医師の3割が睡眠薬を飲んだことがある。医師4000人にアンケート調査

睡眠薬を飲む医師
医師の3割が、睡眠薬を使用したことがあるようです。アンケートの結果から、お医者さん特有の事情や大変さが垣間見えました。一方で、さすがお医者さん!というパワフルなコメントも。でも睡眠薬は、なるべく使わないことに越したことはありませんね。
メンタルの悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

どうしても眠れない夜ってありませんか?

イライラして寝付きが悪かったり、不安なことを思い出したりしてしまった日は、睡眠不足になりますよね。でも翌日の仕事があるから早く寝ないといけない。

わたしもときどき経験がありますが、医師の方々は、どうなんでしょうか?

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2016年2月8日から同年2月14日にかけて行われ、4000名から回答をいただきました。

医師の3割「睡眠薬を使用したことがある」

この調査では、「どのくらいの頻度で睡眠薬を利用しているか」について、医師の方々ご自身の実際の状況と近いものを、以下の選択肢から選んでもらいました。

コメント欄には利用されている睡眠薬の種類や、どのようなときに眠れないことがあるかを書いてもらいました。

1. 毎日
2. 2日に1回程度
3. 週に1~2回程度
4. 月に1~2回程度
5. 以前は利用していたが、現在は利用していない
6. 利用したことはない

その結果が下記の図1です。

睡眠薬の利用頻度について

約3割の医師が「睡眠薬を使ったことがある」と回答しています。

「え?お医者さんも睡眠薬を使うんだ!」
「病院の仕事って、やっぱりいろいろと大変なのかな?」

などと、失礼ながら思いを巡らせてしまいました。

当直、出張、翌日の仕事に支障をきたしそうな時

それでは、アンケートに解答して頂いた3割の医師が睡眠薬を使用している理由を見ていきましょう。

  • 40代男性 一般内科医
    当直続きで、リズムがくずれた時に使用することもあります。
  • 30代男性 血管外科医
    海外出張後の眠れないときは使用します。
  • 50代男性 循環器内科医
    どうしても眠れず、翌日の診療に支障が出そうな時に服用します。

よく見られたのは

  • 当直や海外出張などイレギュラーな時
  • 翌日の仕事に支障をきたしそうな時
  • 週末で翌日が休みのとき

という理由でした。

他にも「できるだけ使わないようにしている」、「年をとったせいか寝付きが悪くなった」「ストレスが多いため」というコメントもありました。

それぞれ医師の状況や考え方があるようです。
普段飲むのではなく、「患者さんに処方するからどんなものか試してみた」というコメントもありました。

いつでもどこでも寝れる医師も

次に「睡眠薬を使用していない」と回答した医師のコメントを見ていきましょう。

  • 50代男性 脳神経外科医
    必要としたことがありません。
  • 30代男性 産婦人科医
    いつも、どこでも寝付けます。これまで一度も使ったことはないです。
  • 30代男性 消化器外科医
    常に眠いので薬剤はなくともいつでも寝られます。使用経験はありません。

いつでも寝ることができる、不眠で困ったことがないなど、パワフルな医師も多くいらっしゃるようでした。
当直もやって患者さんを救ってと日々の大変さも心身の健康があってこその職業ですね。

今回、約7割の医師が睡眠薬を使用していないという結果でしたが、しっかりとした睡眠をとることは、医師として職務を全うするのに欠かせない要素だと思いました。

一方で、忙しさが伝わってくる大変そうなコメントもありました。

  • 50代男性 一般内科医
    睡眠導入剤使えるほどの睡眠時間が確保できません。
  • 50代男性 脳神経外科医
    オンコールに対処できないと思います。
  • 50代男性 腫瘍内科医
    仕事が忙しすぎて常時睡眠不足ですので、座った瞬間、横になった瞬間、入浴中でも意識を失うように寝てしまいます。おぼれ死にそうになったことは幸いないです。

このように夜間の呼び出しや業務で睡眠時間が短いため飲める状況ではないという話から、疲れすぎて寝てしまうというコメントもありました。

日本の医療は、こうした医師の方々の努力で支えられていることを実感するコメントです。

睡眠薬を飲まない取り組みが大事

さて、睡眠薬を使うか使わないかでアンケート調査を行いましたが、なるべく飲まないにこしたことはありません。

「以前は睡眠薬を飲んでいた」という医師の方が「運動を導入して改善した」というコメントがありました

また、「安易な睡眠薬に頼らず休養をとるべき」というコメントもありました。

アンケートのなかで厚生労働省から出ている「睡眠習慣の見直し」を読むことを勧めていた医師もいましたので、よろしければ下記リンクを参考にしてみてください。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_sleep.html

厚生労働省では他にも「健康づくりのための睡眠指針2014」という提案もしています。
一度読まれてみてもよいかもしれません。

わたし自身も睡眠をしっかり取るために、日常の運動を意識したり、眠れない時でも作業しないようにしたりと心がけたいと思います。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事