「お客さまの中に…」はもう不要?医師の座席情報を把握 国内初、JALと医師会が新制度

「お客さまの中に…」はもう不要?医師の座席情報を把握 国内初、JALと医師会が新制度
日本航空と日本医師会は3日、医師が飛行機に搭乗する際、日航側が座席情報などを把握できる「医師の事前登録制度」を導入すると発表した。機内で急病人が出た際、迅速な手…
外部PICK
イシコメ運営事務局 産経ニュース
続きを読む

医師のコメント

  • 新保 泉
    よく遭遇します。統合失調症の若い女性がアメリカ行の便の離陸直後に手首を切り、着陸するまで対応したこともありました。このときは必要な薬が乗っていたので良かったのですが、以前は、血圧計があるくらいで、励ますことしかできなかったという経験もあります。 今回の制度は登録は任意とのことなので、ある程度、救急対応経験のあるDr.が登録するのでしょうから、専門外のDr.を含め、他の乗客が動揺させられることのなく、素早く対応できるスマートな方法だと思います。 登録したDr.は着陸まで少し緊張するでしょうか。機内ではすべてにおいて不十分な状況の中での対応を迫られる訳ですから、免責はお願いしたいところですね。
    投稿日時:
  • 川村 優希
    JALに関しては賠償が生じた場合は医師個人ではなく会社側が賠償責任を負うとのことですが、この流れを機に「善きサマリア人の法」の立法化は進まないのでしょうか。専門外の病状だったり医療器具が限られる中で、最善の措置が出来なかった場合の法的責任を恐れる医師もいます。無償で善意から救助した人を免責するとはっきり明示することは医師の躊躇を取り除くためにも必要だと思います。一般の人が想像する以上に、医師は自分が助けられる人がいればなんとか力を尽くして助けたいという使命感を持っているものです。環境が整うことで、救われる人が増えることを望みます。
    投稿日時:
  • 梶野 健太郎
    自分も数年前に米国行きの飛行機の中で突然倒れた急病人(日本人男性)の対応をしたことがあります。その当時は、このような医師を証明するものが無かったため、医師の記載があるDMAT隊員証を出した気がします。身分が証明できるものができたことは喜ばしいですが、実際の対応能力に関しては未知数なので本当は何らかの質の担保がひつようではないでしょうか。
    投稿日時:
  • 石見 陽
    私も一回だけ遭遇したことがありますが、着陸直前だったのと、痙攣も治まっていたので助かりました。ただドクターキットはあるものの、CAの方に「エアウェイ!」と言っても用語が伝わらなかったり、医師にボランティア精神を求める以上は航空会社の皆様にもしっかり教育をお願いしたいですね。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事