蕁麻疹が出た際に冷やして対処することは適している?その方法とは?皮膚科医200人に聞いてみました

腕がかゆい
本調査によれば、蕁麻疹が出た際に冷やして対処することは適しているか質問したところ、「適している」との回答が一番多く、続いて「あまり適していない」、「大いに適している」が回答を集めました。医師のコメントによれば、患部を冷やすことは、症状を抑える効果が期待できるようですが、一方で寒冷蕁麻疹や水蕁麻疹の場合は逆効果になってしまう恐れがあるようです。次に、蕁麻疹を冷やす方法として適したものは何かという質問については、「氷を入れたビニール袋や氷枕」と回答している医師が一番多く、続いて「特になし」、「流水」が回答を集めました。「氷を入れたビニール袋や氷枕」との回答が圧倒的に多い結果となりましたが、「特になし」との回答の中には、患部を冷やす行為自体に否定的な意見も挙げられました。本記事を参考までに、蕁麻疹の自己対処法を試みてもらい、改善しない場合は病院の受診も検討しましょう。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

蕁麻疹が生じた際、対処法に悩みますよね。
患部はなるべく掻きむしらないようにしたいところですが、なにか痒みを抑える方法がないかと考えてしまいます。
そんなとき、思いつく方法として、患部を冷やすことが挙げられると思います。
実際、蕁麻疹の患部を冷やすことは有効なのでしょうか。また、症状が和らぐのであれば、どのような方法が好ましいのでしょうか。

そこで今回は、皮膚科医200人に、蕁麻疹が出た際に冷やして対処することは適しているのか、蕁麻疹の患部を冷やす方法は何か聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2019年4月1日~2019年4月5日にかけて行われ、皮膚科医200人から回答を頂きました。

蕁麻疹が出た際に冷やして対処することは適している?

まずは、「蕁麻疹が出た際に冷やして対処することは適していますか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 大いに適している
  • 適している
  • あまり適してない
  • 全く適していない

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「適している」との回答が59%と一番高く、次に「あまり適していない」25%、「大いに適している」14%が続きました。
「適している」との回答が半数以上に及び、患部を冷やすことは、ある程度適している対処法なのかも知れません。
まずは、病気の概要をおさえてから、医師のコメントを見ていきましょう。

蕁麻疹とは

じんましんは漢字で「蕁麻疹」と表し、皮膚の一部が突然に赤くくっきりと盛り上がり(膨疹)、しばらくすると跡かたなく消えてしまう病気です。(中略)大抵は痒みを伴いますが、チクチクとした痒みに似た感じや焼けるような感じを伴うこともあります。
引用:蕁麻疹|公益社団法人 日本皮膚科学会

患部を冷やすことで様々な効果が得られる

  • 70代男性 皮膚科 「適している」
    冷やすのはおすすめです。
  • 60代男性 皮膚科 「適している」
    温めるよりは良いと思います。
  • 50代男性 皮膚科 「適している」
    冷やせば、楽になりますね。
  • 50代男性 皮膚科 「適している」
    冷やすと痒みが治まることがあります。
  • 40代男性 皮膚科 「適している」
    血管拡張により蕁麻疹が出るので、理にかなっているかと思います。
  • 30代男性 皮膚科 「適している」
    血管の収縮により、赤みが抑えられる事を患者自身も実感できる上、冷たさにより掻痒感を減じる事ができます。
  • 40代男性 皮膚科 「適している」
    痒みが治まることで掻把行動が抑制されます。
  • 50代女性 皮膚科 「適している」
    治るわけではありませんが、痒みを抑えるためにも冷やすことを推奨します。
  • 50代男性 皮膚科 「適している」
    熱感を取り除くことには有効と思います。
  • 40代男性 皮膚科 「適している」
    体温上昇で皮疹が出る患者に効果があるのはもちろん、体温が上昇すると痒みが酷くなるので、その点からも効果的です。
  • 40代男性 皮膚科 「適している」
    痒みも炎症も治まると思います。
  • 30代女性 皮膚科 「適している」
    組織の浮腫が改善するからです。
  • 60代男性 皮膚科 「適している」
    蕁麻疹は化学反応の側面があるので、冷やすことは原理的には正しいです。
  • 40代男性 皮膚科 「適している」
    病型にもよりますが、冷やす事は基本でしょう。
  • 50代男性 皮膚科 「適している」
    寒冷蕁麻疹以外の病型については即効性もあり、有効です。
  • 50代男性 皮膚科 「適している」
    寒冷蕁麻疹では悪化する可能性があります。
  • 50代男性 皮膚科 「適している」
    寒冷蕁麻疹、水蕁麻疹が稀である以上、適していると返答せざるを得ません。
  • 50代男性 皮膚科 「適している」
    冷やすとヒスタミンが出にくくなります。
  • 40代男性 皮膚科 「適している」
    応急処置になりますが、有効と思います。
  • 50代男性 皮膚科 「適している」
    しないよりマシでしょうが、抗ヒスタミン薬を飲まないと話になりません。

