イシコメ

性格が高血圧の原因に!? 今日からできる対策と高血圧予防に効くツボをご紹介

血圧測定器
高血圧の患者は国内に3000万人いるとされ、国民病とも呼ばれています。生活習慣と大きな関わりがあるとされているので、日常生活の中で出来ることから対策をすることで、高血圧になるリスクを下げることが可能です。
医療の現場
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

動脈硬化や心筋梗塞など、様々な病気の要因となりうる高血圧。
なんとなくからだに良くないということは分かっていても、実際のところ高血圧になると何がどういけないのか、そもそもどのような仕組みで高血圧になるのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は高血圧の原因や症状、予防法についてご紹介していきます。

そもそもどこからが高血圧?

高血圧は日本国内に3000万人以上いると言われている国民病のひとつです。

具体的な高血圧の基準としては、

  • 最小血圧:90mmHg以上
  • 最大血圧:135~140mmHg以上

このどちらかを満たす場合に高血圧と診断されます。
最大血圧、最小血圧どちらもがこの数値を上回っている場合はもちろんですが、いずれか片方だけ上回っている場合でも高血圧と診断されますので注意してくださいね。

程度に応じて、さらに

  • Ⅰ度高血圧(最大血圧140~159、または最小血圧90~99)
  • Ⅱ度高血圧(最大血圧160~179、または最小血圧100~109)
  • Ⅲ度高血圧(最大血圧180以上、または最小血圧110以上)

の3種類に分けられます。
もちろん、度数が上にいけばいくほど早期の治療が必要です。

血液を運ぶ動脈の流れが悪くなると、心臓は圧力を高めて血流を流そうとします。
そうなると、心臓の収縮する力が強くなったり、脈拍が高くなることで心臓からたくさんの血液が送り出され、血管に強い圧力がかかって血圧が高くなってしまいます。

この状態が長く続くと、血管の壁が厚く固くなり、弾力がなくなっていきます。
それによってますます血流の流れが悪くなり、動脈硬化など合併症の引き金になると言われています。

高血圧になるとどんな症状が表れる?

高血圧によって、動脈硬化や糖尿病など様々な病気を引き起こす可能性があることはお伝えしました。

ですが、スポーツジムに通っている、自宅に血圧測定器があるなどといった場合を除けば、なかなかそれほど頻繁に血圧を測る機会などなく、自身の血圧がどの程度なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

数値以外で判断できる高血圧の症状としては、

  • 頭痛(後頭部~肩にかけて)
  • 肩凝り
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 手足のしびれ
  • 吐き気
  • 動悸

などが挙げられます。

ですが、これらの症状だけで高血圧だと判断するのは難しく、また、どれも高血圧以外の原因も考えられるため、なかなか自身で発見するのは困難だと言われています。

そのため、職場での健康診断や人間ドックなどを定期的に受診したり、遺伝的に高血圧の可能性がある方は、自宅で計測できる機械を購入してこまめに血圧を測るなどの対策を心がけましょう。

高血圧になりやすい原因とは

実は残念なことに、高血圧のうち90%以上は直接的な原因が不明と言われているのです。

「90%以上が不明だなんて、対策しようがない!」と思われる方も多いかもしれませんが、生活習慣と遺伝的な要因が関係していることは既に解明されています。

一次性高血圧と二次性高血圧

高血圧は、考えられる原因により「一次性高血圧」と「二次性高血圧」に分かれます。

「一次性高血圧」は、塩分の摂り過ぎや加齢による血管の老化、ストレスや運動不足などが原因とされています。
こちらは基本的には食事療法、運動療法、薬物療法を掛け合わせて治療を行います。

一方、「二次性高血圧」は、腎臓病やホルモンなどの病気が原因です。
こちらの場合は原因となっている病気が完治すれば、血圧も正常値へ戻るとされていますので、まずはその治療から始められます。

実は性格も高血圧の原因に!?

