びらんや鱗屑がある時に考えられる病気って何?めくれている皮膚は剥がしても良いの?皮膚科医187人に聞いてみました

麦わら帽子で顔を隠す女性
本調査では、まず皮膚にびらんや鱗屑が生じる場合、よく見られる疾患は何かという質問については、「剥脱性皮膚炎」との回答が一番高く、次に「白癬」、「乾癬」が続きました。「剥脱性皮膚炎」のみ医師からの支持が過半数を占めており、皮膚にびらんや鱗屑の症状がある際の代表的な疾患と言えそうです。また、皮膚にびらんや鱗屑が生じる場合、めくれている皮膚は無理にはがしてもいいと思うかという質問については、「様子を見つつはがすべき」と回答している医師が一番多く、次に「あまりはがすべきでない」、「積極的にはがすべき」が続きました。どの回答をした医師も基本的に無理に皮膚を剥がす事には否定的でした。具体的には、めくれている皮膚を剥がす場合もいくつか条件があり、基本的には無理して剥がすべきでないと考えている医師が多いようです。あまり不用意にいじるべきでないといった指摘も散見されており、場合によっては、出血やびらんを起こし、痛みが生じたり細菌感染につながったりすることがあるようです。続く場合は自己判断せず、一度医師の判断をあおぐことも大事そうです。
全身の不調の悩み
イシコメ運営事務局

肌の荒れやただれが最近気になる…。
そんな肌の症状で悩まれている方も少なくないのではないでしょうか。びらんや鱗屑といった症状が続くと、何かの病気にかかっているのではないかと、不安になりますよね。
また、そんな症状の際は、めくれた皮膚に対してどのように対処すべきなのでしょうか。

そこで今回は、皮膚科医187人に、びらんや鱗屑がある時に考えられる病気は何か、めくれている皮膚は剥がしても平気か聞いてみました。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2018年9月2日~2018年9月3日にかけて行われ、皮膚科医187人から回答を頂きました。
 

びらんや鱗屑がある時に考えられる病気は何?

まず「皮膚にびらんや鱗屑が生じる場合、よく見られる疾患は何ですか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 乾癬
  • 白癬
  • 皮脂欠乏性皮膚炎
  • 剥脱性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎
  • 扁平苔癬
  • 尋常性天疱瘡
  • 手掌多汗症
  • その他
     

以下のグラフが結果となります。


集計結果では、「剥脱性皮膚炎」との回答が58%と一番高く、次に「白癬」、「乾癬」が続きました。
剥脱性皮膚炎」のみ医師からの支持が過半数を占めており、皮膚にびらんや鱗屑の症状がある際に考えられる頻度が高い病気なのかもしれませんね。

まず上位の病気の概要をおさえた後に、医師のコメントを見ていきましょう。
 

剥脱性皮膚炎とは

剥脱性皮膚炎は、重度の炎症によって全身の皮膚に発赤、ひび割れ、鱗屑(うろこ状のくず)が生じ、皮膚の上層が剥がれ落ちる(剥脱する)病気です。
引用:剥脱性皮膚炎|MSDマニュアル家庭版

白癬とは

白癬(皮膚糸状菌症)とは、ケラチン好性真菌(カビ)である皮膚糸状菌が原因で生じる皮膚感染症の総称で、感染部位によって、水虫、たむし、いんきんたむし(股部白癬)などさまざまな名称で呼ばれます。
引用:白癬|慶應義塾大学病院

乾癬とは

銀白色の鱗屑(皮膚の粉)をともない境界明瞭な盛り上がった紅斑が全身に出ます。乾癬の患者さんの90%位がこの症状です(尋常性乾癬と呼びます)。大きさ、数、形は様々で、発疹が癒合して大きな病変を作ることもあります。できやすい部位は慢性の機械的な刺激を受けやすい頭部、肘・膝、臀部、下腿伸側などです。
引用:乾癬|公益社団法人日本皮膚科学会

 

痒みの強い剥脱性皮膚炎で生じることが多い

  • 40代男性 皮膚科 「剥脱性皮膚炎」
    びらん自体は掻いてしまってできることが多いです。
  • 50代女性 皮膚科 「剥脱性皮膚炎」
    引っ掻くとびらんになり、それが乾くとかさぶたになります。
  • 50代男性 皮膚科 「剥脱性皮膚炎」
    ついつい掻いてしまって悪化します。
  • 40代男性 皮膚科 「剥脱性皮膚炎」
    掻痒があり掻破する疾患です。
  • 40代男性 皮膚科 「剥脱性皮膚炎」
    びらんと鱗屑が共にできるのは、これが一番多い印象です。
  • 60代女性 皮膚科 「剥脱性皮膚炎」
    乾癬の患者さんに多くみられます。
  • 40代男性 皮膚科 「剥脱性皮膚炎」
    びらんは水疱症など他疾患の鑑別も必要です。
     