まず、コメントで新しく出てきた言葉の概要をおさえてから、医師のコメントに触れていきましょう。

寒冷蕁麻疹とは

寒冷蕁麻疹 には局所性と全身性があり,前者は皮膚局所が冷却された時にその部位に一致して生じる蕁麻疹であるのに対し,後者は全身が冷却されたときに全身皮膚にコリ ン性蕁麻疹に似た小豆大前後の紅斑と膨疹を生じ,遺伝性のものもある
引用:寒冷蕁麻疹|公益社団法人 日本皮膚科学会

水蕁麻疹とは

水に触れた範囲にコリン性蕁麻 疹に似た,毛囊一致性の紅斑と膨疹を生じる
引用:水蕁麻疹|公益社団法人 日本皮膚科学会

一番多く回答を集めたのは、「適している」との意見でした。
患部を温めるよりかは、冷やした方が痒みを抑えられ掻把行動も抑制されるようです。医師のコメントによれば、冷やすことで得られる効果は、以下のものが挙げられています。

  • 血管拡張により蕁麻疹が出るため、冷やすことで血管が縮小し赤みが抑えられる
  • 冷たさによって掻痒感を減じることができる
  • 体温が上昇すると痒みが酷くなるため、熱感を取り除くことで痒みを抑えられる
  • 炎症が治まる
  • 組織の浮腫が改善する
  • 冷やすとヒスタミンが出にくくなる

ただし、寒冷蕁麻疹や水蕁麻疹の場合は、冷却されたり、水に触れたりすることで悪化してしまう可能性があるようです。
また、患部を冷やす行為は、あくまで応急処置であり、改善しない場合は医療機関を受診することが重要です。

患部を冷やすことが、かえって刺激になり悪化する場合もある

  • 50代女性 皮膚科 「あまり適していない」
    一時的にすぎないかと思います。
  • 40代男性 皮膚科 「あまり適していない」
    本人の気持ちの問題ではないでしょうか。
  • 40代男性 皮膚科 「あまり適していない」
    一部の蕁麻疹以外では効果が乏しいです。
  • 50代男性 皮膚科 「あまり適していない」
    冷やすことでかえって刺激になることもあります。
  • 40代男性 皮膚科 「あまり適していない」
    冷やすと悪化する蕁麻疹もあるので推奨できません。
  • 50代男性 皮膚科 「あまり適していない」
    寒冷蕁麻疹ならば増悪します。
  • 50代女性 皮膚科 「あまり適していない」
    痒みを抑える程度と理解していますが、冷やす時間によっては、かえって痒みを誘発します。
  • 40代男性 皮膚科 「あまり適していない」
    リバウンドで酷くなります。
  • 60代男性 皮膚科 「あまり適していない」
    あまり患者に勧めたことはありません。
  • 50代男性 皮膚科 「あまり適していない」
    患部を刺激しない方が良いです。
  • 40代男性 皮膚科 「あまり適していない」
    治療効果があるかは別として、症状は和らぐと思います。
  • 50代男性 皮膚科 「あまり適していない」
    痒みを軽減する場合に行って良いです。
  • 50代女性 皮膚科 「あまり適していない」
    冷やしてもいいと思いますが、推奨はしていません。
  • 50代男性 皮膚科 「あまり適していない」
    楽にはなりますが、治療にはなりません。
  • 60代男性 皮膚科 「あまり適していない」
    ガンガンに冷やすのはダメです。

次に回答で多かったのは、「あまり適していない」との意見でした。
患部を冷やすことで得られる効果は乏しいとのコメントが集まりました。患部の冷却は、本人の気持ちの面での効果が大きいとも言われています。
前回答と同様に、蕁麻疹の中でも寒冷蕁麻疹は、冷やすと憎悪してしまうとの意見がありました。また、通常の蕁麻疹であっても、冷やすことでかえって痒みを誘発してしまうこともあるようです。

蕁麻疹を冷やす方法として適したものは何?

続いて、「蕁麻疹を冷やす方法として適したものは何ですか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 氷を入れたビニール袋や氷枕
  • 流水
  • 冷湿布
  • 冷感ジェル
  • 冷却スプレー
  • ローション
  • 特になし
  • その他

以下のグラフが結果となります。

こちらの調査では、「氷を入れたビニール袋や氷枕」と回答している医師が52%と一番多く、次に「特になし」26%、「流水」19%が続きました。
氷を入れたビニール袋や氷枕」という回答が圧倒数を得ました。ただし、「特にない」との回答が2番目に多かったのが気になるところです。
それでは医師のコメントを見ていきましょう。

