繰り返しやすいって本当!?子宮外妊娠の治療について産婦人科医150名に聞きました

外科手術
子宮外妊娠の部位は、卵管がほとんどという結果になりました。治療は、「卵管切除術」を選んだ医師が最も多いという結果でしたが、卵管を残したとしてもその後反復して子宮外妊娠を起こしてしまうことが理由のようです。
妊娠・出産・不妊の悩み
イシコメ運営事務局 イシコメ運営事務局

子宮外妊娠とは、最近では「異所性妊娠」とも呼ばれ、頻度は少ないものの発症してしまうと妊娠を継続することが困難な病気です。

<参考>
異所性妊娠は受精卵が子宮腔以外の部位に着床することによって起こり,全妊娠の 1-2%の頻度で発生するとされる.

引用:異所性妊娠 | 社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部 済生会長崎病院

その名の通り子宮の外で妊娠してしまう病気ですが、子宮の外のどの部位に着床してしまうのでしょうか?
また、子宮外妊娠の治療とは、いったいどんなものになるのでしょうか?
今回は、子宮外妊娠の部位と治療について産婦人科医にアンケート調査を行いました!

※ 本調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer(https://medpeer.jp/)」にて2017年8月7日から同年8月10日にかけて行われ、産婦人科医157名から回答をいただきました。

はじめに子宮外妊娠は、名前の通り「子宮の外に妊娠してしまう病気」ですが、どこに着床してしまうのでしょうか?

子宮外妊娠の部位は、卵管がほとんど

図1
  • 40代女性 産婦人科 卵管妊娠
    卵管が多いです。近年では、頸管妊娠、帝王切開瘢痕部妊娠も多くなってきました
  • 30代女性 産婦人科 卵管妊娠
    卵管が多いですけど、他の場所も見逃さないようにすることが大事です。
  • 80代男性 産婦人科 卵管妊娠
    卵管妊娠が最も多く、下腹部痛を訴え、破裂タイプは劇症を訴えます。
  • 60代男性 産婦人科 卵管妊娠
    腹腔妊娠や頸管妊娠は1-2例しか経験したことがありません。
  • 50代男性 産婦人科 卵管妊娠
    ほとんどが卵管妊娠、卵巣妊娠1例、間質部妊娠2例です。

子宮外妊娠の部位は、卵管がほとんどという結果になりました。
「腹腔妊娠や頸管妊娠は1-2例しか経験したことがありません」や「ほとんどが卵管妊娠、卵巣妊娠1例、間質部妊娠2例です」という医師のコメントにもあるように十中八九が卵管妊娠となるようです。

このように卵管に着床してしまう子宮外妊娠ですが、どんな治療が行われるのでしょうか?

子宮外妊娠の治療は、卵管切除術が多い

図4
  • 60代男性 産婦人科 卵管切除術
    よほど初期で安全に胎嚢が除去できる時以外は、卵管切除します。そうしないと次回子宮外妊娠のフォーカスとなると思いますので。
  • 40代男性 産婦人科 卵管切除術
    卵管温存もかつてはしていたが、再子宮外妊娠が多いので、今はほとんど卵管切除です。
  • 40代男性 産婦人科 卵管切除術
    卵管温存はクラミジア既往が疑われず、癒着等もない例に限っています。腹腔鏡所見で判断すると説明しています。
  • 60代男性 産婦人科 卵管切除術
    卵管が残っていると卵管妊娠を繰り返すので、切除がよいです。両側切除になったら体外受精でも妊娠できるので。
  • 60代男性 産婦人科 卵管切除術
    場所により異なりますが、症例数としては、手術が多かったです。
  • 40代男性 産婦人科 卵管温存術
    反復外妊は多いと思います。このため、最近は卵管温存をしないほうがよいと思っています。
  • 40代男性 産婦人科 卵管温存術
    妊孕性を維持したい年齢が多いので、温存することがほとんどです。

子宮外妊娠の治療は、「卵管切除術」を選んだ医師が最も多いという結果になりました。
アンケートでは卵管をとらずに済む「卵管温存術」を選んだ医師もいましたが、多くの医師は卵管を残してもその後も反復して子宮外妊娠を起こしてしまうことを理由に卵管を切除するという意見でした。
両側切除になったとしても体外受精で妊娠できるという医師のコメントもあり、最近では必ずしも「卵管切除=妊娠ができなくなる」というわけではないようです。
しかし、手術にも様々なリスクやメリット・デメリットがあるため、最終的にどうするか主治医と相談して決めるのがよさそうです。
手術になったとしても、できるだけ傷が小さく、退院が早い方法がいいですよね。

盲腸や胆のうを取る手術では腹腔鏡手術と言って、お腹に小さな穴を開けてカメラ越しに手術をする方法がありますが、子宮外妊娠に腹腔鏡手術は行われるのでしょうか?
こちらも聞いてみました。

子宮外妊娠の治療では、腹腔鏡手術が増えている

図5
  • 60代男性 産婦人科 増えている
    そこそこの出血があってもバイタルサインは悪くないケースもあるので、慣れた医師はラパロ(腹腔鏡手術)で十分だと思います。
  • 50代男性 産婦人科 増えている
    いちばん頻度の高い卵管膨大部への妊娠の最終確認と、その部位の切除とを兼ねてすることが増えています。
  • 40代男性 産婦人科 増えている
    もともと、ほぼ全て腹腔鏡でしていたので、自分の中では増えていないのですが、一般的には増えていると思います。
  • 50代男性 産婦人科 増えている
    未破裂であったり、全身状態が良い場合は基本的に腹腔鏡下手術が選択されることが多いと思います。
  • 50代女性 産婦人科 増えている
    当院では腹腔鏡手術ができないため、(子宮外妊娠が)怪しい患者は他院に紹介することになっています。

子宮外妊娠の治療として、「腹腔鏡手術は増えている」と回答した医師が最も多いという結果になりました。
状態が安定している場合は、特に腹腔鏡下手術を選択しやすいようです。
ただし、施設の体制・設備が十分でなかったり、出血が多い症例だったりしたときは腹腔鏡が難しい場合もあるようです。

子宮外妊娠の治療は、主に卵管に対する手術

本調査によれば、子宮外妊娠の部位は、卵管がほとんどという結果になりました。
治療は、「卵管切除術」を選んだ医師が最も多いという結果でしたが、卵管を残したとしてもその後反復して子宮外妊娠を起こしてしまうことが理由のようです。
また、最近は腹腔鏡手術が増えているという回答に票が集まりましたが、施設の体制・設備が十分でなかったり、出血が多い症例だったりしたときは腹腔鏡が難しい場合もあるようです。

医師のコメント

ツイート
この記事の著者

関連する記事