耳かきはした方がよい?しない方がよい? 医師4100人にアンケート調査

耳かき
本調査からは、耳かきを適度に勧める声が多く見られました。一方で、耳鼻咽喉科の先生はあまり勧めない傾向にあり、米国のガイドラインでは耳かきについて警告を発している現状でもあるようです。耳かきを全くしないと、耳垢が詰まることがあり、耳が聞こえにくくなったら耳鼻咽喉科受診をしましょう。
お肌・美容の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

普段耳かきはどうしていますか?

子供の頃は、親に耳掃除をしてもらった記憶があり、いまは気づいた時に綿棒で掃除をしている私ですが、どうも耳掃除をしていない人もいると聞きました。

医師は、耳かきについてどう考えているのでしょうか?
医師4197名にアンケート調査を行いました!

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年5月5日から同年5月11日にかけて行われ、4197名から回答をいただきました。

「普段耳かきはどうすればよいのでしょうか?」という質問に対し、以下の選択肢から選んでもらいました。

1.耳かきは積極的にした方が良い
2.耳かきは適度にした方が良い
3.耳かきはしない方がよい
4.その他

それでは、結果を見ていきましょう。

図1

医師の8割弱は、「耳かきは適度にした方が良い」

  • 40代男性 耳鼻咽喉科
    回数よりもやり方が問題だと思います。もちろん血が出るほど強くかきすぎたり、鼓膜にあたるくらい(3cm以上奥)まで綿棒などを挿入するのは外耳道や鼓膜を損傷するため危険です。1日に何度も耳かきをするのも良くないです。耳かきのやり方としては、反対の手を後頭部から回し耳介を後上方に引っ張りながら耳側の手で綿棒を外耳道入口部にやさしく挿入し、痛みを生じない程度に動かすのが良いと思います。あと耳かきは人のいないところでじっとしてやるべきです。ときどき耳かき中に孫が抱き着いてきたり、歩き耳かきで肘を柱にぶつけたりして外傷性鼓膜穿孔や耳小骨離断、外リンパろうによって難聴になる方がいらっしゃいます。
  • 70代男性 一般内科
    ネパールの山村で診療したことがあります。難聴の訴えの子供が沢山受診しました。診ると外耳道は入孔部まで耳垢で詰まっています。耳垢水を持参していたので使用しました。耳鼻科の先生から、耳垢水でドロドロになったら吸引するとよいと教わっていましたがそんなに柔らかくはならず、溢れ出てしまいます。そこで摂子を使って引き抜くと、ワインボトルのコルク栓の如くスポンと出てきました。多くの子供達がそんな状態でした。耳はよく聞こえるようになりました。耳垢も溜まりすぎるとこんなになるんだなと実感しました。
  • 60代男性 耳鼻咽喉科
    耳垢がたまりすぎると良くないので、適度に。耳を傷つけないよう、やわらかい綿棒で。あまり奥に入れない。子供が近くにいないこと。奥の方で取りにくい人は耳鼻科受診を勧めてください。
  • 60代男性 呼吸器内科
    難聴や異音を訴えて、耳鼻科で耳垢閉塞の診断を受けたお年寄りを、私もこれまでに何人か経験しました。やはり適度にとったほうが良いと思います。しかし昔は床屋さんでも奥のほうまでやすりでゴリゴリやっていましたが、もう久しくやらなくなりましたね。
  • 40代男性 麻酔科
    耳垢のタイプによるのかも知れませんが、自分は綿棒派です。やりすぎれば綿棒でも傷は入るのかも知れませんが、入浴後に行うとか、綿棒自体を少し湿らせて行うとかすれば、そんなに問題にはならないのではないかと思います。
  • 30代男性 精神科
    自分のことですが、以前耳が詰まったような感じになり、耳鼻科受診したところ、耳垢が溜まりすぎていたことを指摘され、きちんと耳掃除をすることを勧められました。
  • 30代男性 緩和医療
    今までに『急に耳が聞こえなくなった』と訴えて耳鼻科に診てもらったひとのうち、3人は耳垢塞栓で除去してもらって一気に聴力改善したことから、耳掃除はすべきだと思います。
  • 60代男性 脳神経外科
    ご老人で、時に耳垢が外耳を閉塞し、それが難聴の原因になっている方を見ることがあります。外耳を傷付けないように適度の耳かきがいいんじゃないでしょうか?

多くのコメントからは、耳垢が溜まりすぎると大変になるので、適度に傷つけないように掃除することが大事そうです。

具体的には、上記コメントに詳しいやり方を示してくれた先生もいらっしゃるので、ぜひ一読ください。

小さい子供が自分でやると危険だったり、人が近くにいるところで耳掃除をしてしまうと接触した時に危ないというコメントもありました。事故には十分注意が必要そうです。

コメントのなかで驚いたのは、耳垢でも難聴の原因になるという事実です。お年寄りや発展途上国の子で見受けられるとのことでした。耳が聞こえにくくなったら、耳鼻咽喉科に受診して耳の中を確認してもらうことは大事そうです。

