妊娠線の予防はいつまでやればいいの?産婦人科140人に聞きました

妊娠 妊婦
妊娠線の予防を始める時期で多かった回答は、「妊娠初期」と「妊娠中期」でした。また、妊娠線の予防を続ける期間は、「出産後まで」が最も多い意見でした。妊娠線は「消えることはない」という意見が6割以上を占めましたが、消えると言えなくても薄くなることがあり、予防を頑張る価値はありそうです。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

妊娠線って知っていますか?
妊娠線は、妊娠の際に物理的に皮膚の繊維が伸びて亀裂が発生する状況を指します。

前回の記事では、妊娠線の原因と予防についてアンケート調査を行い、予防で勧められていたのは「クリーム」「体重管理」でした。

参考:妊娠線の原因と予防について産婦人科140人に聞きました

今回は、そこから更に一歩踏み込んで、妊娠線の予防はいつからいつまで続ければよいのか?を調査しました!

※ 本調査は医師専用コミュニティサイトMedPeer(https://medpeer.jp/)にて、2017年7月18日〜7月21日にかけて行われ、産婦人科医147名から回答を頂きました。

まずは、妊娠線の予防をいつからはじめるとよいか?を聞いてみました。

図3

妊娠線の予防は、初期〜中期からがオススメ

  • 40代男性 産婦人科 「妊娠初期」
    妊娠線ができ始めてからでは遅く、クリームをこまめに使用していた方にはできにくい印象があります。
  • 30代男性 産婦人科 「妊娠初期」
    お腹が大きくなり始めてからでも良さそうですが、早いに越したことはないと思います。
  • 40代女性 産婦人科 「妊娠初期」
    習慣化するためにも、もともと乾燥肌の方もいるので、早めから習慣づけてもらっています。
  • 50代女性 産婦人科 「妊娠中期」
    妊娠初期はむろん、中期にもあまりできなかった感じなので、中期から予防するのが良いのではと思います。
  • 60代男性 産婦人科 「妊娠中期」
    初期から塗るという効果が、まだ明確でないため、中期から予防でしようと言って勧めます。
  • 60代男性 産婦人科 「その他
    妊娠前から、体重のコントロールをする必要が有ります。体重のコントロールは、いざ妊娠したからといって簡単に行うことはできません。

妊娠線の予防をはじめる時期は、妊娠初期と妊娠中期が上位に挙げられました。

つまり妊娠線の予防をはじめるタイミングは、早い段階がよく、妊娠初期〜中期からがオススメのようです。
「習慣化が大事」「こまめに使用していた方はできにくい印象」というコメントも見られましたので、参考にしてもらえればと思います。

さて、その妊娠線の予防は、いつまで続けたらよいのでしょうか?

図4

妊娠線の予防は、出産後までやりましょう

  • 40代女性 産婦人科 「出産するまで」
    出産後もすぐに妊娠線が消えるわけではありません。1か月後の健診、子宮が元のサイズに戻る頃までは継続した方が良いと思います。
  • 30代女性 産婦人科 「出産するまで」
    腹囲は最後さほど変わらないので、出産直前はどっちでもいいと思いますが、一応やっておくにこしたことはないかと思います。
  • 50代男性 産婦人科 「出産するまで」
    皮膚の伸展性の限界を超えると急に悪くなるので、予防は最後までした方が良いと思います。
  • 50代女性 産婦人科 「出産するまで」
    分娩間近になって急に酷くなる人を時折見るので、分娩までは続けた方が良いでしょう。
  • 60代女性 産婦人科 「出産するまで」
    出産した後、普通のガードルがはけるようになるまでは続ける方が良い気がします。
  • 60代男性 産婦人科 「出産するまで」
    もちろん出産まで。できれば出産後の入院中もケアすればいいのではないかなと思います。

妊娠線の予防を続ける期間は、「出産後まで」が最も多い意見でした。
コメントをまとめると、最後の最後までやっておくにこしたことはないというのが総意だと思いました。

最後に、妊娠線ができたら消えることはあるのでしょうか?
こちらも聞いてみました。

図5

妊娠線は、なかなか消えないが薄くなることがある

  • 50代男性 産婦人科 「消えることはない」
    皮下組織の断裂なので、目立たなくなることはあっても消えることはないと思います。
  • 50代男性 産婦人科 「消えることはない」
    妊娠線は急激な結合組織の進展によるものであり、一旦瘢痕になったものは消失しないです。
  • 80代男性 産婦人科 「消えることはない」
    消えることはないですが、段々と薄くなり白っぽくなり、わかりにくくなります。
  • 50代男性 産婦人科 「消えることはない」
    断裂した線は消えないが、色は消えるので目立たなくはなると説明しています。
  • 60代男性 産婦人科 「消えることはある」
    年数が経過すれば徐々に薄くなっていきますので、心配されないようにお話します。
  • 40代女性 産婦人科 「消えることはある」
    消えたものは本当の妊娠線とは言わないのかもしれませんが。すぐに対処して残らなかったケースはあります。
  • 40代女性 産婦人科 「消えることはある」
    消えるというか、本当に目立たなくなることはあります。

妊娠線は「消えることはない」という意見が6割以上を占めました。
ただし消えると言えなくても薄くなることはあるようで、予防を頑張る価値はありそうです。

妊娠線は、なかなか消えないが出産後まで予防する価値あり!

本調査によれば、妊娠線の予防を始める時期で多かった回答は、「妊娠初期」と「妊娠中期」でした。

また、妊娠線の予防を続ける期間は、「出産後まで」が最も多い意見でした。

妊娠線は「消えることはない」という意見が6割以上を占めましたが、消えると言えなくても薄くなることがあり、予防を頑張る価値はありそうです。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事