どのような症状で
お困りですか?
  • 今年インフルエンザの予防接種を例年以上に推奨されているので…

    今年インフルエンザの予防接種を例年以上に推奨されているのです。今まで20年以上インフルエンザの予防接種は受けておらず、実際インフルエンザになっていないのですが、やはり打った方がいいのでしょうか。意図的に抗体を入れることで、逆にインフルエンザにかかりやすくなったりしないですか?
    1歳9ヶ月と7歳の子供に対しても打つべきか悩んでいます

    2020.11.11 10:41
医師からの回答

こんにちは。ご相談ありがとうございます。

インフルエンザ予防接種で逆にインフルエンザにかかりやすくなると言う事はないです。インフルエンザ予防接種は、インフルエンザにかかった場合重症化するのを防ぐための予防接種になります。

小さなお子様は特に集団生活をなさっている場合は接種をされておいた方が良いでしょう。1歳9ヶ月のお子様は保育園などにいかれていなければ周りのご家族が予防接種を行い家庭内にインフルエンザウィルスを持ち込まないようにするということも大切になります。

また何かあればご質問ください。

ご相談ありがとうございます。
インフルエンザの予防接種についてご心配されているようですね。
これまでインフルエンザに罹患したことがないということでしたら、無理に接種する必要はないと考えます。
インフルエンザの予防接種をしたことにより、インフルエンザに罹患しやすくなるということはありません。
お子様の接種については、高齢者との接触があるなど、必要性があるようでしたらご検討ください。
ご参考になれば幸いです。

ご相談ありがとうございました。インフルエンザ予防ワクチンを接種することでインフルエンザにかかりやすくなることはなく、肺炎などの重症化のリスクも軽減することが臨床研究からわかっています。また乳幼児の接種についてはインフルエンザワクチンの予防接種が受けられるのは、通常6ヶ月以降からとされています。ただし、乳幼児はワクチンの効果が大人より弱くなりますので乳幼児のお子様だけが予防接種をするのではなく、一緒に住む家族も予防接種をして乳幼児に感染させないようにすることが大切です。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

平山 哲之医師 神経内科・総合診療

ご相談有難うございます。まずワクチンはうつべきかは悩ましい問題ですが、厚労省の勧めでは、生後6か月~小学校2年生はうつことが推奨されていますので、うつことをお勧めします。御自身は年齢から考えてどうしてもうつ必要があるわけではないと思います。妊娠予定がある場合はうつことをおすすめします。
なおコロナの対策で十分インフルエンザの対策になります。またインフルエンザワクチンは抗体をいれるという作用機序ではないですし、それでなりやすくなるということはないです。
お大事になさってください。

インフルエンザの症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談