耳かきをしない方がよいと考える医師も

  • 30代男性 一般内科
    外耳道自体に自浄作用があるため、通常は必要ありません。耳垢栓塞や外耳炎のリスクもあるため、できる限り耳かきはしないほうがいいと思います。
  • 40代女性 産婦人科
    (耳垢は)自然排出と習ったので。先日聞こえが悪くなり、耳鼻科受信したところ、耳垢が鼓膜に触れていたといわれました。その前に自分で耳掃除して、耳垢が落ちた気はしていましたが、、、この経験からしても、しない方がよいのでしょう。
  • 30代男性 耳鼻咽喉科
    耳鼻科医で推奨される方はほとんどいないと思いますが・・・こどもの親へは、道具を使った耳かきではなく、指が届く範囲を軽くふき取る耳掃除くらいでよいと説明します。
  • 50代男性 耳鼻咽喉科
    本来は外耳道には自浄作用があるのでしない方が良い。たまりやすい人は時々いるがそういう人たちの耳垢は素人では取れない。

このように、耳垢は自然排出が期待でき、耳かきをすることで、傷つけたり、耳垢を押し込んでしまうことがあるという副作用もあって、耳かきは勧めない医師もいました。

そして、どうも米国では最近耳かきを警告した内容のガイドラインが出たようなのです。

米国では耳かきを禁止している!?

  • 40代男性 心療内科
    綿棒での耳かきは、米国で禁止してますよね。私は個人的には気持ちがよいので、綿棒で耳かきしてますが。入院患者さんにも看護師に希望したら適度にやってもいいよと指導しました。
  • 40代女性 腎臓内科・透析
    アメリカの耳鼻科学会が耳垢は鼓膜などを守るために出るものなので、耳が聞こえにくいとか何か症状がないかぎりは耳かきはしないようにと勧告を出したらしいですね。
  • 50代男性 その他
    アメリカ耳鼻咽喉科頭頸部外科学会のガイドラインでは、「大体の人の耳掃除は不要。必要な体質の人は正しい手入れに個人差があるため、医師に相談すること。」とされ、以下を禁じています。
    ・ 耳掃除のやり過ぎ
    ・ 綿棒のような細いものを耳に入れること
    参考URL:http://www.entnet.org/sites/default/files/uploads/PracticeManagement/Resources/_files/cobranded-cerumen_dos-donts.pdf

このように米国で耳かきは禁止しているというコメントがありましたが、一方で、以下のように「日本人と欧米人の体質が違うが、そのまま当てはめてよいのか?」という医師のコメントもありました。

  • 50代男性 一般内科
    最近、欧米では”外耳道にモノを入れるなんてもってのほか!”とガイドラインでも耳掃除は禁止されていると聞いたことはあります。しかし、多くが湿性耳垢である彼らの考え方が、乾性耳垢が多い日本人に当てはまるかどうか疑問です。やはり、”気を付けて適度にしましょう”でお茶を濁すしかないと思います。

さて、いろいろな意見を見てきましたが、なかでも専門である耳鼻咽喉科の医師は、どう考えているのでしょうか?

耳鼻咽喉科は耳かきを適度派と勧めない派に分かれる

図2

医師全体で見ると8割が耳かきをしたほうが良いと答えました。

それに対し、耳鼻咽喉科のみに絞ると耳かきを適度にした方が良い派と耳かきはしない方がよい派の真っ二つ分かれる結果になりました。

耳鼻咽喉科の医師のコメントだけを集めて見てみましょう。

  • 30代男性 耳鼻咽喉科
    耳鼻科医で推奨される方はほとんどいないと思いますが・・・こどもの親へは、道具を使った耳かきではなく、指が届く範囲を軽くふき取る耳掃除くらいでよいと説明します。
  • 40代男性 耳鼻咽喉科
    どの人もやりすぎです。「しない」を推奨してもみんなちょっとはやるので、そのくらいで十分です。
  • 50代男性 耳鼻咽喉科
    耳鼻咽喉科医です。あまりしないほうがよいです。アメリカの学会での報告もあります。
  • 20代男性 耳鼻咽喉科
    耳鼻科です。そっと数日ごとにするのが正解とされています。耳垢栓塞は環境と体質ですが。
  • 50代男性 耳鼻咽喉科
    子どもに対する耳掃除は、2-3週に1回くらいでいいと思います。
  • 30代男性 耳鼻咽喉科
    やりすぎないように指導しますが、綿棒では押し込むことが多いです。
  • 40代男性 耳鼻咽喉科
    僕自身も子供たちも全くしていませんが、問題ありません。

コメントからは、耳かきは全くしないという先生もいましたが、少しだけ耳かきをするという先生もいました。

結局共通することは、耳かきで傷つけたり、押し込んでしまうことは避けてくださいという内容だったように思います。

耳かきは、気になれば適度に。やらないのも1つの選択肢。

本調査からは、耳かきは適度に勧めるという声が多く見られました。

一方で、耳鼻咽喉科の先生は勧めない傾向にあり、米国のガイドラインでは耳かきについて警告を発している現状でもあるようです。

まとめると、耳かきは気になれば適度に、やらないのも1つのようです。

ただし耳かきを全くしないと、耳垢が詰まることがあり、耳が聞こえにくくなったら耳鼻咽喉科受診をしましょう。

また、耳かきをする場合は、傷つけたり、押し込んでしまうことを避けることが重要なようです。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事