妊娠中に頭痛薬は飲んでいいの?産婦人科170人にアンケート調査

妊娠中の頭痛
産婦人科医の6割以上が「条件付きで鎮痛剤を飲んでもよい」と回答し、「鎮痛剤を内服しても良い」を選んだ医師も含めると8割を超えました。ただし時期を選んだり、有害事象を把握した上で飲む必要もあり、自己判断せず産婦人科で相談しながら内服することが望ましいようです。妊娠中の頭痛予防には、休息をとる、ストレス・寝不足を避けるが上位の回答でしたが、心身に負担をかけないことが大事そうです。
妊娠・妊娠前
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

妊娠中に頭痛がしたら薬を飲んでもよいのでしょうか?

近所の内科に行ってみると「婦人科で相談して欲しい」と言われたり、病院を受診するにしてもどうすればよいのかわからないですよね。

薬を飲まないで済むのであればそれがいいと思いますし、そもそも頭痛の予防方法があるなら、ぜひ知りたいところです!

こうした妊娠中の頭痛について、普段妊婦さんたちを診療している産婦人科の先生達に聞いてみました!

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2017年7月4日〜7月10日にかけて行われ、産婦人科医179名から回答を頂きました。

まずは、率直に妊娠中の頭痛で痛み止めを飲んでいいのか聞きました。

図1

「条件付きで鎮痛剤を飲んでもよい」が最多の回答

  • 60代男性 産婦人科「薬を選ぶなど条件付きで飲んでもよい」
    妊娠初期はプロゲステロンが上昇しているため、頭痛が起こりやすいです。もともと若い女性には頭痛持ちが多いので、治療を要する妊婦さんは多いです。ロキソニン、ボルタレンなどの酸性鎮痛剤ではなくアセトアミノフェンを勧めています。
  • 60代男性 産婦人科「薬を選ぶなど条件付きで飲んでもよい」
    週数によります。おおよその鎮痛剤の処方は可能ですが、22週以降はNSAIDの投与は要注意です。インドメサシン座薬を投与し、胎児のボタロ管の閉鎖し胎内死亡が発生することは有名です。
  • 60代男性 産婦人科「薬を選ぶなど条件付きで飲んでもよい」
    歯科を含めて他科の医師から妊娠中の鎮痛剤についてよく尋ねられます。アセトアミノフェンは妊娠中もOKな薬剤なので推奨しています。
  • 40代女性 産婦人科「飲んでも良い」
    血流増加に伴う妊娠初期の頭痛は、後頭部を冷やすことで収まることがある事は伝えています。薬はアセトアミノフェンが使いやすいので使ってもらいます。
  • 50代男性 産婦人科「飲んでも良い」
    つわりの時期に、よく頭痛を訴える方がいます。アセトアミノフェンを頓服で処方しています。
  • 50代男性 産婦人科「飲んでも良い」
    いつもと違う頭痛時には、頭蓋内出血等のリスクがあり、必ず受診するように話しています。
  • 50代女性 産婦人科「飲んでも良い」
    飲まずに我慢して結局生活の質が悪化してメンタルで病んでしまう方もいらっしゃいますよね
  • 60代男性 産婦人科「なるべく飲まない方がよい」
    痛みのストレスは、原因を取らないといけないので、歯痛ならば早めに歯医者さんで、治療したほうが良いです。
  • 40代女性 産婦人科「なるべく飲まない方がよい」
    妊娠中の鎮痛剤は胎児への影響が知られています。かといって、ゼッタイ飲むな、とも言えません
  • 40代女性 産婦人科「なるべく飲まない方がよい」
    アセトアミノフェンを処方することはあるが時期を選び、後で判明する有害事象の可能性など十分説明している

医師の6割以上が「条件付きで鎮痛剤を飲んでもよい」と回答し、「鎮痛剤を内服しても良い」を選んだ医師も含めると8割を超えました。

アセトアミノフェンを中心とした妊婦さんにも安全性が高い鎮痛剤であれば内服できるというのが大半の意見です。

ただし、「鎮痛剤はなるべく飲まない方がよい」と回答した医師からは、時期を選んだり、有害事象を把握した上で内服するようコメントがあり、やはり自己判断せず産婦人科で相談しながら内服することが望ましいようです。

さて、そうはいっても薬は飲まないに越したことはないですよね。

妊娠中に頭痛が出ないような生活指導を産婦人科の医師はどのように行なっているのでしょうか?

こちらも聞いてみました!

図2

妊娠中の頭痛予防には、休息をとる、ストレス・寝不足を避ける

  • 60代男性 産婦人科「休息をとる」
    頭痛に限らず、悪阻や便秘も我慢したり、様子見る妊婦さんが多いです。心配のない薬を使って楽になった方がいいとお話します。
  • 60代男性 産婦人科「休息をとる」
    異常に緊張して頭痛が出ていた患者さんを実家に帰すと治ったことがあります。休息が一番でしょう。
  • 30代男性 産婦人科「休息をとる」
    悪阻や不安など複雑な原因が多いです。まずは十分休息がとれるよう指導します。
  • 50代男性 産婦人科「ストレスを避ける」
    仕事のストレスなど避けるように言いますが、実際には難しいことが多いようです。
  • 50代男性 産婦人科「その他」
    ストレッチで首残りをとったら、嘘のように軽快したこともありました。

妊娠中の頭痛予防には、休息をとる、ストレス・寝不足を避けるが上位の回答でした。

心身に負担をかけないことが、やはり予防になるということのようです。

また、「4〜8か月くらいが頭痛を訴える方が多い」というコメントも見られ、人によっては頭痛頻度が増える時期があるようです。

「頭痛の原因は人それぞれなのでその人にあった方法で対応してもらう」という医師のコメントもあったのですが、やはり一律に予防策があるわけではないようなので、いろいろ試してみてご自身にあった頭痛予防を習慣にするのが大事そうです。

妊娠中に頭痛薬を飲む際は、医師に相談しながら

本調査によると、産婦人科医の6割以上が「条件付きで鎮痛剤を飲んでもよい」と回答し、「鎮痛剤を内服しても良い」を選んだ医師も含めると8割を超えました。

アセトアミノフェンを中心とした妊婦さんにも安全性が高い鎮痛剤であれば内服できるというのが大半の意見でしたが、時期を選んだり、有害事象を把握した上で内服するようコメントもあり、やはり自己判断せず産婦人科で相談しながら内服することが望ましいようです。

妊娠中の頭痛予防には、休息をとる、ストレス・寝不足を避けるが上位の回答でしたが、心身に負担をかけないことが大事そうです。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事