うつ病の人への接し方で注意することは?精神科・心療内科医210人アンケート調査

うつ病患者との接し方で避けなければいけないポイント
医師が指導するうつ病の人に対して最も注意すべき接し方は、「本人にプレッシャーをかけない」ことでした。他にも「仕事の負担をかけない」「周りは感情的にならないように」「原因探しは良い結果を生まないのでしない」といったコメントもあり、いずれも本人の負担がかからない配慮が大事そうです。
うつ病・躁鬱
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

前回はうつ病の方が普段の生活の中で気をつけるべきことをご紹介しました。

今回は、うつ病の方とコミュニケーションを取る上で周囲の方が注意すべきことをご紹介します。
日常生活において周囲の人の接し方は、うつ病の治療にも影響するので注意が必要です。

実際に現場で診療する医師は、日常生活でどんなことに注意するよう周囲の人達に指導しているのでしょうか?
精神科・心療内科210人にアンケート調査を行い、うつ病患者さんへの避けるべき接し方について聞いてみました。

※ 本調査は2017年4月14日〜4月16日にかけて、医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて精神科・心療内科系の医師に向け行われました。

精神科・心療内科の医師の方々が、うつ病診療において家族・職場の人に「患者への避けるべき接し方」を指導する際、特に重視するものを下記から1つ選んでもらいました。

  • プレッシャーをかけないこと
  • 仕事などの負荷をかけないこと
  • 感情的にならないこと
  • (うつ病の)原因探しをしないこと
  • そのた

結果が、以下のグラフになります。

図1

それでは医師のコメントを見ていきましょう。

1番は本人にプレッシャーをかけないこと

  • 70代男性 心療内科
    家族は時に、心配、熱心なあまりに(患者に)プレッシャーを無意識にかけてしまっていることが大いにあります。それに気づいた時は、具体的な例に即して、本人がどう感じているかも確かめつつ家族に伝えるようにしています。
  • 60代男性 精神科
    うつ病は日により波があり、治り方も直線的に治るものではありません。焦らず、あるがままが大切で、周りは負荷をかけないことが大切です。
  • 30代男性 精神科
    言葉だけでなく雰囲気でもプレッシャーを感じることがあるので注意するよう伝えます。
  • 50代男性 精神科
    「がんばって」などと安易に励ましてしまうと本人にとっては余計にしんどくなってしまいます。
  • 40代男性 精神科
    プレッシャーをかけても、本人のパフォーマンスが上がるわけではないことを説明します。
  • 40代女性 精神科
    時期やタイミングにもよりますが、うつ病の治療で休息をとるべき時期にはまずストレス状況から開放された状態になることが大切だと考えます。

1番多かったのが、本人にプレッシャーをかけないことでした。

周囲のプレッシャーは、うつ病の治療に悪影響を及ぼすため、医師の方からも配慮するよう指導している様子が伺えます。
コメントにもあるように安易な励ましも避けた方がよさそうですが、言葉だけでなく、雰囲気でもプレッシャーを感じることがあると言及した医師もいたことから、この辺りの注意も必要そうです。

仕事の負荷をかけないことも大事

  • 50代女性 精神科
    心理的にも身体的にも休息が取れるように配慮をお願いしています。
  • 40代女性 心療内科
    負荷をかけ過ぎないように、できる範囲で。
  • 40代男性 精神科
    まずは業務量を減らし、本人も達成感を持たせる。
  • 40代男性 精神科
    症状が軽減しても急に負担をかけないことを強調します。
  • 30代男性 精神科
    本人が負担から逃れられないと考えていることが多いため。

医師から周囲の人達に仕事の負荷をかけないよう促している様子が、コメントから見受けられました。
本人も病気でパフォーマンスが落ちている状況でのため、仕事量に関して周囲の配慮が重要そうです。

周囲の人は本人に感情的にならない対応を

  • 30代男性 精神科
    感情過干渉は避けるよう指導します。
  • 30代男性 精神科
    周りが感情的になると本人が敏感に感じて罪悪的に感じる事もあります。
  • 30代男性 心療内科
    家族が情緒的に巻き込まれやすいため。
  • 50代男性 精神科
    患者は過敏に反応し、心の壁が厚くなるため。

うつ病の状態だと不安定な状態で過敏でもあり、周囲は感情的にならない対応が大事なようです。

うつ病になった原因探しをしても良い結果を生まない

  • 70代男性 精神科
    本人も周囲の人も、現状をあるがままに受け入れること、原因を探すのではなく、明るい将来を想像することが大切だと話しております。
  • 40代男性 精神科
    感情的な原因探しは不毛に終わることが多いので。
  • 50代男性 精神科
    どれも重要ですが、原因探しをすると本人が苦しむのはもちろん家族間に亀裂が入りかねないので。
  • 70代男性 心療内科
    原因を探しても解決につながらないことを理解してもらいます。
  • 30代男性 精神科
    原因を探すと誰かを責めることになり、結局は人間関係がギスギスしてしまうので。

原因探しをしても良い結果を生まず、むしろ悪化を招きかねないというコメントが見られました。
うつ病の原因は何にせよ、まずは治療に専念し、周囲はそれをサポートする意識を持つことが大事そうです。

うつ病の治療中は、負担をかけないことが大事

本調査では、うつ病の治療をしている患者さんの周囲の人達が「避けるべき接し方」を聞きました。

うつ病の人に対して最も気をつけることは、「本人にプレッシャーをかけない」ことで、他にも「仕事の負担をかけない」「周りは感情的にならないように」「原因探しは良い結果を生まないのでしない」といった、いずれも本人の負担がかからないよう配慮することが大事そうです。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事