イシコメ

医師は自分の延命治療を望まない傾向―米調査|あなたの健康百科

医師は自分の延命治療を望まない傾向―米調査|あなたの健康百科
 死を目前に、病院で最期までできる限りの治療を受けるか、あるいは延命治療は受けずに自宅で静かに死を迎えるか―。多くの人がいつかは直面する問題であり、その選択は個々の価値観に大きく左右されるところだが、さらに職業によっても違いがあるようだ。米...
外部PICK
イシコメ運営事務局 あなたの健康百科
続きを読む

医師のコメント

  • 川村 優希
    医学の発展や技術の進歩により命の期限を延ばすことが可能になっていくに連れ、死生観、人生観に関して社会的に議論が巻き起こる機会も増えてきたように思います。 自分の最期をどのように迎えるかを考えることはどのように生きるかを考えることでもありますよね。 医師の場合は経験的に延命治療により失うものも多いことを身に染みて理解しているので、自分の死生観や人生観に照らしたうえで延命治療を選ばない人が多いのではないでしょうか。
    投稿日時:
  • 石見 陽
    MedPeerでも以前同様の調査をして、世界一受けたい授業で紹介しましたが、この傾向は体感的にはあると思う。 親についても、しっかりと担当医が納得できる医療をしてくれていれば、延命は望まないと思う。 ただ、この母集団で4-5%の差が有意かは微妙ですね。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事