最近の研究では、食生活や運動不足などの生活習慣はもちろんですが、それ以上にストレスが高血圧と大きな関係があるのではないかと言われています。

ですが、ストレスの強さはその人の感じ方次第。
普通はストレスに感じてしまう多忙な毎日でも元気にしている方もいれば、なんでもないことでも強いストレスを感じてしまう方もいます。

一般的に、ネガティブな感情が血圧を上げると言われています。
怒りや恐怖、イライラなどといった感情が脳内の交感神経を刺激し、血圧上昇につながるのではないかとされています。

また、まじめで「常にこうあるべきだ」と考えてしまう完璧主義者は、物事が思い通りにいかないと、それだけで強いストレスを感じ、高血圧の原因になってしまう傾向にあるようです。

とはいえ、性格そのものはなかなか変えることができませんよね。

ストレスは溜めておくことが一番危険です。
食事、運動、読書・・・なんでも構いませんので、自身に合ったストレス解消法を持っておきましょう。

今日からできる!6つの高血圧予防法

高血圧の原因や症状についてご紹介しました。

かつては、中年層の病気と思われていた高血圧ですが、最近では食生活の変化や忙しすぎる現代人のライフスタイルなどの影響で、若くても高血圧に悩む人が増えてきているのだとか。

そこで、高血圧になってしまう前から心がけておきたい予防策についてご紹介します。

① 肥満予防

これは、高血圧に限ったことではありませんが、肥満は万病のもとと言われています。

太っている人ほど高血圧になりやすく、また、合併症の発症リスクも高まるため、日頃から適度な運動を心がけましょう。
無理のしすぎは良くありませんので、毎日20分以上、ウォーキングやジョギングなどご自身が続けられるものから始めるといいです。

なかなかスポーツジムに行く時間が取れないという方は、
「職場ではエレベーターを使わずに階段を利用する」
「一駅手前で降りて歩く」
などでも構いません。

② 寒暖の差に注意する

一般的に、暖かいところから急に寒いところへ行くと血圧が上がるとされています。

高齢者による冬場のお風呂場での心臓発作や心筋梗塞が多いのはこのためですね。
部屋の温度や洋服などで調節し、寒暖差を感じないよう、上手に調整しましょう。

③ ストレスを解消する

先ほどもご紹介しましたが、ストレスも高血圧に大きな影響を与えます。

特に社会人になるとストレスが全くないという状況の方が稀で、皆何かしらのストレスは抱えているものですが、重要なのは上手に発散できるかどうかです。

あまり完璧主義にならず、運動をしてからだを動かしたり、好きな音楽を聴く、掃除をするなどしてうまくストレスを取り除いてあげましょう。

また、1人で抱え込まず、友人や家族に愚痴をこぼすだけでもかなり心が軽くなりますよ。

④ 良質な睡眠を心がける

こちらも高血圧に限ったことではありませんが、規則正しく良質な睡眠は高血圧予防にも良いとされています。

カリフォルニア大学の調査では、睡眠時間が少なければ少ないほど、高血圧になる割合が高いとされています。

仕事や育児などで、なかなか毎日8時間睡眠時間を確保するのは難しいかもしれませんが、「日が変わる前に寝る」「寝る直前のパソコンやスマホは控える」などして、ご自身でできる範囲で良い睡眠環境を作ってみましょう。

⑤ 絶対禁煙!副流煙にも注意

タバコは急激に血管を収縮させてしまう作用があるため、高血圧の原因になると言われています。

その他にも、タバコは肝臓機能を弱めるなど、万病のもとでしかありません。
ご自身が禁煙することはもちろんですが、副流煙にも気をつけたいところです。

パートナーや同居しているご家族など、みんなで禁煙を目指しましょう。

⑥ 食事は基本薄味で

手軽に始められて、わりと早い段階で効果が見られるのが食生活の改善です。
高血圧予防にはまず、塩分控えめの食事を心がけましょう

現在、日本人の一日の塩分摂取量として推奨されているのは、10g未満ですが、塩分の摂り過ぎは血液をドロドロにして血流を悪くし、高血圧の要因となりうることから、高血圧患者の場合は1日6g未満とされています。

