なかなか治らない蕁麻疹の刺激・誘因として多いものは?慢性的な蕁麻疹に対して病院で行われる治療って何?皮膚科医200人に聞いてみました

肌を気にする男性
本調査では、なかなか治らない蕁麻疹の刺激・誘因として多いものは何かという質問をしたところ、「特発性(原因が明らかではない)」との回答が一番多く、続いて「ストレス」、「疲労」が回答を集めました。蕁麻疹が生じる原因は明らかではないと回答した医師が、全体の8割近くを占めていました。実際に、なかなか治らない蕁麻疹患者さんの多くは原因が特定されていないそうです。なかには、ストレスや疲労が原因の一つになることも考えられるといったコメントもみられました。次に、慢性的な蕁麻疹に対しての医療機関における治療法は何があるかという質問については、「薬物治療」と回答している医師が一番多く、続いて「悪化因子を特定し取り除く」、「食事療法」が回答を集めました。「薬物治療」は、全体の約9割の医師の回答を集め、蕁麻疹の治療法として積極的に選ばれているようです。一方で、薬物治療は対症療法であり、根本的な治療を考えるのであれば、悪化因子を特定して取り除くことが好ましいとも言われています。本記事を参考までに、慢性的な蕁麻疹の治療について理解を深めてもらえればと思います。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

慢性的な蕁麻疹に悩まされている方がこの記事を読まれている人のなかにもおられるのではないでしょうか。
できることなら、主な誘因を特定して、避けて通りたいと思いますよね。また、適切な治療法についても抑えておきたいものです。

そこで今回は、皮膚科医200人に、なかなか治らない蕁麻疹の刺激・誘因として多いものは何か、慢性的な蕁麻疹に対して医療機関における治療法は何があるのか聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2019年4月1日~2019年4月5日にかけて行われ、皮膚科医200人から回答を頂きました。

なかなか治らない蕁麻疹の刺激・誘因として多いものは何?

まずは、「なかなか治らない蕁麻疹の刺激・誘因として多いものは何ですか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。  

  • 特発性(原因が明らかではない)
  • ストレス
  • 疲労
  • 物理的刺激(暑さ、寒さ、日光など)
  • 感染(細菌・ウィルス)
  • 運動
  • 入浴
  • 食物
  • 薬剤
  • 月経
  • 遺伝
  • その他

以下のグラフが結果となります。

集計結果では、「特発性(原因が明らかではない)」との回答が75%と一番高く、次に「ストレス」41%、「疲労」35%が続きました。
なかなか治らない蕁麻疹の誘因は明らかではない、という回答が圧倒的に多い結果となりました。誘因がわからないことで治療に影響しないのでしょうか。

まずは、病気の概要をおさえてから、医師のコメントを見ていきましょう。

蕁麻疹とは

じんましんは漢字で「蕁麻疹」と表し、皮膚の一部が突然に赤くくっきりと盛り上がり(膨疹)、しばらくすると跡かたなく消えてしまう病気です。(中略)大抵は痒みを伴いますが、チクチクとした痒みに似た感じや焼けるような感じを伴うこともあります。
引用:蕁麻疹|公益社団法人 日本皮膚科学会

原因不明なことが多い

  • 50代男性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」・「ストレス」・「疲労」・「物理的刺激(暑さ、寒さ、日光など)」
    特発性が最も多いと思います。
  • 40代男性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」
    原因が絞れないことが多いです。
  • 60代男性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」・「物理的刺激(暑さ、寒さ、日光など)」
    蕁麻疹の原因を特定することは容易ではありません。
  • 40代男性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」
    検査を希望されて精査しても、引っかからないことが多いです。
  • 60代男性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」・「ストレス」・「物理的刺激(暑さ、寒さ、日光など)」
    ひと月以上続く方は、原因の追及がほぼできないと思います。
  • 70代男性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」
    真に原因不明と言わざるを得ないものもあります。
  • 30代男性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」
    8割は原因不明の特発性ですね。
  • 30代男性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」
    原因の特定が難しい、というか不可能なことが多いです。
  • 30代女性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」・「物理的刺激(暑さ、寒さ、日光など)」
    特発性と物理刺激は避けにくいです。
  • 50代男性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」
    原因が特定できていればそれを避ければ良いのですが、特発性だからこそ慢性的な経過になります。
  • 50代男性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」
    分かれば対処の方法があると思うのですが、まずわかりません。
  • 60代男性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」・「疲労」・「入浴」・「物理的刺激(暑さ、寒さ、日光など)」・「薬剤」「食物」
    原因究明に十分な時間や費用を費やすことが出来ないので、実際はほぼ原因不明になる場合が多いです。
  • 20代男性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」
    原因がわからないものが多く、難治になります。
  • 50代女性 皮膚科 「特発性(原因が明らかではない)」・「ストレス」・「疲労」・「物理的刺激(暑さ、寒さ、日光など)」
    最初の誘因が食物などでも、一度引き金をひいてしまうと、たとえ最初の原因を除去しても慢性化する例もあります。