医師の回答を見ると、「剥脱性皮膚炎」との声が多数挙がっていました。
医師のコメントにもあるように、掻痒がある病気で、皮膚を掻いてしまったことでびらんが生じてしまうケースが多いみたいですね。生じたびらんが乾くとかさぶたになるようです。

また、乾癬と併発して剥脱性皮膚炎を患うこともあるようです。痒みを我慢して耐えるのには限界があると思いますし、皮膚科の医師にしっかりと治療していただきましょう。受診すると、水疱症など別の疾患の可能性も含めた鑑別もしてもらえるようです。
 

夏場は白癬に要注意

  • 30代男性 皮膚科 「白癬」
    自身で刺激して悪化する事が多い印象です。
  • 30代男性 皮膚科 「白癬」
    乾燥からびらんを生じるケースは目立ちます。
  • 40代男性 皮膚科 「白癬」「乾癬」
    症状が悪化すればびらんを呈してくるものが多いです。
  • 40代男性 皮膚科 「白癬」
    夏は白癬や多汗症が多いです。
  • 60代男性 皮膚科 「白癬」
    皮膚の乾燥に由来する事が多いです。
  • 40代男性 皮膚科 「白癬」「乾癬」
    びらんは白癬、落屑は乾癬が圧倒的に多いです。
  • 30代女性 皮膚科 「白癬」
    掻いてびらんをよく生じます。
  • 40代男性 皮膚科 「白癬」「乾癬」
    足なら白癬が多いと思います。
  • 60代男性 皮膚科 「白癬」
    老人に多いと思います。
     

次にコメントで多かったのは、「白癬」との意見です。
白癬の特徴としては高齢の方に多い夏場に目立つ足に発症することが多いなどの意見が挙がっていました。
さらに剥脱性皮膚炎と共通して言えることですが、掻く事でびらんに繋がってしまうようです。痒いものを掻かないで我慢するのは難しいものですが、不用意に患部を刺激するのは避けた方が良さそうです。

 

びらんや鱗屑でめくれている皮膚は剥がしても良いの?

続いて「皮膚にびらんや鱗屑が生じる場合、めくれている皮膚は無理にはがしてもいいと思いますか。」という質問に対して、次の選択肢から選んでもらい、その理由をコメントしてもらいました。

  • 積極的にはがすべき
  • 様子を見つつはがすべき
  • あまりはがすべきでない
  • 一切はがすべきでない
     

以下のグラフが結果となります。


こちらの調査では、「様子を見つつはがすべき」と回答している医師が59%と一番多く、次に「あまりはがすべきでない」、「積極的にはがすべき」が続きました。
調査結果だけを見ると、めくれている皮膚を剥がしても大丈夫なのでしょうか。

それでは医師のコメントを見ていきましょう。
 

無理して剥がすべきではない

  • 40代男性 皮膚科 「様子を見つつはがすべき」
    基本は無理にはがすべきではないです。
  • 60代男性 皮膚科   「様子を見つつはがすべき」
    無理にはがすと感染症の引き金になるかもしれないです。
  • 60代男性 皮膚科   「様子を見つつはがすべき」
    感染の原因になっている場合は除去します。
  • 30代女性 皮膚科 「様子を見つつはがすべき」
    下に新しい皮膚が出来れば自然に落ちます。
  • 50代女性 皮膚科 「様子を見つつはがすべき」
    はがれている所はそれだけカットしてもよいと思います。
  • 50代女性 皮膚科 「様子を見つつはがすべき」
    はがさなくても良いです。自然に取れます。
  • 40代男性 皮膚科 「様子を見つつはがすべき」
    無理にはがすと跡に残りやすいです。
  • 40代男性 皮膚科 「様子を見つつはがすべき」
    びらんになると治るのに時間がかかります。
  • 60代女性 皮膚科 「様子を見つつはがすべき」
    自然に剝がれるまで、殆どはがすべきではないです。感染症などがある場合は、必要に応じ部分的に除去する場合もあります。
  • 40代女性 皮膚科 「様子を見つつはがすべき」
    無理にはがすと出血やびらんを起こし、痛みが生じたり細菌感染を起こすためはがすべきではないと常に説明していますが、患者さんがなかなかいうことを聞かない場合が多く、何度言ってもはがしてしまうことが多いです。
  • 30代男性 皮膚科 「様子を見つつはがすべき」
    浮いている部分は取り除いてもよいですが無理に剥がすべきではないと思います。
  • 50代女性 皮膚科 「様子を見つつはがすべき」
    医師の判断ではがす場合はありますが、患者さん本人ははがすべきではないと思います。
     

一番多く見られたコメントは、「様子を見つつはがすべき」というものでした。
調査結果や「様子を見つつはがすべき」という言葉を見ると、めくれている皮膚なら剥がしても問題無いように思えてしまいがちですが、医師の意見を見る限りはそうではないようです。
めくれている皮膚を剥がす場合はいくつか条件があり、基本的には無理して剥がすべきでないと考えている医師がほとんどでした。
医師のコメントにあった、めくれている皮膚を剥がしてもいい場合は以下になります。

