白内障や脳卒中は「気象病」 気象に影響される病 防ぐには〈AERA〉(dot.) - Yahoo!ニュース

白内障や脳卒中は「気象病」 気象に影響される病 防ぐには〈AERA〉(dot.) - Yahoo!ニュース
大阪・梅田の暴走事故は、運転者の体調の急変が原因だった。気温差の激しいこの時期、 - Yahoo!ニュース(dot.)
外部PICK
イシコメ運営事務局 Yahoo!ニュース
続きを読む

医師のコメント

  • 杉原 桂
    大阪・梅田の暴走事故というのがどういうものかわからないし、 なぜ、それが関係すると考えるにいたったかが全くわかりません。 国語力不足病でしょうか。
    投稿日時:
  • 石見 陽
    冬の入浴のヒートショックも同じ原理。 しかし、白内障が気温の変化により引き起こされるというのは初耳です。と思ったら、タイトルの「気象病」に含めているんですね。 白内障の誘因の一つは紫外線なので、タイトルと本文の扱っているものが違うからちょっとミスリードなタイトルですね。
    投稿日時:
  • 矢島 知治
    気温の変化、室内と室外の温度差が血圧の変動を介して疾患を誘発するという話です。暑いと体の熱を放散するために血管が拡張して血管が下がり、寒いとその逆の変化が起こるというのが血圧変動のメカニズムですが、動脈硬化があると血圧変動が大きくなって脳卒中や解離性大動脈瘤のリスクが高まるというのは納得がいきます。入浴に関連した死亡事故が冬場に多いのも同じ理由ですよね。急激な温度の変化を我慢するのではなく、それを避けようと工夫することが健康維持に寄与するというのが結論です。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事