【台風やばい】低気圧で頭痛がする理由と対処法を本気出して考えてみた

低血圧で頭痛が生じる原因と対策を本気出して考えてみました。
まだ明確にはわかっていませんが、低気圧で頭痛がするというのは実際にありそうです。
医療の現場
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

みなさんの周りに、雨の日や天気が悪い日に見るからに体調が悪そうな人っていらっしゃいませんか?
私の周りにも一定数います。

「大丈夫、大丈夫。ちょっと今日気圧低いからさ」

なんかすごく具合悪そうなオーラ出してますがそもそも気圧が低いという天候上の変化だけで、本当に頭痛がするのでしょうか?

もし頭痛なんてしないのであれば、仕事にも非常に影響を与えているのでやめて欲しいと思います。

そこで今回は低気圧による頭痛が本物かどうか、医学的な観点も踏まえて本気出して調べてみました。

調べるのに使ったのは、主に
国際頭痛学会(2007)国際頭痛分類 第2版
というなんとも専門的な書籍(WEB版)。
amazonで紙の本も販売されてますが、普通にインターネットで読めるのでこちらを中心に調べました。

一次性頭痛と二次性頭痛

まず、頭痛は大きく二つにわけられるということが分かりました。

  • 一次性頭痛
    他の病気を伴わない頭痛で、頭痛の9割が該当する。
    偏頭痛や緊張型頭痛(緊張性頭痛)、群発頭痛などが該当する
  • 二次性頭痛
    脳や身体などに何らかの病気が潜んでいて、それが原因で起きる頭痛。
    くも膜下出血や脳出血、脳腫瘍などで頭痛が生じる。

……二次性頭痛の原因になる病気がけっこう致死的ですね。

低気圧によってくも膜下出血が引き起こされ、それで頭痛が生じている可能性も全く無くは無いのかも?

でももしも低気圧で二次性頭痛が引き起こされる(=くも膜下出血とか脳出血がおきる)なら、ニュースで女子アナに台風ロケなんてさせるわけないですよね。

低気圧でくも膜下出血するなら、台風中継する女子アナなんていない

というわけで、ここでは一次性頭痛に絞って調べてみることにしました。

一次性頭痛の種類と原因

一次性頭痛は、更に4つに分類されます。

① 緊張型頭痛

慢性的な頭痛の中で最も多く見られるのが緊張型頭痛です。
後頭部や両側のこめかみから、頭全体がギューっと締め付けられるような痛みが起こります。

原因は主に精神的、または肉体的なストレスと考えられています。

ストレスが加わることで肩や背中、頭の筋肉の緊張状態が続き、それによって生じた老廃物が周囲の神経を刺激することで痛みを感じるようです。

② 片頭痛

慢性頭痛の一つで、こめかみのあたりを中心にズキンズキンと脈打つように激しい痛みを感じます。
重症になると痛みが頭全体に広がり、嘔吐を引き起こすなど頭痛以外の症状も出てきます。

原因ははっきりとわかっていない部分もありますが「頭の中の血管が拡張することで周囲の神経を圧迫することが原因」という説が有力です。

③ 群発頭痛およびその他の三叉神経・自律神経性頭痛

群発頭痛

群発頭痛は1000人に1人が発症する比較的珍しい頭痛で、「ドリルで眼の奥をえぐられるよう」な非常に激しい痛みを感じるそうです。

あまりの痛みで窓から飛び降りるなどしてしまうために、「自殺頭痛」ともよばれている非常に怖い病気です。

群発頭痛について調べてみましたが、低気圧で起きるような病気ではなさそうです。

三叉神経・自立神経性頭痛

三叉神経は顔面に走っている神経です。

なんらかの原因で三叉神経を血管が圧迫することがあり、その刺激を脳が痛みとして認識したとき頭痛のような症状が出ます。
一瞬の走るような激しい突発的な痛みを顔面付近に感じることが多いようです。

自律神経は睡眠時などのリラックスした状態と、仕事や運動しているときなどの活発化した状態とのバランスを整える役割を持っています。

このバランスが崩れた状態を「自律神経失調症」といいますが、活発化した状態が長く続くと、筋肉が首や肩などの筋肉が硬直してしまいます。
これによって、上述した緊張性頭痛が生じることがあるようです。

