イシコメ

便秘薬は健康に悪いの? 副作用まとめ

便秘薬を飲む女性
便秘薬は大きくわけて腸を刺激して排便を促す刺激性下剤と腸と便に水分を含ませ排便を促す機能性下剤があります。刺激性下剤は効果が高い一方で腹痛や吐き気、麻痺といった副作用が出る可能性があり、慢性的な便秘には使えません。一方、機能性下剤は効果は低いですが、副作用が少なく長期的に使用することができます。
医療の現場
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

便秘薬にも他の薬と同様に副作用が発生します。

便秘薬とは硬くなった便を無理に排泄させる薬です。よって、一時的にどうしても出ないときに使う薬であり、種類によっては長期的に使ってしまうとさまざまな副作用がでてしまいます。

そもそも便秘薬とは?

便秘薬とは腸内に溜まった便を排出する薬です。

便秘薬には種類がいくつかあり、その種類によって副作用も異なります。

便秘薬の種類と副作用

便秘薬は大きく分けて、腸の動きを活性化させて排便を促す刺激性下剤と便と腸に水分を与え排便を促す機械性下剤の2種類に分けることができます。

刺激性下剤

腸に刺激を与え腸内の動きを活性化させる便秘薬です。便秘薬の中で最も効果が強い薬といわれており、その分副作用も大きいです。よってこの薬は旅行中や生理時など急性的な便秘に使われ、慢性便秘には使えません。長期間服用してしまうとだんだん薬が効かなくなり、大腸が薬なしでは動かなくなってしまいます。

薬の例

センナ、大黄、ピサコジル、ピコスルファート

副作用

効果が高いかわりに腹痛や吐き気といった副作用が起こる可能性があります。また、飲みすぎてしまうと腸が上手くはたらかなくなり便秘の悪化や麻痺につながることがあります。

初めて飲む場合はしっかりと説明書を読み飲むようにしましょう。

機能性下剤

刺激性下剤と比べ、即効性は低く効果も低いですが、安全性が高いため長期的に使用することが可能です。機能性下剤は腸管内の浸透圧を調節し、腸内へ水分を移動させ便に水分を含ませる薬や界面活性作用で便の表面張力を低下させ、便へ水分を取り込む薬、食物繊維と似たはたらきをする薬などがあります。

薬の例

酸化マグネシウム、ラツクロース、ソルビトール、カサンスラノール、カルボキシメチルセルロース

副作用

刺激性下剤と比べると効果が低く副作用もすくないといわれています。しかし、腎臓や胃腸に異常がある人が飲むと腹痛や吐き気や食欲不振になる可能性があります。

説明書をしっかり読み正しく服用しましょう

便秘薬には一時的な便秘に使う効果が高く副作用も大きいものと慢性的な便秘に使う効果は低いですが副作用の小さいものがあります。それぞれ用途に合わせて正しく使うようにしましょう。

医師のコメント

  • 川村 優希
    慢性の便秘症に対して薬の服用を続けることは根本的な解決になりません。特に刺激性下剤は習慣性があり長期の服用で耐性が出てきてしまいます。まずは食生活、生活習慣の改善が基本です。 強調したいのは朝食をしっかり食べること。胃に食べ物が入るとその刺激で腸管の蠕動が活発になり、便を直腸に送り出します(胃結腸反射)。この反射は朝起こりやすいので、朝食をしっかり食べることで排便習慣が身につきます。 また、食物繊維と水分摂取を増やすこと。不溶性食物繊維は水分を吸収し膨張して便のかさを増やし、水溶性食物繊維は腸内で善玉菌のえさとなるので腸内環境を整えます。不溶性と水溶性は2:1で摂取するのが良いバランスですよ。
    投稿日時:
ツイート
この記事の著者

関連する記事