2015年4月1日より、厚生労働省では日本人のナトリウム(食塩相当量)の目標を男性8.0g/日未満、女性7.0g/日未満としています。
それまでは、男性9.0g/日未満、女性7.5g/日未満でした。

実際の日本人の食塩摂取量は平均10.4g(厚生労働省平成24年国民健康•栄養調査結果より)と、低下傾向にありますが、味噌や醤油を良く使う日本食はヘルシーながらも塩分が高い傾向にあり、注意が必要です。

醤油や味噌は減塩タイプの物を使用する、味が濃い市販のドレッシングは使用しないなどの工夫をしてみましょう。

また、血圧を下げる食品として知られている海藻類やほうれん草、小松菜、ココアやコーヒーなどを積極的に摂りいれてみるものおすすめです。

毎日生活習慣の見直しにプラスして行いたい検査

早期発見が難しいと言われている高血圧ですが、放っておくと、動脈硬化や心臓病、脳卒中、腎臓病等の原因となります。
これらは命の危険性もあるため、健康診断や人間ドックなど、日々の生活の見直しに加え、定期的な検査を受けておくことをおすすめします。

ツボ押しも効果的!今日から試したい高血圧に効くツボ

ツボ押しは血流を良くするため、高血圧には高価が高いと言われています。
ですが、ツボはどこが何に効くのかをよく把握しておかなければ素人には難しいもの。

そこで、代表的なものを3つご紹介します。

合谷(ごうこく)

手の甲の、親指と人差し指の骨の交わるところより、やや人差し指側にあり、触ってみると少しくぼんでいるところが合谷です。
血圧だけではなく、肩凝りなど様々な症状に効果があるため、最強のツボとも言われているのだとか。

グリグリと小さな円を描くように刺激し、3~5分ほど続けていると、上半身が暖かくなってリラックスしてきます。

この指圧の後に腹式呼吸を行うと、脳の副交感神経が刺激されるため、血圧の上昇を抑えることができるとされています。

神門(しんもん)

神門は手のひらの付け根の小指側にあるツボです。
こちらは、血流を安定させるため、高血圧に関効果があると言われています。

親指を神門にあてて、残りの指で手首をつかみ、ちょっと痛いぐらいの強さで、30回ほど押します。

足三里(あしさんり)

足三里は膝のお皿のくぼみから、指4本分ほど下がったむこうずねの外側にあるツボです。
こちらは高血圧だけでなく、体力増強や頭痛、足の疲れなどにも効果があるとされています。

親指で、気持ちいいと感じる強さでしっかりと押してみましょう。

できることから少しずつ!今日から高血圧対策をはじめましょう

高血圧の原因と症状、おすすめの対策いかがでしたか。
放っておくと怖い高血圧ですが、「始めよう!」と思った時からすぐに対策できるという利点もあります。

仕事などの忙しさを理由についつい後回しにしてしまいがちな健康管理ですが、良い仕事をするためにも健康は一番です。
まずは、薄味の食事をバランス良く食べることから、無理なくできることから高血圧対策を始めてみませんか。

医師のコメント

  • 眞鍋 歩
    高血圧は生活習慣病の代表的な病気で、日本人の高血圧人口も約4,000万人と言われています。様々な全身の合併症を引き起こしますので、もし血圧が高い方は意識して下げるようにしましょう。 高血圧は生活習慣(食事や運動など)の改善が特に重要であり、ツボに関しては医学的根拠は低いかと思いますが、それ以外の内容に関しては一定の効果があるかと思います。 また近年では家庭血圧が重視されており、是非みなさんもご自宅で定期的に血圧を測られてみてください。その際、血圧が平均して135/85mmHgを超えるようであれば一度医療機関を受診するようにしましょう。
    投稿日時:
ツイート
この記事の著者

関連する記事