一番多く回答を集めたのは、「特発性(原因が明らかではない)」との意見でした。
蕁麻疹患者さんのうち、8割が特発性のもので、原因を特定することは容易ではないそうです。患者さんの中には、原因を突き止めるために検査を希望する人もいるそうですが、精査をしてもあまり引っかかることがないといった医師のコメントもありました。
更に、ひと月以上、症状が続く場合は、原因の追求はほぼ不可能なようです。特発性だからこそ原因がわからないものが多く、難治になることもあるとのことでした。
また、最初の誘因が特定できたとしても、一度、引き金を引いてしまうことで、症状が慢性化することもあると言われています。

ストレスや疲労が背景にあることも

  • 60代男性 皮膚科 「ストレス」
    精神的な素因が多いです。
  • 60代男性 皮膚科 「ストレス」・「特発性(原因が明らかではない)」・「食物」
    ストレスが多い印象です。
  • 60代男性 皮膚科 「ストレス」・「疲労」・「特発性(原因が明らかではない)」
    ストレスや疲労が背景のことが多いです。
  • 50代男性 皮膚科 「ストレス」・「疲労」・「物理的刺激(暑さ、寒さ、日光など)」・「月経」
    何らかの環境の変化が関係しているようです。
  • 60代男性 皮膚科 「ストレス」・「疲労」・「特発性(原因が明らかではない)」・「食物」
    本人の生活習慣が影響します
  • 50代男性 皮膚科 「ストレス」・「特発性(原因が明らかではない)」
    「ストレス性のものかも知れません」とお伝えしても、生活環境を改善することが難しい患者さんもおられるので、治療には苦労します。
  • 40代男性 皮膚科 「ストレス」・「特発性(原因が明らかではない)」・「感染(細菌・ウィルス)」
    ある種の性格的指向性が明らかに関与しているようです。

次に回答で多かったのは、「ストレス」との意見でした。
時にストレスや疲労が蕁麻疹の悪化因子となることもあるようです。具体的には、環境の変化による過度なストレスや本人の生活習慣が、蕁麻疹を引き起こすと考えられています。
また、生活環境を改善することは難航しやすく、ストレス性の蕁麻疹の治療は苦労する傾向にあるようです。性格的指向性も関与し、ストレス性の蕁麻疹が生じやすい傾向の人もいると言われています。

慢性的な蕁麻疹に対しての医療機関における治療法は何がある?

続いて、「慢性的な蕁麻疹に対しての医療機関における治療法は何がありますか?」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 薬物治療
  • 悪化因子を特定し取り除く
  • 食事療法
  • 減感作療法(皮下免疫療法)
  • 減感作療法(舌下免疫療法)
  • その他

以下のグラフが結果となります。

こちらの調査では、「薬物治療」と回答している医師が94%と一番多く、次に「悪化因子を特定し取り除く」39%、「食事療法」10%が続きました。
慢性的な蕁麻疹の場合、薬物治療が主に選ばれている治療法のようです。

