絶対NG! やっちゃいけないスキンケア方法7つ

スキンケアはお肌を滑るように優しく行うのがベスト
スキンケアでは十分な栄養をお肌に与えることも大切ですが、それ以上に「お肌へのダメージを避ける」ことが重要です。やりがちだけどお肌へのダメージが大きいスキンケア方法を知ることで、毎日のスキンケアがもっと効果的になっちゃいます。
医療の現場
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

程度のこそあれ、洗顔などの基本的なスキンケアは毎日やっている方が多いと思います!

でも、絶対にやっちゃいけないNGな方法がある事はご存知ですか?
これをやっていると肌をきれいにするために行っているはずのスキンケアが肌トラブルの原因になりかねません!

今回はそんなNGなスキンケア方法をまとめてみました。
あなたの毎日のお肌のケアが大丈夫かどうか、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

絶対NG!? 7つの危険なスキンケア

① 強い力でゴシゴシこする

おなたのお肌はとっても繊細です!
少しの摩擦でもすぐ傷ついてしまったり毛穴が開いてしまいます

「汚れをしっかり落とそう」
「入念にマッサージしよう」
そう思って力いっぱいゴシゴシしてしまうと、せっかくの心がけも虚しく、反対に肌を傷つけてしまいます。

洗顔やマッサージを行う際は、肌の上を滑らせるように優しく行うと肌を傷つけず行うことが出来ます。

② 化粧品のつけなさすぎ

「もったいないから少しの量でいっか」
と化粧品を規定量より少なく使っていませんか?

化粧品に記載されている使用量は、それぞれが十分に力を発揮するために必要な量です。

少ない量でケアを行うと、十分に化粧品の能力が活かせません。
結果、乾燥を招いたり、摩擦が大きくなったりと、せっかくケアをしていても本来ある効果が期待できなくなってしまいます。

逆に化粧品をたくさん使ったからといって、それだけ効果が増すというわけでもありません。

お肌が吸収できる栄養成分は決まっています。
化粧品に記載された量を守って使用するのが美肌への1番の近道です。

③ オイルクレンジングの使用

オイルクレンジングは元々、舞台メイクなどのしっかりとした化粧を落とすために使われていたものです。

そのためわたしたちが普段するようなメイクであれば、他のクレンジングと比べてしっかりお化粧を落とすことができます。
ただしお化粧を落とす力の強さに伴って、肌へのダメージもとても大きいです。

普段のメイクを落とすためであれば、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジング剤で十分です。

マスカラなどは落ちにくいので、目元専用のクレンジング剤を使うなど部位によって使い分けることをおすすめします。
そうすることで、お肌へのダメージをおさえつつ、しっかりクレンジングすることが出来ます。

④ ふき取りタイプのクレンジングの使用

ふき取りタイプのクレンジングはメイク落としがとっても手軽で、眠いときなどはついつい手を出しがちですよね。

ですが、ふき取りタイプはお肌への摩擦がとても大きく、ダメージをうけやすいためおすすめできません。

どうしても使わなくてはいけない時は、1枚ですべてのメイクを落とそうとせず、何枚か使用して肌を滑らせるように優しく落とすのがおすすです。

⑤ 長時間の保湿パック

保湿パックは簡単にお肌を保湿できる身近なアイテムですよね。
乾燥肌で悩む女性も多いですし、使ったことのある方はとても多いのではないでしょうか。

「たくさんお肌に水分をあげたい!」
と長時間つけたままにしがちではないでしょうか?

保湿パックをお肌にのせていると、マスクの水分が蒸発すると共に肌の水分も蒸発してしまい、逆効果です。
保湿パックを使うときは3~5分程度にとどめておくのが一番効果的です。

⑥ お風呂上りのスキンケアを後回しにする

お風呂上がりの温まった体は水分が蒸発するのがとても早まったいます。

そのためすぐにケアをしないと、すぐにお肌が乾燥してしまいます。

お風呂から上がったら1番にスキンケアを行いましょう。

⑦ ストレスを放置

ストレスを受けると体内で大量の活性酸素が発生します。
活性酸素は体の酸化をさせ、老化を早めてしまいます。

上手にストレスを解消して、内側からのお肌へのダメージを取り除きましょう。

お肌へのダメージを極力小さくしてあげよう

絶対にやっちゃいけないスキンケアについてまとめてみましたが、当てはまるものはありましたか?

わたし自身もよくよく考えてみると、やってしまうことが多いです。

正しいスキンケアの仕方をチェックして、美肌を目指して頑張りましょう!

医師のコメント

  • 眞鍋 歩
    スキンケアの基本は何よりも洗顔と保湿かと思います。 スキンケアがなかなかうまくいかない人は、そもそもの保湿量が足りていないこともよくあります。 まずはお風呂上がりなどに、十分な保湿をするようにしてみてください。
    投稿日時:
ツイート
この記事の著者

関連する記事