イシコメ

産後は痩せやすい?運動に注意は必要?産婦人科医148名に聞いてみました

ウォーキング
本調査では、産後痩せやすい時期は「特になし」と回答した医師が最も多く、続いて「産後1~6ヶ月の間」を支持する回答が占める結果になりました。また、激しい運動による身体への影響は、「産褥痛や尿漏れを引き起こす恐れがある」といった懸念を指摘する医師もいれば、「個人差があるため一概には言えない」「適度な運動ならば推奨している」といった医師もおられました。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

産後の運動を考えているみなさん。

  • 産後に痩せやすい時期がある
  • 産後に激しい運動をすると身体に悪影響がある

という話を聞いたことはありますか?
痩せるためにはまず運動を…と思われるかもしれませんが、どうも「産後6ヶ月以内が最も痩せやすい時期」と巷で言われているようなのです。
運動を検討する前に、まず痩せやすいか痩せにくいのか気になりませんか?
そして、運動をするのであれば体に悪影響は出ないのでしょうか?
今回は産後の運動に関する2つの話題について、産婦人科医148名にアンケート調査を実施しました!

※ 産後の運動の開始時期や医師おすすめの運動方法については、産後の運動について産婦人科医148名に聞いてみましたをご参照ください。

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年8月10日から同年8月18日にかけて行われ、148名から回答をいただきました。

産後痩せやすい時期は「特にない」が最多

  • 60代 男性 産婦人科医 特になし
    個人差が大きいため一概には言えません。なかには、分娩のたびに20kgずつ増えて、100kg以上になった方もいらっしゃいます。
  • 50代 女性 産婦人科医 産後3ヶ月
    授乳している場合は、どんどん痩せていく方が多いです。逆に、授乳していないと痩せにくい傾向にあると思います。
  • 60代 男性 産婦人科医 産後3ヶ月
    産後だんだん体も戻ってきて、動けるようになる3ヶ月頃くらいが最も痩せやすいと思います。
  • 40代 女性 産婦人科医 産後1ヶ月
    母乳が出始める時期が一番痩せます。

本調査の結果、産後最も痩せやすい時期は「特にない」とする医師が最も多く、続いて産後3ヶ月が支持されていました。
コメントでは、産後に痩せるかどうかは個人差が大きい、と答える医師が一定数いたことから、産後最も痩せやすい時期は「特にない」という回答が集まったのかもしれません。
また、痩せやすいと答えた医師からは、「慣れない育児による寝不足や疲れで痩せる」「授乳期に痩せやすい」という意見が見られ、特に完全母乳の方だと痩せやすいようでした。

では、もし出産直後に激しい運動を開始した場合、母体に何かしらの悪影響はあるのでしょうか?
こちらも医師に聞いてみました!

運動による母体への影響の有無は「特になし」が多いが、影響があるという回答も

何らかの影響を指摘した医師の意見

  • 30代 女性 産婦人科医 骨盤が緩くなり、尿漏れ等を引き起こす
    骨盤が不安定な時期は気を付けた方がいいでしょう。
  • 80代 男性 産婦人科医 子宮の収縮で産褥痛が出る
    出産直後に激しい運動は勧めません。子宮脱を引き起こす可能性があるからです。
  • 40代 女性 産婦人科医 子宮の収縮で産褥痛が出る
    完全に子宮復古していないため、後陣痛のような痛みがでることがあります。
  • 60代 男性 産婦人科医 骨盤が緩くなり、尿漏れ等を引き起こす
    恥骨痛や骨盤底筋の戻りに悪影響しそうです。

このように出産直後の激しい運動は、尿漏れや産褥痛、子宮脱といった悪影響を引き起こす可能性があるといった医師の見解が伺えました。
一方で、「特に悪影響はない」と答える医師も多くいました。

影響は特にないと答えた医師の意見

  • 40代 男性 産婦人科医 特になし
    個人差が大きいため、特に影響はないように思います。
  • 40代 男性 産婦人科医 特になし
    適度な運動であるならば、むしろ推奨しています。
  • 50代 男性 産婦人科医 特になし
    出産直後は育児で寝不足の方も多いので、運動できる方は少ないのではないかと思います。

このように、過度な運動による子宮脱や骨盤のゆるみなどを指摘する医師はいましたが、特に影響はないと考える医師が多数という結果になりました。

産後に痩せるかは個人差あり!産後の運動は医師と相談を

本調査では、産後最も痩せる時期は「特になし」と回答した医師が最も多く、続いて「産後1~6ヶ月の間」を支持する回答が占める結果になりました。
また、激しい運動による身体への影響に関しては、「産褥痛や尿漏れを引き起こす恐れがある」といった懸念を指摘する医師もいれば、「個人差があるため一概には言えない」「適度な運動ならば推奨している」といった医師もおられました。
産後の運動を考えている方は、産婦人科の主治医の指導の下、実施するようにしましょう。

ツイート
この記事の著者

関連する記事