イシコメ

寝たきりでも口腔ケアは必要?

寝たきりでの口腔ケア
口腔内は無数の雑菌ばかりです。特に寝たきり高齢者は唾液の分泌が著しく減少するので、若者以上に雑菌が多く、病気の原因になります。歯みがきは単に虫歯予防でなく、雑菌を体内に取り入れないために必要なのです。
医療の現場
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

高齢になると唾液の分泌が減少し自助洗浄作用ができなくなる

美味しいものを見たり食べたりすると唾液がでます。しかし、加齢と伴に唾液を出す機能が衰えてしまい、口のなかは乾燥してカラカラになることが多いのです。

その結果、唾液が持つ洗浄作用が失われ、口腔内が不潔な状態になってしまうのです。

不潔な状態になりますと、口臭の原因にもなりますし、汚れた唾液が肺の方に流れて肺炎(誤嚥性肺炎)を起こすこともあります。

胃ろう(胃に穴を開けて栄養を流す方法)でも口腔ケアは必要?

いくら口から食べ物を食べないからといっても、口のなかは汚れてしまいます。口から食べないと、さらに唾液の分泌量は減少してしまいます。その結果、先ほど説明した通り、口のなかは不潔になりやすいのです。

食べ物で口のなかが汚れないから、清潔が保たれているということはないのです。

どのようにして口腔ケアをすればいいのか?

自分の歯が残っている場合は噛まれないようにしなければなりません。安易に口のなかに指を入れると、噛まれてしまい傷になります。さらに、その傷口から雑菌が進入して、化膿することだってあるのです。

そうならないために、専門の口腔ケアの用具が販売されています。例えば、長い柄の先に小さなスポンジが付いており、それを口のなかにいれて綺麗に汚れを取り除くのです。このとき、そのスポンジをうがい薬のイソジン等に浸して、軽く絞った状態で汚れを取り除くと効果的です。

口腔ケアの方法は歯並びや、歯の数、入れ歯の状態によって微妙に違ってきます。分からないことがあれば、歯科医に相談することをお勧めします。わざわざ病院まで行かなくても訪問診療してくれるところがほとんどですので、一度お問い合わせするといいでしょう。

どうしても家族ができないとき

施設で努めるプロの介護士でも口腔ケアが難しいことがあります。その理由として、口のなかはなるべく人に見せたくないという本能が働いて、なかなか口を開けてくれないのです。

そんなときは、無理やり口腔ケアをするのではなく、まずは本人の意思を尊重し出来る時に実施するので構いません。

どうしても口臭等が気になるようなら、歯科医師や歯科衛生士にそうだんするのも一つの方法です。

まとめると・・・

いかがでしたか?口のなかは常に清潔を保っておかないと不潔になってしまうのです。それは、寝たきりでの同じで、口から食べないから不潔にならないというものでもありません。

介護者である家族も大変でしょうけど、少しでも高齢者の口のなかを気にしてあげて下さい。

医師のコメント

  • 田中 公孝
    口腔ケアは、誤嚥性肺炎を予防し、大事な残歯(残っている歯)を守る重要なケアです。誤嚥性肺炎は、ひどいと命に関わる病気ですし、歯がなくなると嚥下障害を引き起こしやすくなる原因となります。胃瘻でも口腔ケアが必要な理由の1つは、誤嚥性肺炎の予防にあります。 これらの相談は、訪問歯科が強い味方ですので、在宅療養生活をされている方は、ぜひ利用を検討されてはいかがでしょうか?最近は、嚥下内視鏡を使って嚥下機能を評価してくれる歯科さんも登場していますので、療養状況に合った利用の仕方をお勧めします。
    投稿日時:
ツイート
この記事の著者

関連する記事