イシコメ

富士通が反発、漢方医師の触診データ化を実現するグローブ型触感センサーを開発 | 個別株 - 株探ニュース

富士通が反発、漢方医師の触診データ化を実現するグローブ型触感センサーを開発 | 個別株 - 株探ニュース
 富士通<6702>が反発、一時前日比13.3円高の662.0円まで買われている。 同社は10日、北里大学東洋医学総合研究所と共同で触診時の漢方医師の触感をデータ化するグローブ型触感センサーを開発したことを発表した・・・。
外部PICK
イシコメ運営事務局
続きを読む

医師のコメント

  • 杉原 桂
    いいですね。 漢方の世界ももっとサイエンスによって広がりが生まれるはずです。
    投稿日時:
  • 川村 優希
    9割以上の医師が診療で漢方薬を処方しているとのことですが、系統的に漢方医学を学んだという人は少なく、処方内容も限定的になってしまっていることが多いのが実情ではないかと思います。 漢方医学特有の経験知を客観的な判断指標で得られるというのは今後の診療の一助になりそうです。
    投稿日時:
  • 大久保 義則
    面白い試みですね. 四診は,素直にデータをとるのと,手ごまを決めてどれを処方するかを選ぶのに使うかによってちょっと変わるかもしれませんね.前者が原則ですが,実診療で時短するには後者. 学びの本質は内外のひねりをうまくこなすこと. そのメディアとしてデータグラブが役立つことを期待します.#YO生
    投稿日時:
  • 石見 陽
    舌診もデータ化してほしいです。 舌診とは? https://ja.m.wikipedia.org/wiki/舌診
    投稿日時:
ツイート

関連する記事