生後4ヶ月の赤ちゃんの成長の様子と過ごし方

生後4ヶ月の赤ちゃん
生後4ヶ月になると首もすわり、手足もしっかり動かせるようになるため、動ける範囲が広くなります。また、いろいろなものに興味を持ち始めるようになり、自分の声を楽しむために奇声を上げたり、なんでも口にものをいれようとするようになります。赤ちゃんの様子を見てあげて、危険なことをしていないか変化がないかなどチェックしてあげましょう。
医療の現場
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

首が完全にすわり始め、抱っこ紐をつかったおんぶが出来るようになる時期です。家事やお散歩の負担が少し減りますね。そんな生後4ヶ月の赤ちゃんの成長の様子と過ごし方についてまとめました。

生後4ヶ月の成長

身長と体重

  • 男の子:身長60.0~68.5cn、体重5.7~8.7kg
  • 女の子:身長58.2~66.8cm、体重5.5~8.2kg

以上が平均的なサイズといわれています。以前と比べ成長がゆるやかになります。ただし、個人差はあるため、成長ペースに不安を感じる場合は検診などでお医者さんに尋ねてみるといいでしょう。

ミルクを飲む力が強くなる

身体の機能が発達し、授乳もうまくなるため、飲む力がどんどん強くなります。よって乳首が痛くなったり、切れたりするトラブルに悩まされるお母さんも多いです。

運動がさかんになる

首がすわり、腹ばいで首をしっかり持ち上げられるようになったり、ひざの上でもしっかり座れるようになるなど、動ける幅が増えてきます。手足も動かせるようになっているため、音がするものや興味のあるものを見つけると手を伸ばしてなんでも口に入れてなめるようになります。

よだれが増える

離乳食を食べる準備のため、消化機能と唾液腺が発達し、唾液の量が増えてきます。起きている状態だと唾液を上手く飲み込めず口から唾液があふれてくることもしばしばあります。

生後4ヶ月の赤ちゃんとの過ごし方

奇声をあげることが増えてきます

自分の声を確かめるため、楽しむため、注目を集めたいとき、不満があるときなどさまざまな気持ちで動物のような奇声をあげるようになります。どうして奇声をあげているのか様子をみてあげましょう。

遠方のお出かけも少しずつ可能に

首がすわりはじめ、さらに以前よりも抵抗力がついてきているため、少しずつ遠方へのお出かけも可能になります。外に出られる時間も1~2時間と可能になっているのでどこかへ出かけてみるのもよいでしょう。

口に入れたら危険なものは赤ちゃんの手の届かないところへ

生後4ヶ月の赤ちゃんはいろいろなものに興味を持ち、なんでも口に入れようとします。口に入れたら怪我をする危険のあるものや誤飲を防ぐためにも、もう一度部屋の環境を確認しましょう。

まとめ

生後4ヶ月は体つきがしっかりとしてきて、運動量が増えるようになります。そのため、なんでも興味を持ったものを触ろうとしたり、口に入れるようにします。また、奇声をあげたり、自分の気持ちを表現する手段が増えるため、赤ちゃんの様子を見ながら対処してあげましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する記事