  • めくれた皮膚が完全に浮いている場合
  • めくれた皮膚が感染の原因になっている場合
  • 医師の判断ではがす場合

基本的には様子を見て、患部はいじらずに放っておくことを多くの医師が勧めています。
下に新しい皮膚が出来れば自然にめくれた皮膚は落ちるそうですし、無理に剥がそうといじると感染症のリスクが上がり、びらんが悪化してしまうかもしれません。
他にも、皮膚を無理にはがすと出血や跡が残ってしまう可能性があるとのことです。
めくれている皮膚を剥がしたくなる気持ちは分かりますが、ぐっと我慢してなるべくそっとしておきましょう。
 

患部はいじらずにそっとしておこう

  • 60代男性 皮膚科 「あまりはがすべきでない」
    経過観察でよいと思います。
  • 50代男性 皮膚科 「あまりはがすべきでない」
    鱗屑をはがす意味がないです。
  • 40代女性 皮膚科 「あまりはがすべきでない」
    刺激はダメだと患者には説明しています。
  • 60代男性 皮膚科 「あまりはがすべきでない」
    一切はがすべきでない事が常識だと思っています。
  • 40代女性 皮膚科 「あまりはがすべきでない」
    めくらずにそのまましておいた方が治りが早いです。
  • 30代女性 皮膚科 「あまりはがすべきでない」
    傷をたくさん作って、難治になる原因になります。
  • 60代男性 皮膚科 「あまりはがすべきでない」
    剥がす事で悪化するからです。
     

次にコメントで多かったのは、「あまりはがすべきでない」との意見です。
既に紹介している医師のコメントと同様で、めくれた皮膚をむやみに剥がしてしまう事にはどの医師も否定的でした。
基本的に経過観察を勧めており、患者さん自身の手で勝手に患部をいじってしまうのは避けた方がいいようです。
いじらずにそっとしておいた方が治りも早く、逆に我慢できずにいじってしまうと悪化してしまうとのことでした。どうしても我慢できない場合は、皮膚科に行って医師に相談するようにしましょう。
 

びらんや鱗屑がある時は剥脱性皮膚炎や白癬、乾癬の可能性あり

本調査によると、まず皮膚にびらんや鱗屑が生じる場合、よく見られる疾患は何かという質問については、「剥脱性皮膚炎」との回答が一番高く、次に「白癬」、「乾癬」が続きました。
どの疾患も共通して厄介なのが、少なからず痒みも生じてしまうという事です。
痒みがあると、いじらずに辛抱するのも苦しいですし、つい掻いてしまうと皮膚の病状も悪化してしまいます。症状の改善が見られない場合は医師に対処法を相談してみても良いかもしれません。

また、皮膚にびらんや鱗屑が生じる場合、めくれている皮膚は無理にはがしてもいいと思うかという質問については、「様子を見つつはがすべき」と回答している医師が一番多く、次に「あまりはがすべきでない」、「積極的にはがすべき」が続きました。
どの回答をした医師も基本的に無理に皮膚を剥がす事には否定的でした。患部をいじってしまうと症状がさらに悪化してしまうリスクが強いので、基本的には触らずに様子を見た方が無難なようです。

今回はびらんや鱗屑がある時に考えられる病気は何か、めくれている皮膚は剥がしても平気か、についてみてきました。びらんも鱗屑も発症した場所によっては、周りから目立って、気になってしまいますよね。しかし、無理にはがしたり掻いたりすることは医師からは勧められておらず、続く場合は自己判断せず、一度医師の判断をあおぐことも大事そうです。

ツイート
この記事の著者

関連する健康相談

関連する記事

閲覧数ランキング

  1. なかなか上手く吐けない吐き気の症状がある場合、無理にでも吐くべき?適した対処法ってなに?医師524人に聞いてみました

  2. 閉経後も妊娠の可能性はあるの??産婦人科医130名に聞いてみました

  3. 飲酒によってしゃっくりが出る原因は何?飲酒で生じたしゃっくりを止める方法として適したものは?医師525人に聞いてみました

  4. 寒気を伴う吐き気がある場合、考えられる病気は?どう対処すればいいの?医師518人に聞いてみました

  5. 目に白いモヤがかかる時ってどんな病気?他にどんな症状があったら病院を受診すべき?医師133人に聞いてみました

  6. めまいに効く食べ物ってあるの?医師553人に聞いてみました

  7. 胃痛を緩和させる飲み物はあるの?医師535名に聞いてみました

  8. 下痢が起きているときのおすすめの食事とは?医師523名に聞いてみました

  9. 腹痛のない下痢、続くなら病院へ行くべき?523名の医師に聞いてみました

  10. 妊娠したら、いつ頃赤ちゃんの性別がわかるの?産婦人科医160人に聞きました