群馬)野球少年をけがから守れ 群大医師らが集団検診:朝日新聞デジタル

群馬)野球少年をけがから守れ 群大医師らが集団検診:朝日新聞デジタル
 野球少年のけがを早期発見・予防しようと、群馬大学の医師らが、野球をしている県内の小中学生の肩やひじなどの検診をした。半数を超える少年が体のどこかに痛みを感じているとの調査結果もあり、医師たちからは将…
外部PICK
イシコメ運営事務局 朝日新聞デジタル
続きを読む

医師のコメント

  • 久保 貴敬
    メディカルチェックを今も一部ではしていますが、もっと一般的に広く行えるシステムを作りたいです。
    投稿日時:
  • 白岡 亮平
    日本医師会の「健康スポーツ医」の講習会では、このような子供のスポーツ障害の勉強もできます。小児科医、そして家庭医の皆様には、お勧めです。スポーツ医学も今後の「予防医療社会」にとって重要なことかもしれませんね。
    投稿日時:
  • 金沢 雄一郎
    アメリカでは10歳まではサッカーでのヘディングが禁止になったとか?http://www.cnn.co.jp/showbiz/35073313.html 身を守る術に疎い子供にとって大事な調査です。
    投稿日時:
  • 石見 陽
    腕と肩ではありませんが、ちょうど先日、膝の人工関節手術の第一線の先生と意見交換をしました。 若いスポーツ選手の現状を把握し、その選手の疾患を「早期発見・早期治療」することはもちろんとても大事なこと。 一方で、このような選手達のデータを蓄積していくことで、症状をどの程度発症している選手が、老後に変形性関節症などの疾患を発症するのか?長期的な目線で予測できるようにることも意義がある、と仰っていたのが印象的でした。 群馬県のこの活動も短期的でなく、長期的な目線で是非取り組んで頂きたいですね。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事