どのような症状で
お困りですか?
  • 甲状腺機能低下症(橋本病)を患っています。チラーヂン25μ…

    甲状腺機能低下症(橋本病)を患っています。
    チラーヂン25μを1日1回朝食後に服用しております。
    定期的に検査は行っており数値は今の所正常です。
    妊娠希望ですが甲状腺疾患を患っていても妊娠可能でしょうか。
    ご意見よろしくお願い致します。

    2020.11.18 13:07
医師からの回答

こんにちは。ご相談ありがとうございます。

甲状腺機能低下症でも妊娠は可能ですが、妊娠しにくいなど色々と課題もありますので甲状腺の治療を継続しながらの妊娠になると思います。

甲状腺の主治医や産婦人科医とご相談されながら治療を継続されると良いと思います。

また何かあればご質問ください。どうぞお大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。
甲状腺機能低下症(橋本病)の治療中の妊娠についてご心配されているようですね。
橋本病であっても正しく管理することにより、健康な女性とかわりなく、妊娠、出産ができます。
ただ、流産、早産がわずかに多いとされています。
また、妊娠初期に甲状腺機能低下症の状態にあると、子どもの発達に影響する可能性があります。
主治医の先生とご相談されながら経過を見ていくとよいと考えます。
ご参考になれば幸いです。お大事になさってください。

ご相談ありがとうございました。女性では橋本病の頻度は比較的高く、不妊治療や妊娠を機に初めて診断されることが多くなっていますので珍しいことではありません。チラージン自体は妊娠に影響はありませんが妊娠が分かったら早期に受診して甲状腺機能の再確認を受けてください。妊娠すると甲状腺ホルモンの必要量は30%程度増加するので、妊娠前から甲状腺ホルモン剤を服用している場合も服用量が適切かどうかの確認が必要になります。

ご相談していただきありがとうございます。

甲状腺機能低下症に罹患していても妊娠が可能か心配されているのですね。

甲状腺機能低下症に罹患している方の場合、一般の方に比べて妊娠しにくい、流産や早産しやすい、といったリスクが高くなりますが、妊娠は可能です。

しかしながら、妊娠中は甲状腺ホルモンのバランスが変動しやすくなるため、慎重に調整を行っていく必要があります。

挙児を希望される際は、内分泌内科の主治医に相談され、妊娠期間中だけでも、産科婦人科と内分泌内科の連携がとりやすい総合病院でフォローしてもらうのが望ましいと考えます。

甲状腺機能低下症の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談