どのような症状で
お困りですか?
  • 30代 男性

    森村光貴先生、その他の先生方、回答ありがとうございます。歯…

    森村光貴先生、その他の先生方、回答ありがとうございます。

    歯茎の腫れによる不快感はなくなりました。発熱も、現時点ではぶり返す様子はありません。

    解熱してから、腸の動きが悪くなってしまったようで、排便が滞っているような状況になりました。

    今朝は、割と食欲がありましたが、その後、しばらく腹部膨満感、過度なゲップ、胸やけがしました。午後になると症状がひいたような気がしたのですが、食パン1枚を食べただけでまた症状が出てしまいました。

    発熱前の11月7日頃から、12日頃まで、胃の不調があり、12日の夕方と13日の朝に下痢の症状がありました。

    その後、15日の夜まで便秘ぎみになり、16日の朝に再度やや軟便ぎみの排便があり、その後、不快感は落ち着きました。

    18日の夕方頃からまた、胃の不調を感じ、20日頃から、1日の排便の回数が多くなり、特に23日は、下痢ぎみ2回を含む、5回の排便でした。その日の夜に突然発熱をし、今日に至ります。

    前回の便秘の後、排便が再開し、不調が軽減されたのですが、発熱の症状が落ち着いた後、しばらく消化器官の動きが停滞する事はありますか。

    2020.11.24 17:14
医師からの回答

こんにちは。御相談ありがとうございます。

下痢など腸炎を発症した後しばらく腸内細菌叢が乱れてしまうため下痢から今度は便秘になることも多いです。しばらく整腸剤を服用されるといいと思います。

また腹部膨満感、過度なゲップ、胸やけなどは胃炎、逆流性食道炎や機能性ディスペプシア、などの消化器疾患の可能性もありそうです。

症状が続く場合は消化器内科での診察を受けるといいと思います。

また何かございましたらご相談ください。お大事になさってください。

ご質問ありがとうございます。御記載の内容を拝見させて頂きました。
便通は腸の動きによって変化しますが、発熱などの全身状態・ストレスなどの精神状態・腸内細菌など様々な要素で変化します。
発熱などの負荷や熱がありあまり動かなくなっていることから腸が動きにくくなり便秘をすることはあり得るかと思います。
また、過敏性腸症候群などの可能性も否定は出来ない状態かなという印象です。
様子を見ていて改善傾向があるのであれば様子を見ていてよさそうに思いますが、続くのであれば消化器内科を受診するというのがよさそうに思います。
お大事になさってください。この度はご質問ありがとうございました。何かありましたらいつでもお気軽にご質問ください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
風邪などで発熱して、何らかの薬剤を使用してもしなくても胃腸の調子がおかしくなることはよくあります。
元々過敏性腸症候群気味の患者さんや、繊細な患者さんではなおさらでしょう。
今は回復過程と考えて、下痢がひどければビオフェルミンなどの整腸剤、便秘なら適宜便を軟らかくするお薬をお勧めしていますが、便秘しやすい場合のビオフェルミンの使用は慎重にしてください。
過敏性腸症候群の治療の上手な消化器内科の受診をお勧めします。
お大事になさってくださいね。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
発熱の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談