知っておきたい、食中毒の種類と予防法

てあらい
食中毒は細菌やウイルスだけでなく、自然毒や化学物質、寄生虫によっても引き起こされます。いたるところに食中毒の原因は広がっているため、原因となるものをつけない、増やさない、やっつけることで予防をすることが大切です。
医療の現場
イシコメ運営事務局

腹痛や下痢、発熱を引き起こす食中毒、夏の時期になると気温が上がり、食中毒が起こりやすくなります。今回は、食中毒の原因と種類についてご紹介いたします。

食中毒とは?

食中毒は細菌やウイルスに汚染された食品を食べたり、毒のある食材を食べることで起こります。
発症すると、下痢や嘔吐、腹痛、発熱などの症状がでます。

食中毒の種類と予防法

食中毒は大きく分けて5つの種類に分けることができます。
種類別に原因と予防方法をみていきましょう。

細菌性食中毒

細菌性食中毒には、細菌が発生した食品を食べて、体内で菌が増殖し発症する「感染型」と細菌が食品の中で毒素を生成し、その汚染された食品によって発症する「毒素型」の2種類があります。
感染すると、下痢や嘔吐、発熱が起こります。
また、細菌の増殖しやすい夏に最も起こりやすい食中毒です。

細菌は生肉や魚介類、水などに発生します。特に気温が高くなる夏には、室内に食材を放置しない、生ものを扱った調理器具、手をしっかり洗う、十分に加熱処理をすることで予防できます。

ウイルス性食中毒

ウイルスが溜まった食品を食べてしまう、ウイルスを持った人の手から感染することで起こる食中毒です。
2日ほどの潜伏期間を経て嘔吐、下痢、発熱が起こります。

ウイルス性食中毒のほとんどは、ノロウイルスであり、冬の時期に集中的に発生します。ウイルスを持つ可能性のある食材(カキやハマグリなど)を加熱処理する、調理する人はしっかり消毒、手洗いをしましょう。

自然毒食中毒

私たちにとって有毒な成分をもっている野菜や動物を食べることで起こる食中毒です。
食後すぐに、嘔吐、下痢が起こり、麻痺、肝機能障害、幻覚が起こることもあります。

キノコやジャガイモ、フグ、貝などが有毒な成分を持つ食材としてあげられます。これらの食材は野生のものをむやみに食べない、しっかり下処理をされたものを食べることで予防しましょう。

化学性食中毒

食品に残ってしまった農薬や洗剤、有害な添加物によって起こる食中毒です。
舌のしびれ、発疹、吐き気などを引き起こします。

食材はしっかり洗ってから使う、加工や保存方法に不安のある食品を食べないことで予防することができます。

寄生虫食中毒

肉や魚、生水にいる寄生虫によって引き起こされる食中毒です。
一度かかるとアレルギーになってしまうため、再発しやすくなってしまいます。

寄生虫の卵が他の食材に付いたり、手につくこともあるため、しっかりと食材や手を洗うことが大切です。

食中毒の原因はいたるところにある

食中毒には大きく分けて5種類の原因があり、いたるところに食中毒の原因があります。
食品を扱う際には、原因となる菌やウイルスをつけないこと、増やさないこと、やっつけることが大切です。

医師のコメント

  • 石見 陽
    寄生虫による食中毒は鯖に寄生しているアニサキスが有名ですね。猛烈な痛みのようですが。 しかし、寄生虫からアレルギーにはならないと思います。しっかり調べたわけではありませんが…。 【追記】 色々とコメントを頂いて、アニサキスという寄生虫に関しては、「虫体侵入」による痛みのみでなく、「アレルギー反応」による痛みも関与しているとのことです。かつ、タイムリーなことに、下記の記事も発見しました。 http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20160616_6 「抗アレルギー剤とステロイド剤の投与で症状が改善」とのこと。勉強になりました。
    投稿日時:
ツイート
この記事の著者

関連する記事