心臓僧帽弁膜症に新手術法、心膜で弁作製…患者の負担減

心臓僧帽弁膜症に新手術法、心膜で弁作製…患者の負担減
榊原記念病院(東京都府中市)は、心臓の僧帽弁膜症患者に対する新たな手術方法を開発したと発表した。いたんだ僧帽弁の代わりに、心臓を包む心膜で弁を作製する方法で、従来の「人工弁」より利点が大きいという。  僧帽弁膜症は左心房と左心室の間にある
外部PICK
イシコメ運営事務局 yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)
続きを読む

医師のコメント

  • 田端 実
    正確には世界初の手術ではないですが、厳密なプロトコールのもと臨床試験として行われるのは世界初ですね。どのような最先端治療でもあるように潜在的な欠点はありますが、安全性に配慮した適応基準や評価方法が定められています。有望な手術法であると思われます。
    投稿日時:
  • 宮田 俊男
    榊原記念の弁形成の名手の加瀬川先生の新しい手術がついに先進医療に認可。ワーファリンも不要で1人1人にあった弁を自己心膜で作成。国産人工弁の開発にもつながる。
    投稿日時:
ツイート

関連する記事