凍結ミイラ「アイスマン」にピロリ菌 新石器時代の男性

凍結ミイラ「アイスマン」にピロリ菌 新石器時代の男性
イタリア北部の氷河で1991年に発見された約5300年前の凍結ミイラ「アイスマン」が、胃潰瘍(かいよう)や胃がんを引き起こす細菌「ヘリコバクター・ピロリ」(ピロリ菌)に感染していたことが、ボルツァーノ欧州アカデミー(イタリア)などの研究で分かった。8日、米科学誌サイエンスで発表する。
外部PICK
イシコメ運営事務局 MSN
続きを読む

医師のコメント

  • 石井 洋介
    5300年前!ヘリコが世の中に認知されたのは1983年なので、わずか30年程度。ピロリの除菌により胃がん発症率は減りました。まだまだ菌の世界は未知のことが数多くありそうです。こんな菌が山ほどいる腸管内は宇宙〜!
    投稿日時:
  • 矢島 知治
    ピロリ菌は古くから人に感染していたんですね。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事