子供も大人と一緒! 子供が感じるストレスの原因と症状まとめ

子供も大人と同じくストレスを感じる
ストレス症状が現れる原因としては家庭や通っている保育園、幼稚園など子供の置かれている環境が要因となっていることがあります。一つではなくいくつも重なっていることもあるのでよく観察することが大事です。症状は身体面、心理面、行動面と様々な現れ方があるのです。子供のちょっとした問題と思っていたことがストレス症状である場合もあるので注意しましょう。
医療の現場
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

困った行動をとったり、
怒られるような事をしたり、
病気じゃないのにお腹を痛がったり

子どもがママには理解できない言動・症状を見せることはありませんか?

「もう!ちゃんとして!」

そういって怒りたくなる気持ちもわかります。
でもそれ、もしかしたら子どもが抱えているストレスのサインかもしれません。

子どもだって、わたしたち同じ立派な人間です。
悩みもすれば、ストレスを感じることだってあります。

ストレス症状が現れる原因、症状とはどんなものがあるのか、解決法は何かをまとめました。

ストレス症状は言葉で表すことができない子どものサイン

子供は言葉に出来ない分、その他の症状でストレスが表に出てくる

幼児期の子どもは発達が未熟で、自分がストレスを感じていることを言葉で表現することができません。

大人がそれを理解し、子どものストレスに気づいてあげなければいけません。

子どものストレス症状の原因

家庭でのこと

幼児期は家庭で過ごすことが多いです。
もしかしたらその中にストレスの原因が隠れているかもしれません。
家族の関係性を見直してみてください。

パパ、ママとの愛情を感じて育っていますか?

忙しすぎて子どもをかまってあげられないということも、子どもにとっては寂しさや不安でストレスになります。

しつけということで怒り過ぎている場合や、夫婦のケンカが絶えないような環境も子どもはストレスを感じてしまいます。

保育園や幼稚園でのこと

入園当初などは親から離れること自体にストレスを感じることがあります。

集団生活になじめない、
他の子と上手につきあえない、
園の先生の対応が合わない……

などなど、このような場合もストレスの原因になります。

ストレス症状の種類

以下の様な症状が出ます。
個人差もあるので、他にもさまざまな症状が出ることがあります。

あなたのお子さんに普段とは異なる様子がないか、よく観察してあげてください。

身体面に出る症状

  • 腹痛、下痢
  • 頭痛
  • 吐き気、おう吐
  • おねしょ、頻尿
  • 気管支喘息
  • アトピー性皮膚炎

など

心理面に出る症状

  • 気分の落ち込み
  • イライラ
  • 不安がる
  • 覇気がなくなる
  • 情緒不安定

など

行動面に出る症状

  • 爪かみ
  • 登園したがらない
  • 過食、拒食
  • チック
  • 性器いじり
  • 吃音(言葉をスムーズに話せなくなる)
  • かん黙(言葉を話せなくなる)
  • 夢遊病(眠ったまま動き回る)
  • 夜驚症(睡眠中、突然悲鳴をあげる)

など

ストレス症状がみられたら

  • ストレスの原因を取り除いてあげること
  • ストレス症状を無理に治そうとしないこと
  • 決してストレス症状を責めたり、怒るなどはしない
  • 何がストレスか子どもに追及しないで話してきたらしっかり聞く
  • 医療機関や心理の専門家に相談する

こういったことを心がけ、子どもたちにとって少しでもストレスフリーな環境を作ってあげて欲しいと思います。

適切な対応を心がけ、子どものストレス症状を予防

子供にはできるだけストレスを感じることなく元気に育って欲しい

最近では共働きが当たり前になり、母子・父子家庭も増え、子どもとの時間をゆっくりとれない親が多いかと思われます。
親子ともども、ストレスの多い社会であるといえるでしょう。

多少のストレスはあって当然なことですが、それが症状として出してしまう要な場合は健康上、良くありません。

子どもにとってストレス症状を出してしまう原因を取り除いてあげることが一番大切となります。
適切な対応を心がけていきましょう。

医師のコメント

  • 眞鍋 歩
    往々にして子どもはストレスに弱い部分があります。 最初に気づいてあげるのは一緒に生活している親の役目だと思いますので、子どもの毎日の様子を確認し、ちょっとしたサインを見逃さず、小さな変化にも気づいてあげるようにされてくださいね。
    投稿日時:
ツイート
この記事の著者

関連する記事