低線量CT検診で肺がん死亡38%減少|2016年_学会レポート|ニュース|Medical Tribune

低線量CT検診で肺がん死亡38%減少|2016年_学会レポート|ニュース|Medical Tribune
 茨城県日立市では,1998年から職域,2001年から地域検診・人間ドックで低...
外部PICK
Medical Tribune
続きを読む

医師のコメント

  • 佐野 哲孝
    診療の現場で多くの体の情報をを私たちに提供してくれるCTですが、やはり被爆のリスクはあります。新しい技術で患者様のリスクがいろんな分野で軽減されていくのを期待します。
    投稿日時:
  • 井上 雅博
    がん検診について否定的な意見もありますが、これは高齢化の進行に伴い、がん死亡が増えている中で大切な話ですね。
    投稿日時:
  • 塚田 紀理
    様々な自治体で同様のコホート研究が2010年ごろからスタートしています。今回それよりも早く日立市でのコホート研究で上記の結果が出たことはとても意義があり、今後の他の研究の動向などによってはガイドラインが変更になる可能性があります。しかし肺野型肺がんの検出率は高まるが、確定診断に至るまでは苦労するかもしれません。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事