともされています。本記事を参考までに、ご自身に合った対処法を見つけてみて下さい。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

お酒を飲んでいる時に、しゃっくりが出てしまった経験はありますか?
しゃっくりは突然生じる上、なかなか治まってくれず、時に苦しい思いをすることもあるかと思います。
しかし、飲酒によるしゃっくりの原因が分かれば、予防策を打てるかも知れませんよね。また、万が一生じてしまった場合、適切な対処法を行うことで、しゃっくりがすぐに止まるかもしれません。

そこで今回は、一般内科,総合診療,消化器内科医525人に、飲酒によってしゃっくりが出る原因は何か、飲酒で生じたしゃっくりを止める方法として適したものは何か聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2019年2月12日~2019年2月13日にかけて行われ、一般内科,総合診療,消化器内科医525人から回答を頂きました。

飲酒によってしゃっくりが出る原因は何?

まずは、「飲酒によってしゃっくりが出る原因は何ですか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激
  • アルコールによる中枢神経への刺激
  • お酒と体の温度差による横隔膜への刺激
  • 大きな声を出すことによる横隔膜への刺激
  • わからない
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「わからない」との回答が48%と一番高く、次に「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」33%、「アルコールによる中枢神経への刺激」23%が続きました。
約半数の医師が、飲酒によるしゃっくりの原因は「わからない」と回答しています。ただし、2番目以降の回答を見る限り、何かしらの要因で横隔膜が刺激され、しゃっくりが発生してしまう可能性もあるようです。
以上の回答を踏まえ、医師のコメントを見ていきましょう。

複数の要因があり因果関係は不明

  • 40代男性 一般内科 「わからない」
    全く考えたことがなく不明です。
  • 50代男性 一般内科 「わからない」
    飲酒によってしゃっくりが起きる事自体知りません。
  • 70代男性 一般内科 「わからない」
    飲酒をするとしゃっくりが出るのですか?初めて聞きました。
  • 30代男性 一般内科 「わからない」
    飲酒とはあまり関連ないような気はします。
  • 30代男性 一般内科 「わからない」
    特に原因となるようなものは思い浮かびません。
  • 30代男性 一般内科 「わからない」
    正直飲酒時のしゃっくりの経験がありませんし、実際に見かけたこともありません。
  • 60代男性 一般内科 「わからない」
    出た事がないのでわからないが、複数の要因があると思います。
  • 60代男性 一般内科 「わからない」
    いろんな要素が関わるためわかりません。
  • 50代男性 一般内科 「わからない」
    確定したメカニズムは不明です。
  • 50代男性 一般内科 「わからない」
    飲酒によるしゃっくりの原因は、本当にわかりません。
  • 70代男性 一般内科 「わからない」
    因果関係はわかりません。
  • 50代男性 一般内科 「わからない」
    わかりませんし、関連があるとは思いません。

一番多く回答を集めたのは、「わからない」との意見でした。
まず、「飲酒によるしゃっくりの原因を考えたことがなく不明」という意見が挙がっていました。というのも、その事自体知らない、経験がない、見かけたことがない等の理由で原因について考えたことが無いようです。
加えて、飲酒によるしゃっくりは複数の要素が関わるため、確定したことは言えず、因果関係は不明とのことでした。もし、飲酒している際にしゃっくりが生じたとしても、その原因が必ずしもお酒にあるとは言い切れないのかも知れません。

急激な胃の拡張により腹圧がかかるため

  • 40代男性 一般内科 「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」
    明らかに食事と関連していると思います。
  • 50代男性 一般内科 「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」
    腹満が関係している可能性があるのではないかと思います。
  • 60代男性 一般内科 「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」
    胃の急速な拡張が原因でしょう。
  • 60代男性 一般内科 「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」
    胃の拡張による横隔膜の圧排と考えられます。
  • 50代男性 一般内科 「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」
    食べ過ぎが原因だと思います。
  • 50代男性 一般内科 「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」
    腹圧がかかり過ぎる為です。
  • 60代男性 一般内科 「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」
    食べ過ぎ、飲み過ぎの横隔膜または横隔神経への刺激でしょう。
  • 40代男性 一般内科 「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」
    基本的には、物理的な横隔膜への刺激だと考えています。
  • 20代男性 一般内科 「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」「アルコールによる中枢神経への刺激」
    いろんな原因が複合して起こると考えます。
  • 40代男性 一般内科 「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」「お酒と体の温度差による横隔膜への刺激」「大きな声を出すことによる横隔膜への刺激」
    横隔膜のミオクローヌスです。