それでは医師のコメントを見ていきましょう。

蕁麻疹患者の9割以上が薬物治療による対症療法を行っている

  • 50代女性 皮膚科 「薬物治療」・「減感作療法(舌下免疫療法)」
    蕁麻疹の原因がダニや花粉であれば、免疫療法は可能ですが、それ以外は抗ヒスタミン剤などの薬物内服になるでしょう。
  • 60代男性 皮膚科 「薬物治療」
    慢性的であっても、急性でも基本は同じ治療法です。
  • 50代男性 皮膚科 「薬物治療」
    原因不明が多く薬物療法が中心になります。
  • 50代男性 皮膚科 「薬物治療」・「悪化因子を特定し取り除く」
    継続的な薬物投与しかないでしょう。
  • 50代男性 皮膚科 「薬物治療」
    原因が分からない、取り除けない(暑さ寒さ)ので、対症療法になってしまいます。
  • 40代男性 皮膚科 「薬物治療」
    9割以上が抗アレルギー剤などの対症療法です。
  • 40代男性 皮膚科 「薬物治療」
    薬物療法以外で治癒する人を見たことがありません。他の治療は薬物療法の補助的なものです。
  • 60代男性 皮膚科 「薬物治療」
    薬物療法以外は、簡単にはできません。
  • 30代女性 皮膚科 「薬物治療」・「悪化因子を特定し取り除く」
    長年、未治療や不適切な治療をされていた例が多々あるので、まずは適切な薬剤を使用した治療を行い、反応をみます。
  • 50代男性 皮膚科 「薬物治療」
    原因がわからないので、抗ヒスタミン薬で症状を抑えるのみです。
  • 40代女性 皮膚科 「薬物治療」・「悪化因子を特定し取り除く」
    悪化因子はほとんどの場合、不明なのですが、薬物で日常生活はできている人が多いです。
  • 60代男性 皮膚科 「薬物治療」
    薬剤による治療を主としますが、重症者には生物学的製剤等の投与も考慮します。
  • 50代女性 皮膚科 「薬物治療」
    まず内服を試みて、時間をかけて薬剤を減らしていきます。
  • 60代男性 皮膚科 「薬物治療」
    ストレスを避けてくださいと言っても無理なので、合う薬を探していきます。
  • 60代男性 皮膚科 「薬物治療」            
    難治性蕁麻疹にはゾレアが有効です。
  • 50代女性 皮膚科 「薬物治療」・「悪化因子を特定し取り除く」
    可能な限りの原因検索をし、あとは薬物療法をしています。
  • 40代女性 皮膚科 「薬物治療」
    薬物療法を根気よく続けることが大事だと思います。
  • 40代男性 皮膚科 「薬物治療」
    薬で誤魔化すしか無い気がします。
  • 30代女性 皮膚科 「薬物治療」
    あとなるべく規則正しくと言っています。
  • 40代女性 皮膚科 「薬物治療」
    慢性的な蕁麻疹の悪化因子は取り除けないものが多いです。
  • 40代男性 皮膚科 「薬物治療」
    悪化因子が明らかな場合は大概患者さんが気付いています。ただ、念入りに悪化因子を聞き出す時間を普段の外来で取ることは不可能です。
  • 40代男性 皮膚科 「薬物治療」・「減感作療法(皮下免疫療法)」・「悪化因子を特定し取り除く」・「食事療法」
    何もやっても、何だかんだ増悪と緩解を繰り返します。
  • 40代男性 皮膚科 「薬物治療」・「減感作療法(皮下免疫療法)」・「悪化因子を特定し取り除く」・「食事療法」・「減感作療法(皮下免疫療法)」・「減感作療法(舌下免疫療法)」・「悪化因子を特定し取り除く」
    慢性蕁麻疹の治療法がいくつかありますが、有効なものは少ないです。

まず、コメントで新しく出てきた薬の概要をおさえてから、医師のコメントに触れていきましょう。

抗ヒスタミン薬とは

かゆみを引き起こす体内物質として、ヒスタミン、インターロイキン31、ロイコトリエンなどさまざまな物質が知られています。これらの物質に有効な薬で開発が進んでいるのは、抗ヒスタミン薬です。抗ヒスタミン薬はヒスタミンによるかゆみを抑制します。
引用:抗ヒスタミン薬|医師の視点で考えるアトピー性皮膚炎

ゾレア(オマリズマブ)とは

これは喘息の発症や増悪に重要な免疫グロブリンE(IgE)という分子に体内で結合して、治療効果を発揮する薬(分子標的薬)です。
引用:ゾレア(オマリズブ)|慶應義塾大学病院

