どのような症状で
お困りですか?
  • 先月下旬から腰痛(左のお尻から足先までの痺れや激痛)となり…

    先月下旬から腰痛(左のお尻から足先までの痺れや激痛)となり、引越し前と引越し後にふたつの整形外科に掛かりました。坐骨神経痛と言われお薬を処方(下記)して貰いましたが効果が切れると元の状態となり良くなるのか不安です。二件目のお医者様は全治まで3ヶ月と言われましたが、高齢の方で治療の部位を間違われる事もあって、このまま通院して良いものか考えております。通院時の治療内容は腰の牽引です。ネットで調べると検査が必要との記載を見ますが、どこで(何科)で検査して貰えば良いのでしょうか?よろしくお願い致します。
    処方の薬
    ・セレコックス100(ロキソニンが効かないので)
    ・レバミピド
    ・メコバラミン
    ・ドリアゾラム

    2020.11.22 17:46
医師からの回答

こんにちは。
御相談ありがとうございます。

やはり受診先は整形外科になると思います。
詳しい検査はMRI検査になりますのでそのような検査のできる総合病院の整形外科がいいかもしれません。

症状からは腰椎椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛などかもしれません。

また何かございましたらご相談ください。お大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める

腰椎という腰骨やそのところから出てくる神経に何らか異常が出ているのだと思います。
確実なのは、その部位のMRI検査を行うことです。
これを行うことでどこの部位が悪いのか詳細にわかりますし、手術の必要性があるのか、手術はしなくてよいか、が的確に分かります
総合病院の整形外科医で診てもらうと良いでしょう
どうぞお大事になさってください。少しでも参考になれば、幸いでございます。
またお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
ご質問をありがとうございました。

ご相談ありがとうございます。こんばんは。
腰痛と足のしびれでご心配ですね。坐骨神経痛の診断治療中ですが、なかなか良くならず、通院を思案されるのもよく分かります。ベテランの医師に、診て頂いているようですが、不安があるなら、一度は大きな病院でMRI検査も含めて、詳しく診て頂いても問題はないと思います。受診先は、お近くの整形外科がある総合病院などへの受診で良いだろうと思います。最近は、治療薬が進歩して、以前ほど腰の手術などは行いませんが、治療の方向性があっているのかを、他院でセカンドオピニオンとして求めることは、決して悪いことではないと思います。良く診てもらってくださいね。
お大事にどうぞ。早く良くなりますように。

アドバイス : 受診を勧める

御相談ありがとうございます。症状が続くと御心配かと思います。
左のお尻から足先までの痺れや激痛があるとのことですが、症状からは坐骨神経痛に加え神経の圧迫症状(腰椎のヘルニアなど)も考えうる症状かと思います。
実際の診断には診察や検査が必要ですが、今の状況からは総合病院の整形外科などで腰などのMRIの検査を受けるのがよいかなという印象です。
お大事になさってください。この度はご質問ありがとうございました。何かありましたらいつでもお気軽にご質問ください。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
お話しの症状からは腰椎椎間板ヘルニアか腰部脊柱管狭窄症でしょう。
整形外科で腰椎MRI検査が必要ですが、大きな病院でないとMRI設備がないと思います。
総合病院の整形外科を受診することをお勧めします。
正確な診断と治療が早い改善につながります。
近くで評判の良い病院を探してみてください。

アドバイス : 受診を勧める

質問、有難うございます。
内容を拝見しました。
症状を拝見すると、坐骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症を疑います。
処方内容についても、矛盾は無いと思います。

残念ながら、そう考えると、「投薬での全治〇ヶ月」といった話にはならず、場合によっては手術が必要なレベルに思います。
丁寧に腰部MRI検査を行い、的確に診断する必要ありと思います。
総合病院などの「大きめの病院」の整形外科への受診(あるいは紹介)をお勧めします。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談してください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございました。腰痛や下肢のしびれ症状が出現されているのですね。実際に診察検査をしてみないと判断できませんが坐骨神経症状や腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などが鑑別にあがります。症状が慢性期とするとけん引治療も問題ないと思われます(そのほか温熱療法やストレッチやマッサージなどの理学療法など)。症状が続く場合はまずは整形外科でMRIで脊髄損傷の有無などの評価を受けられることをお勧めします。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
坐骨神経痛の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談