まず、コメントで新しく出てきた言葉の概要をおさえてから、医師のコメントに触れていきましょう。

ミオクローヌスとは

ミオクローヌスは,瞬間的な筋収縮ないし筋放電停止に よってひきおこされる電撃的な不随意運動である.
引用:ミオクローヌス|一般社団法人 日本神経学会

次に回答で多かったのは、「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」との意見でした。
こちらの回答では、飲酒によりしゃっくりが生じる原因は、明らかに食事と関連しているとの意見が挙がりました。
その原因として、食べ過ぎや、飲み過ぎによる横隔膜・横隔神経への刺激が考えられるようです。具体的には、飲食により急激に胃が拡張し、腹圧が掛かり過ぎることで、物理的に横隔膜を刺激してしゃっくりが起こると考えられていました。
ただ、飲酒により生じるしゃっくりは、様々な原因が複合して起こるとも言われているため、一概に食べ過ぎや早食いが原因とも言い難いのかも知れません。

飲酒で生じたしゃっくりを止める方法として適したものは何?

続いて「飲酒で生じたしゃっくりを止める方法として適したものは何ですか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 水を飲む
  • 10~20秒ほど息を止める
  • 安静にする
  • 頭を前に倒して唾を飲み込む
  • 舌をつまんで引っ張る
  • 耳の穴を30秒間ほど押す
  • くしゃみをする
  • 紙袋を口に当てて息をする
  • 頭を後ろに倒す
  • 砂糖やはちみつを急いで飲む
  • その他
  • わからない

以下のグラフが結果となります。

こちらの調査では、「水を飲む」と回答している医師が36%と一番多く、次に「わからない」33%、「10~20秒ほど息を止める」28%が続きました。
上位4位に回答が集中する結果となりましたが、「わからない」との回答が2番目に多く回答を集めています。
上記の回答を踏まえ、医師のコメントを見ていきましょう。

冷たい水を飲むと効果的

  • 70代男性 一般内科 「水を飲む」
    飲水で、よくなることがありました。
  • 30代男性 一般内科 「水を飲む」「安静にする」
    安静にして水を飲みます。
  • 50代男性 一般内科 「水を飲む」「10~20秒ほど息を止める」
    息止めや飲水には、道具もいらず負担が少ないのでやってみましょう。
  • 50代男性 一般内科 「水を飲む」「10~20秒ほど息を止める」
    冷たい水を飲むことで神経を刺激します。
  • 50代男性 一般内科 「水を飲む」
    冷たい水を一気に飲むと止まるかも知れません。
  • 60代男性 一般内科 「水を飲む」「10~20秒ほど息を止める」
    10~20秒ほど息を止めて水を飲みましょう。
  • 50代男性 一般内科 「水を飲む」「10~20秒ほど息を止める」
    水を飲んでお腹に力をいれて息を止めます。
  • 50代女性 一般内科 「水を飲む」「10~20秒ほど息を止める」
    水を口に含んで、一度上を向いた後でゴクリと飲み込むのが有効です。
  • 40代女性 一般内科 「水を飲む」「頭を前に倒して唾を飲み込む」
    顎をひいて水を飲むとよく止まります。
  • 50代男性 一般内科 「水を飲む」
    逆さで水を飲むと大抵治ります。
  • 60代男性 一般内科 「水を飲む」
    コップの向こう側に口を付けて水を飲みます。これで止まらないことはないです。
  • 50代男性 一般内科 「水を飲む」
    誤嚥に注意しながら水を飲むこと以外は、迷信に近いと思います。