一番多く回答を集めたのは、「薬物治療」との意見でした。
蕁麻疹の原因は、多岐にわたりますが、原因がダニや花粉であれば免疫療法は可能だそうです。しかし、原因不明や原因を取り除くことができない蕁麻疹である場合が多いため、基本的には薬物による対症療法になると言われています。
薬物療法を行っている人の割合としては、蕁麻疹患者さんのうち9割以上が抗アレルギー剤により治療しているといったコメントもみられました。他には、薬物療法以外で治癒する人を見たことがないといった声も。
また、薬物治療はあくまで対症療法であるため、憎悪と緩解を繰り返すとの意見もみられます。慢性的な蕁麻疹は、根本的な治療が難しい病気なのかもしれません。

根本的な治療を考えるのであれば悪化因子を特定して取り除く

  • 40代男性 皮膚科 「悪化因子を特定し取り除く」・「薬物治療」
    薬物治療・原因の除去に尽きると思います。
  • 50代男性 皮膚科 「悪化因子を特定し取り除く」
    根本的な治療を考えるなら、悪化因子を特定し取り除く方法が良いと思います。
  • 30代男性 皮膚科 「悪化因子を特定し取り除く」・「薬物治療」
    基本的には薬物療法と考えます。悪化因子が特定できる場合は除去します。
  • 40代男性 皮膚科 「悪化因子を特定し取り除く」・「薬物治療」
    運が良ければ悪化因子を特定できます。
  • 40代女性 皮膚科 「悪化因子を特定し取り除く」・「薬物治療」・「減感作療法(皮下免疫療法)」
    原因がわかっているものは、原因を避けるのが第一です。
  • 40代男性 皮膚科 「悪化因子を特定し取り除く」・「薬物治療」
    なるべく誘因を避けるように指導しています。
  • 30代男性 皮膚科 「悪化因子を特定し取り除く」・「薬物治療」
    出ない状態を維持することが大事かと思います。
  • 50代男性 皮膚科 「悪化因子を特定し取り除く」・「薬物治療」
    環境整備は容易ではない方も多いです。
  • 40代女性 皮膚科 「悪化因子を特定し取り除く」・「薬物治療」
    対症療法が主体と考えます。

次に回答で多かったのは、「悪化因子を特定し取り除く」との意見で、根本的な治療を目指すのであれば有効との意見が集まりました。あくまで薬物療法などの対症療法が主体ではあるようですが、もし、原因が特定できる、あるいは原因として考えられるものがあれば、それらを取り除くことが第一と言われています。
一方、環境が影響している場合は、その環境を改善することが大事なようですが、難しい場合も多いようです。

蕁麻疹の原因特定は難しく、基本は薬による治療が選択される

本調査では、まず、なかなか治らない蕁麻疹の刺激・誘因として多いものは何か聞いたところ、「特発性(原因が明らかではない)」との回答が一番多く、続いて「ストレス」、「疲労」が回答を集めました。
なかなか治らない蕁麻疹の患者さんのうち8割は、原因が分かっておらず、特定することは容易ではないそうです。たとえ原因が特定できたとしても、一度引き金を引いてしまうことで症状が慢性化してしまう症例もあるとのことでした。

次に、慢性的な蕁麻疹に対しての医療機関における治療法は何があるかという質問については、「薬物治療」と回答している医師が一番多く、続いて「悪化因子を特定し取り除く」、「食事療法」が回答を集めました。
全体の約9割の医師が「薬物治療」を選択していました。根本的な治療を考えるのであれば、悪化因子を特定して取り除くことが理想的なようですが、特定することは困難と言われています。そのため、蕁麻疹の治療は、抗アレルギー剤による対症療法が主体のようでした。

本記事を参考までに、慢性的な蕁麻疹の治療について理解を深めてもらえればと思います。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. 全部無駄だったの!? イチゴ鼻の治し方を皮膚科医200人にきいてみた

  2. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  3. 妊娠したら、いつ頃赤ちゃんの性別がわかるの?産婦人科医160人に聞きました

  4. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  5. 風邪でかかるのは内科?耳鼻咽喉科?医師4200人アンケート調査

  6. 赤ちゃんの下痢と粘液便、受診が必要な症状とは?小児科医240人に聞いてみました

  7. なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました

  8. 発熱だけの症状で考えられる病気って何?病院は受診した方がいいの?医師524人に聞いてみました

  9. 4割が経験する『金縛り』の原因と解くコツとは

  10. 出産直前の兆候にはどんなものがあるの?産婦人科医150人に聞いてみました!