④ その他の一次性頭痛

原因不明のものから性交時のオルガスムが原因のものまで、さまざまな頭痛がここに該当しています。
多くの頭痛が当てはまるので、頭痛の感じ方もさまざまです。

多くは緊張型頭痛と同様、身体的・精神的ストレスが原因で生じるようです。

低気圧は通常よりも気圧が低い状態

頭痛がどんなもので、なぜ起きるのかが分かりました。
そこで次は低気圧ってどんなものなのかについて調べてみます。

大気の重さによる地表面にかかる圧力のことを気圧と呼びます。気圧の単位はhPa(ヘクトパスカル)を用いて表し、同じ気圧の地点を結んだ線が等圧線です。この等圧線の「等圧」の値はいくつでもかまいません。つまり「○○ヘクトパスカル以上が高気圧、○○ヘクトパスカル以下が低気圧」というわけではありません。周囲より気圧の高い部分を等圧線で囲んだところが高気圧、一方、周囲より気圧の低い部分を等圧線で囲んだところが低気圧です。

引用元:高気圧と低気圧|松江地方気象台

「こっから下は低気圧」ということはなく、周囲よりも相対的に気圧が低ければ、低気圧と呼ぶようです。

台風は低気圧の塊

ちなみに台風は低気圧の塊といえます。
これは気象庁のホームページを見たら一発で解決しました。

熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びます。

引用元:気象庁|台風とは

気圧が低い状態で、かつ風とかが強めな感じのを「台風」と呼ぶみたいです。

低気圧(台風)が原因で頭痛はするのか?

ここでようやく本題。
頭痛は低気圧(台風)で起きるのか?

気圧が下がるということは、わたしたちの身体を圧迫する空気の力が弱まることを意味します。
仮に低気圧が原因で頭痛がするのなら、この圧力の変化が関係しているはずです。

それを踏まえて、3つの仮説を立ててみました。

① 身体や血管が膨張することで、神経を圧迫して頭痛が生じる?

気圧が下がれば、普段わたしたちの身体を圧迫している力が小さくなるため、わずかにわたしたちの身体は膨張するはずです。

山の上に持ってったポテチの袋が膨らむ現象ですね。

気圧が下がることで身体がわずかに膨張するはず

こんなイメージです。

このとき、身体と一緒に血管も膨張している、つまり大きくなっているはず。
そのいつもより大きくなった血管が神経を圧迫して刺激を与えれば、頭痛の原因となりそうです。

② 脳が酸欠状態になっている?

血管が膨張するということは、普段よりも血圧が下がっている可能性があると思います。

ホースで水を撒くとき、指で潰したほうがシュバーって勢い良く出ますよね。
あれと同じで、血管が膨張したことで、血液を全身に送る力(≒血圧)が弱まっている可能性があるのではないでしょうか。

もしそうなら、頭は心臓よりも上にあるので余計血液を送りづらくなるはずですよね。

ホースは普通に出すと水の勢いが弱いホースを潰すと水の勢いが一気に増す

しかも、体内の血液の量は気圧が下がったからといって増えるわけない
常に一定のはずです。

血管が膨張すれば、とうぜん1箇所に必要な血液量が増える分、末端に行くほど血液が届かなくなるのでは?

血管が膨張すると末端にいくための血液が不足する?

つまり、これらの理由から脳に十分な酸素が送られず、自律神経とかその辺がうまく動かなくなる。
これによって、頭痛という症状であらわれるのではないでしょうか。

③ 気分がどんよりして自律神経があれする?

低気圧だと、雨が降ってたりとかなんか天気が悪いじゃないですか。
気分がどんどんどんよりしていきますよね。

気分がどんよりすることによって感じるストレスで、自律神経があれしてなんやかんやで頭痛が生じている可能性もあると思います。

気分がどんよりするストレスにより自律神経のバランスが乱れる

低気圧による頭痛の予防法・対処方法

どうやら低気圧で頭痛が生じるというのは十分ありえそうです。
では、この頭痛をどうにかする方法は無いのでしょうか。
さすがに天気が悪くなるたびに仕事のパフォーマンスを下げられると、業務に支障が出てしまいます。

低気圧の時に具合が悪そうな方にちゃんと仕事をしてもらうために、低気圧で生じる頭痛の予防方法・対処方法を考えたいと思います。

なお、素人が考えたものなのでその効果を保証するものではありません

① お風呂にはいる

お風呂にはいることで低気圧による頭痛を改善できる

お風呂に入ることによって、気圧の代わりに水圧がかかり、身体と血管の膨張を制限するのではないかと。

また、体温が上がることにより血流がいい感じになるため、脳が酸欠状態になるのも防げる感じがします。

そしてリラックス効果もあるため、自律神経のバランスもいい感じになりそうです。

懸念としては、一般的にはお風呂に入ると血管が拡張されると言われていること。
長湯しすぎて水分を失うと、血液もどろどろになって酸素が脳にうまく届かなくなるリスクもありそうです。

適度な感じに入浴するのと総合的に良い感じになると思います。

② コーヒーを飲む

コーヒーには血管の収縮効果がある

コーヒに含まれるカフェインには、血管を収縮させる作用があるといわれています。

したがって、コーヒーを飲むことで膨張した血管を元に戻す効果が期待できる気がします。

③ 酸素カプセルに入る

酸素カプセルに入れば頭痛を改善できる

酸素カプセルに入れば、通常よりも気圧が高い状態で過ごすことができます。
身体が酸素を吸収しやすい状態になりますので、脳が酸欠状態になる心配もありません!

