処方薬の効果や安全性を可視化し、患者に還元 ビッグデータを駆使して医療の最適化への貢献を目指すIMS

処方薬の効果や安全性を可視化し、患者に還元 ビッグデータを駆使して医療の最適化への貢献を目指すIMS
レセプトやカルテの電子化が進み、医療機関や薬局などでは日々、膨大なデータが発生している。世界100カ国以上で事業を展開し、最先端の医療情報を医薬・医療業界向けに発信しているIMSジャパンは、そうした匿名化された医療ビッグデータを集計・分析したうえで主に製薬企業にコンサルティングサービスを提供。
外部PICK
イシコメ運営事務局 JB PRESS
続きを読む

医師のコメント

  • 裴 英洙
    ヘルステック、遠隔医療、ヘルスケアアプリ界隈は、確かに熱いです。医療出身でないエッジが立った人材や知見がどんどんと入ってきてますね。興味深い分野です。
    投稿日時:
  • 石見 陽
    昨年開催したHealth 2.0 Asia - Japanのプラチナスポンサーは製薬大手のMSDでした。そのメッセージはBeyond the Pill。つまりこれからは患者に対して単なる化合物を届けるのではなく、ソリューションを提供するという意思表示でした。 もちろん巨大組織が変わっていくのは簡単ではないと思いますが、他にもバイエルや武田など、業界をリードする製薬企業は間違いなく変わろうとしています。 ヘルステック、盛り上がりますよ!
    投稿日時:
ツイート

関連する記事