1回15分程度を目安に患部を間接的に冷やすと良い

  • 60代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」・「流水」・「冷却スプレー」
    アイスノンなんかも良いと思います。
  • 40代女性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」
    簡便な方法としてペットボトルが使えます。
  • 40代女性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」
    氷のうなどは良いと思います。
  • 50代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」
    保冷剤をタオルに包んで当てたら良いです。
  • 40代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」・「流水」
    水で濡らしたタオルなども良いと思います。
  • 40代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」・「流水」
    氷やアイスノンはタオルに巻いて間接的に冷やしましょう。
  • 40代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」・「冷感ジェル」
    冷蔵庫にある冷却ジェルを濡らしたハンカチ・タオルで巻いて局所を冷やすよう指導しています。
  • 50代女性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」
    簡単な方法で大丈夫です。
  • 60代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」・「冷感ジェル」・「冷湿布」
    冷やしすぎに注意して、自分が楽と思う方法でいいと思います。
  • 40代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」
    1回15分程度、冷却するように指導します。
  • 50代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」
    温度は4度程度が好ましいと思います。
  • 50代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」・「流水」
    他のものはかえって悪化するような気がします。
  • 50代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」・「流水」・「ローション」
    皮膚を刺激するような薬剤含有物での冷却は避けましょう。
  • 40代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」
    氷を入れたビニール袋が一番簡便で安全です。スプレーなんて刺激になるだけなので止めましょう。
  • 40代女性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」
    冷却スプレーや冷感ジェルで接触皮膚炎を生じることがあります。
  • 50代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」
    薬剤は接触皮膚炎が生じ得ます。
  • 50代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」
    化学物質による冷却は痒みの原因になることがあります。
  • 50代男性 皮膚科 「氷を入れたビニール袋や氷枕」
    冷感を謳ったものはむしろNGと指導しています。

一番多く回答を集めたのは、「氷を入れたビニール袋や氷枕」との意見でした。
具体的な患部の冷却道具は、多数挙げられていました。

  • アイスノン
  • ペットボトル
  • 氷のう
  • 保冷剤などをタオルに包む
  • 水で濡らしたタオル

上記のような、簡単な道具で患部を冷却し、アイスノンや氷のうなどは、タオルで包み間接的に冷やすと良いそうです。
ただし、冷やし過ぎには注意が必要で、4度程度の冷たさのもので、1回あたり15分ほど冷却することが推奨されています。
その他の選択肢としては、「冷感ジェル」や「冷却スプレー」などの薬剤含有物による冷却方法がありますが、それらに含まれる化学物質は、痒みの原因になったり、接触皮膚炎が生じたりする可能性があるようなので、注意しましょう。

病院で患部を冷却することは指導しない

  • 50代女性 皮膚科 「特になし」
    冷やすのはあまり賛成しないです。
  • 50代男性 皮膚科 「特になし」
    患部は刺激しない方が良いです。
  • 40代男性 皮膚科 「特になし」
    あまり冷やしすぎるのはどうかと思います。
  • 50代男性 皮膚科 「特になし」
    冷やせば良いという訳ではありません。
  • 40代男性 皮膚科 「特になし」
    全身蕁麻疹では適切ではないと思います。
  • 40代男性 皮膚科 「特になし」
    診療所では実施したことがありません。
  • 60代男性 皮膚科 「特になし」
    実際に勧めたことがないからです。
  • 50代男性 皮膚科 「特になし」
    あえて特別な冷やし方は指導していません。
  • 70代男性 皮膚科 「特になし」
    基本的には冷やしたりしないように指導します。

次に回答で多かったのは、「特になし」との意見でした。
「実際に勧めたことがない」など、冷やし方の指導の有無に関する意見だけでなく、患部を冷やすことに否定的な意見も挙げられました。
患部を冷やすことは、刺激を与えることにも繋がるため、注意が必要とのことです。中には、冷やさないように指導を行う医師もいました。

蕁麻疹の際の患部の冷却は「適している」
ただし、病状によっては注意が必要

本調査では、はじめに、蕁麻疹が出た際に冷やして対処することは適しているか聞いたところ、「適している」との回答が一番多く、続いて「あまり適していない」、「大いに適している」が回答を集めました。
蕁麻疹が生じた場合に患部を冷やすと、血管が縮小し赤みが抑えられる、熱感を取り除くことで痒みを抑えられる、炎症が治まるなどの効果が期待できるようです。ただし、蕁麻疹の中には、寒冷蕁麻疹や水蕁麻疹といった、冷却や水と相性の良くないものもあるようです。

次に、蕁麻疹を冷やす方法として適したものは何かという質問については、「氷を入れたビニール袋や氷枕」と回答している医師が一番多く、続いて「特になし」、「流水」が回答を集めました。
1回あたり15分程度という時間を守って、患部を間接的に冷却するのが好ましいと言われています。一方で、冷やすことで患部を刺激するのは良くないとの意見も挙げられました。

本記事を参考までに、蕁麻疹の自己対処法を試みてもらい、改善しない場合は病院の受診も検討しましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  2. 妊娠したら、いつ頃赤ちゃんの性別がわかるの?産婦人科医160人に聞きました

  3. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  4. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  5. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  6. 赤ちゃんの下痢と粘液便、受診が必要な症状とは?小児科医240人に聞いてみました

  7. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  8. 風邪をひいている時って飲酒しても大丈夫?飲酒が与える悪影響って一体何?医師501人に聞いてみました

  9. 出産直前の兆候にはどんなものがあるの?産婦人科医150人に聞いてみました!

  10. 新生児は退院したらいつ外出してもいいですか?小児科医150名にアンケート調査