イシコメ

コラーゲンが本当に効果あるのか調べてみた

コラーゲンをとって美肌になったと喜ぶ女性
コラーゲンは食事から摂取しても美肌への直接的な効果はありません。ただし無意味ともいえないので、栄養バランスが乱れない程度であれば食べること自体は問題無いでしょう。
医療の現場
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

コラーゲンとは

そもそもコラーゲンとはどんなものなのでしょうか?

厚生労働省が運営する生活習慣病予防のための健康情報サイト、e-ヘルスネットでは以下のように書かれています。

皮膚や腱・軟骨などを構成する繊維状のたんぱく質で、人体のたんぱく質全体の約30%を占める。ゼラチンの原料としても知られる。

引用元:コラーゲン_e-ヘルスネット

人体を構成するたんぱく質のうち、コラーゲンは全体の30%を占めています。
そのコラーゲンの40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に、その他は血管や内臓など全身に、広く分布しています。

コラーゲンには

  • 細胞同士を結び付ける
  • 支える
  • 外との境界線をつくる

といった役割があります。

このようにわたしたちの身体をささえる非常に重要なタンパク質の一つ、それがコラーゲンだといえます。

肌にとってのコラーゲン

コラーゲンがわたしたちにとって重要なタンパク質だということはわかりました。
しかしコラーゲンの摂取が肌にとってどのような効果があるのでしょうか?

上述した通り、体内のコラーゲン約40%が皮膚に分布しています。
さらにその70%は肌の真皮といわれる部分にあります。
真皮は皮膚組織の大部分を占める肌の本体ともいえる部分で、表皮の内側にある平均2mmの厚さがあります。

真皮の中ではコラーゲンやエラスチンの線維が網の目のように張り巡らされ、その中にヒアルロン酸が入っています。

ヒアルロン酸は女性なら誰もが知っている美肌の元ともいえる栄養素ですね!
しっかりしたコラーゲンの繊維と、新しいヒアルロン酸によって肌にハリが生まれます。

肌にハリがあるとしわやたるみの改善につながります。
コラーゲンがなければヒアルロン酸によるしっかりとした土台がつくられないため、綺麗な肌をつくるためにはコラーゲンが必須なのです!

コラーゲンを摂取しても意味がない!?

コラーゲンは食事から摂取しても、消化の過程で分解され、血中に入るときにはアミノ酸になってしまいます。

こうした理由から、経口摂取しても効果がないといわれていました。

しかし近年、コラーゲンについても研究が進み、コラーゲンペプチド(低分子コラーゲン)を摂取することでしわが改善されたという研究結果が発表されました。

コラーゲンペプチドとは、肉や魚の骨・皮などに含まれるコラーゲンに熱を加え、ゼラチン状に変化させたあと酵素分解によって小さくした物質です。
コラーゲンに比べて分子が非常に小さいため、身体への吸収性が高いことが特徴です。
ただし消化吸収がスムーズになっただけで、コラーゲンペプチドもアミノ酸に分解されることは間違いありません

そのアミノ酸が再びコラーゲンをつくるために使われるかはわかりませんので、他のタンパク質を摂取しても効果は変わらないといえるでしょう。

じゃあ、何をどのくらい摂取すればいいの?

コラーゲンやコラーゲンペプチドを摂取をしても必ず美肌効果のあるコラーゲンが体内でつくられるとはかぎりません。
しかし体内にアミノ酸を供給できることは間違いないので、その意味でコラーゲンをとることが無意味とはいえません

ただし、だからといってコラーゲンの摂取にばかり気を取られていると栄養バランスが偏ってしまいます。

したがって必須アミノ酸の摂取を意識し、過剰にタンパク質をとりすぎないようバランスよく食べることが重要です。

必須アミノ酸の摂取

アミノ酸は必須アミノ酸非必須アミノ酸の2つにわかれます。

中でも必須アミノ酸は体内で十分な量を合成できないため、食事から摂取するしかありません。

コラーゲンを食べることでつくられるアミノ酸の多くが    非必須アミノ酸ですので、コラーゲンばかり意識していると必須アミノ酸が不足してしまいます。

牛肉や豚肉、マグロの赤身などは必須アミノ酸を多く含んでおりますので、こういった食材をバランスよく食べることが大切です。

タンパク質の過剰摂取は危険

コラーゲンの摂取に夢中になると、タンパク質の過剰摂取に陥りがちです。

タンパク質の過剰摂取は内蔵疲労、尿路結石、腸内環境の乱れを招くほか、カロリーも高いので肥満に注意が必要です。

まとめ

コラーゲンは食事からとっても肌への直接的な効果がない事がわかりました。

ですがタンパク質をとっていることに変わりはないので、全く無意味とも言い切れません。
コラーゲン鍋が好き、といったように趣味趣向に合わせて食べるにはいいのでは無いでしょうか。

ただし、必須アミノ酸の摂取を心がけ、栄養バランスを整えることはもっと大事だということを覚えておきましょう。

医師のコメント

  • 金沢 雄一郎
    肌の若さと真皮コラーゲン量を直接結びつけるのは危険かも。なぜならば、みなさんが憧れるプルプル肌の赤ちゃんや子供の真皮って、とても薄々のペラペラです。(あのプルプル感は皮下脂肪ですね。) 一方、炎症を繰り返すことによる線維化(コラーゲン増加)という病理もありますし。動脈硬化、肝硬変、肺線維症、火傷のケロイドなどなど・・・ コラーゲンの質の問題なのかな? 実際のところ、どうなんでしょうか???
    投稿日時:
  • 川村 優希
    コラーゲンを経口摂取しても結局分解されアミノ酸として吸収されてしまいます。コラーゲンを再合成する“もと”にはなる可能性がありますが、あえてコラーゲンという形で摂取する必要はないです。 低分子のコラーゲンペプチドに関しては単にアミノ酸を補う以上にシグナル伝達など生理的な作用があるのではという説もあり、もしかしたら今後新たな知見に繋がるかもしれません。(褥瘡のガイドラインで治癒を促すものとしてコラーゲンペプチド摂取が記載されているようです) 現時点ではアミノ酸をバランスよくとること、コラーゲンの3重らせん構造を保つのに必須であるビタミンCも十分摂取することを意識すれば良いのではないでしょうか。
    投稿日時:
ツイート
この記事の著者

関連する記事