「どこで買えるの?」

という方もいることでしょう。
わたしもそう思いましたので、調べてみたところ

amazonで買えます。
(すごい時代だ……。)

頭痛でお悩みの方はぜひポチってみましょう!

「ちょっとお値段が……」
という方は、下の酸素ボンベではいかがでしょうか。
気圧は上がりませんが、酸素吸入によって脳の酸欠状態はいくぶんかマシになるかもしれません。

低気圧で頭痛になることはありえそう

今回まじめに考えてみて、低気圧によって頭痛が引き起こされることはありえそうだと感じました。

しかし、わたしのように低気圧になっても全く頭痛にならないという方のほうが圧倒的に多いです。
たぶん低気圧で頭痛になる方は、血管が気圧の影響を受けるほど繊細だったり、神経との距離が近かったりするんだと思います。

今度から、天気の悪い日に誰かがあからさまに体調が悪そうな時は予め用意しておいた酸素ボンベをスッと手渡すようにしたいと思います。

低気圧による頭痛で苦しむ人にはスッと酸素ボンベを手渡す

【2016.8.30 追記】

川村先生から「コーヒーのほうがいい」というコメントをいただいたので、最後の画像を変更させていただきます!

今度からはスッとコーヒーをいれてあげられるようにがんばります。

やっぱりコーヒーを手渡すほうが良さそう

 

医師のコメント

  • 川村 優希
    一般内科
    低気圧が近づいてくると頭痛、吐き気、関節の痛み、うつなどの症状で受診する患者さんが増える印象があります。このように天気の変化で起こる“気象病”の中でも代表的なのが頭痛ですね。メカニズムはまだ解明されていませんが、気圧の変化が刺激となり、脳血管の拡張や炎症の連鎖が引き起こされ痛みが生じるのでしょう。(かなり複雑な機序があると思います)

    酸素ボンベに関して。群発頭痛の治療では発作時に酸素吸入を行うことがあるのですが、低気圧が原因の頭痛であまり効果は期待できないと思われます。
    血管収縮作用があるコーヒーをスッと手渡す方が良いです!ただしカフェインを過剰に摂取すると逆に頭痛の誘因となりますよ。
    投稿日時:
    なるほど

    15

    医師
    5
    一般
    10
  • 石川 陽平
    救急医療科
    気候と片頭痛の関係については、これまで様々な論文が発表されています。
    ストレス、疲れ、睡眠不足、月経なども偏頭痛のトリガーになるとされているほか、日照時間も関係すると報告する論文もあります。
    が、台風との直接的な因果関係を報告・説明した論文は現時点ではないようです(外来の印象としては多いように思います)。

    他の症状でいうと、めまいや喘息に関しては、気圧が下がってから24時間以内に発症率が上がるとの報告がすでにあり、台風との関連は強いと考えられます。
    投稿日時:
    なるほど

    13

    医師
    5
    一般
    8
  • 石見 陽
    メドピア株式会社 一般内科
    川村先生のコメントにあるように、様々な要因が絡むので一概には言えないですが、確かに気管支喘息の患者さんなど、季節の変わり目に体調を崩す人は多いですね。

    しかし、対処法は置いておいて、良く勉強しています(笑)
    投稿日時:
    なるほど

    7

    医師
    4
    一般
    3
  • 蓮沼 剛
    セントラルクリニック 一般内科
    都内で開業している総合内科専門医です。低気圧(特に台風の接近など)によって、気管支喘息、眩暈、神経痛が増悪するのは、経験的に感じています。対策としては、加圧された環境(東京ドームのような)が良いと思いますが、実現は難しいでしょうね。
    投稿日時:
    なるほど

    9

    医師
    3
    一般
    6
  • 杉原 桂
    ユアクリニックお茶の水 一般内科
    アプリ、頭痛ーるで前もって低気圧がくる日がわかりますよ!
    投稿日時:
    なるほど

    6

    医師
    3
    一般
    3
ツイート
この記事の著者

関連する記事