イシコメ

腹痛の3つの種類|内臓痛・体性痛・関連痛の特徴とは?

内臓痛・体性痛・関連痛の特徴とは?
腹痛の3つの種類をまとめました。
医療の現場
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

腹痛の3つの種類について|内臓痛と体性痛と関連痛の特徴

日常生活の中でも現れやすい腹痛の症状。

なんとなく食べ過ぎや飲み過ぎなど自己診断から軽視してしまいがちではないでしょうか。

実は病気のサインにもなる腹痛について少し知識を身につけましょう。

今回は腹痛の種類についてご紹介します。

腹痛には大きく分けて「内臓痛」、「体性痛」、「関連痛」の3つの種類があります。

目次

  • 内臓痛について|腹痛の種類(1)
  • 体性痛について|腹痛の種類(2)
  • 関連痛について|腹痛の種類(3)
  • 腹痛症状の軽視は危険

内臓痛について|腹痛の種類(1)

腹痛の中でも多くの方が発症しているのが内臓痛です。

内臓痛は字の通りに内臓に異常が現れ痛みを発症させています。

この時体内の臓器が無理やり伸び縮みしていることが考えられていて、本来の形から変形して起こる痛みを腹痛と訴えているのです。

腹痛の症状を言葉で表す時に、”キリキリ”など表現する方が多いと思いますが、内臓痛から現れる痛みは確かにキリキリとうずく痛みが特徴的です。

また、原因として過度なストレスや暴飲暴食などが考えられます。

臓器の機能低下から伸び縮みといった本来起こさない活動が行われることから、キリキリとした痛みだけでなく、吐き気や冷や汗などの症状も現れることがあります。

体性痛について|腹痛の種類(2)

腹痛を訴える方のほとんどは一次的な痛みが特徴になる内臓痛です。

内臓痛は原因を解消することで治ることがほとんどなので、腹痛の症状も深刻に考えなくなるのも仕方ないのかもしれませんが、腹痛には時に手術を要する体性痛という種類があることを知識として身につけておかなくてはいけません。

いつも通り、そのうち治るだろう!と感じる痛みが病気の進行を早めてしまう原因になってしまうのです。

体性痛は病気が原因で起こる症状がほとんどです。

病気が原因になるので、お腹全体に痛みや不快な症状が現れる内臓痛とは違い、痛む場所がハッキリしています。

また、痛みの度合いも内臓痛に比べると大きく生活そのものに影響を及ぼすこともあります。

特定の場所に痛みが現れ、いつもの痛み異常に強い痛みが現れる時には速やかに病院を受診し原因を追求することが最善の予防・解消につながります。

関連痛について|腹痛の種類(3)

最後の種類に関連痛があります。

関連痛の原因は先に挙げた内臓痛、体性痛が関与してきます。

特に病気が原因となり激しい痛みが現れる体性痛は早めに対処しないと関連痛を起こしやすくなります。

関連痛は、関連する痛みです。

内臓痛が起こり体内に痛みを発症し解消しないでいると、内臓痛からくる痛みが他の部位に影響し痛みが現れます。この時の症状を関連痛と言います。

つまり内臓痛以上に強い痛みを伴う体性痛からの影響は大きくなるのです。

体性痛から現れる決まった場所からの痛みが隣接する増加に刺激を与え、異常のなかった臓器にまで痛みを発生させてしまいます。

腹痛症状の軽視は危険

症状を訴える方も多い腹痛ですが、決して軽視していい症状ではありません。

腹痛について3つの種類についてまとめて分かるように、腹痛を引き起こす原因には病気が関係していることもあるのです。

まず大事なことは生活習慣、食習慣が原因となる腹痛の症状を予防することです。

腹痛は病気かも!という意識をさらに高めることで病気のサインを素早く察知することができます。

医師のコメント

  • 眞鍋 歩
    体性痛というのは、痛みの原因となっている部位とは違った箇所に痛みが出ます。 本当は胃に原因があるのに背中の痛みとなって現れたりしますので、意外と分かりづらいですね。 腹痛に加えて下痢や嘔吐、血便などの症状があれば早めに病院を受診しましょう。
    投稿日時:
ツイート
この記事の著者

関連する記事