まず、コメントで新しく出てきた言葉の概要をおさえてから、医師のコメントを見ていきましょう。

誤嚥とは

食物や唾液は、口腔から咽頭と食道を経て胃へ送り込まれます。食物などが、なんらかの理由で、誤って喉頭と気管に入ってしまう状態を誤嚥(ごえん)と呼びます。
引用:誤嚥|日本気管食道科学会

一番多く回答を集めたのは、「水を飲む」との意見でした。
医師のコメントによれば、飲酒によるしゃっくりの対処法として水を飲むことは、道具がいらない上に負担が少ない方法として推奨されています。水の温度に関しては、冷水が好ましいとされ、神経を刺激する効果が期待できるようです。
さらに、水の飲み方に着目すると

  • 10秒~20秒ほど息を止めながら飲む
  • 水を飲んでお腹に力を入れる
  • 水を口に含んで一度上を向いた後で飲む
  • 顎を引いて飲む
  • コップの向こう側に口をつけて逆さで飲む

などバリエーションが豊富でした。
特に、コップの向こう側に口をつけて逆さで飲む方法は、「それで止まないことはない」といったコメントがあり、試す価値はありそうです。
いずれにしても、ご自身に合った飲み方を探してみると良いかも知れませんね。ただし、しゃっくりが出ている時の飲水では、誤嚥に注意して行いましょう。

何が効果的かはわからない

  • 40代男性 一般内科 「わからない」
    自分に経験がないためわかりません。
  • 50代男性 一般内科 「わからない」
    私はしゃっくりが出ないのでわかりません。
  • 40代男性 一般内科 「わからない」
    考えたことがありません。止まるのを待ちます。
  • 30代男性 一般内科 「わからない」
    原因がわからないので、止め方もわかりません。
  • 30代男性 一般内科 「わからない」
    特に思い浮かぶものはありません。
  • 30代男性 一般内科 「わからない」
    何が良いのかわかりません。
  • 50代男性 一般内科 「わからない」
    全然わかりません、放っておけば治ると思います。
  • 50代男性 一般内科 「わからない」
    有効なものはないと思います。
  • 60代男性 一般内科 「わからない」
    飲酒に限らずしゃっくりを止める方法はありません。
  • 40代男性 一般内科 「わからない」
    冷水を飲むことで通常緩和することもありますが、飲酒に伴うときは正直効果不明です。

次に回答で多かったのは、「わからない」との意見でした。
コメントでは、経験がない、自分はしゃっくりが出ないからわからない、という意見が多く挙がりました。特に有効的な対処法を考えたことがなく、しゃっくりが止まるのを待つだけといった声も聞かれます。
また、通常のしゃっくりは、冷水で緩和することがあるようですが、飲酒により生じるしゃっくりではその効果は不明という見解もみられました。

飲酒によりしゃっくりが生じてしまった場合、飲水や息止めを

本調査では、飲酒によってしゃっくりが出る原因について聞いたところ、「わからない」との回答が一番多く、続いて「食べ過ぎや早食いによる横隔膜への刺激」、「アルコールによる中枢神経への刺激」が回答を集めました。
飲酒によりしゃっくりが出るメカニズムは「わからない」とする意見が多かったもの、1つの可能性としては、食べ過ぎや飲み過ぎなどによる腹圧で、横隔膜に物理的な刺激が加わり、しゃっくりが生じるのではといった見解がみられました。

次に、これまでの先生のご経験から、飲酒で生じたしゃっくりを止める方法として適したものは何かという質問については、「水を飲む」と回答している医師が一番多く、続いて「わからない」、「10~20秒ほど息を止める」が回答を集めました。
飲酒によりしゃっくりが生じてしまった場合に有効な対処法は、水を飲むことが推奨されています。特に冷水を飲むことで、神経を刺激し、しゃっくりが治まる可能性があるそうです。
また、水の飲み方も、抑えておく重要ポイントと言え、「コップの向こう側に口をつけて逆さで飲む」という飲み方は比較的止まりやすいとされています。
一方、「わからない」と回答した医師からは、何が効果的かわからない、効果的なものはないといった意見が見られました。

もし飲酒の際にしゃっくりが生じてしまった場合は、いくつか方法が挙げられていましたので、それらを参考にご自身に合った対処法を見つけてみてはいかがでしょうか。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事